2019年01月20日(日)  /  本日の予報  曇のち晴  /  最高  11℃   最低  2℃  /  日の出  06:55   日の入  17:06
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年01月20日(日)  /  本日の予報  曇のち晴  /  最高  11℃   最低  2℃  /  日の出  06:55   日の入  17:06

田原で江崎巡査夫妻の追悼慰霊祭

江崎巡査の殉職地で手を合わせる開田署長ら=田原市加治町で
江崎巡査の殉職地で手を合わせる開田署長ら=田原市加治町で

 自らの身を犠牲にして村人の命を守った江崎邦助巡査(享年25歳)と妻・じう(同19)夫妻を偲ぶ132回忌の追悼慰霊が命日の23日、田原市内の殉職地と墓地で営まれ、田原署幹部らが参列、手を合わせた。
 江崎巡査は1886(明治19)年、疫病・コレラが大流行する中、豊橋警察田原分署(現田原署)に着任。渥美半島一帯の巡察を担当している時、掘切村(掘切町)でも感染者が確認された。当時の警察官は保健衛生も職務とされていたため、防疫任務として村での消毒を試みようとしたが「コレラと分かれば毒殺される」との噂が飛び交うなどして、村人から激しい抵抗を受けた。
 説得を続け、ようやく村人は消毒に応じたが、巡査自らがコレラに感染。同年6月23日、じうに看病されながら亡くなった。3日後には、じうもコレラにより生涯を終えた。
 加治町内の殉職地ではこの日、署幹部らをはじめ、地域的つながりのある伊良湖地区連絡協議会委員ら約20人が石碑に手を合わせた。
 署を代表し、開田裕二署長は「江崎巡査に負けないよう頑張っていきたい」などとあいさつ。参列者の長尾美久さん(69)は「若い人にも伝えていけるようにしたい」と話した。
(千葉敬也)

 自らの身を犠牲にして村人の命を守った江崎邦助巡査(享年25歳)と妻・じう(同19)夫妻を偲ぶ132回忌の追悼慰霊が命日の23日、田原市内の殉職地と墓地で営まれ、田原署幹部らが参列、手を合わせた。
 江崎巡査は1886(明治19)年、疫病・コレラが大流行する中、豊橋警察田原分署(現田原署)に着任。渥美半島一帯の巡察を担当している時、掘切村(掘切町)でも感染者が確認された。当時の警察官は保健衛生も職務とされていたため、防疫任務として村での消毒を試みようとしたが「コレラと分かれば毒殺される」との噂が飛び交うなどして、村人から激しい抵抗を受けた。
 説得を続け、ようやく村人は消毒に応じたが、巡査自らがコレラに感染。同年6月23日、じうに看病されながら亡くなった。3日後には、じうもコレラにより生涯を終えた。
 加治町内の殉職地ではこの日、署幹部らをはじめ、地域的つながりのある伊良湖地区連絡協議会委員ら約20人が石碑に手を合わせた。
 署を代表し、開田裕二署長は「江崎巡査に負けないよう頑張っていきたい」などとあいさつ。参列者の長尾美久さん(69)は「若い人にも伝えていけるようにしたい」と話した。
(千葉敬也)

江崎巡査の殉職地で手を合わせる開田署長ら=田原市加治町で
江崎巡査の殉職地で手を合わせる開田署長ら=田原市加治町で

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR