2020年02月17日(月)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  13℃   最低  6℃  /  日の出  06:34   日の入  17:34
文字の大きさ
バナー広告募集中
2020年02月17日(月)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  13℃   最低  6℃  /  日の出  06:34   日の入  17:34

高校野球愛知大会 豊川工×享栄

カテゴリー:スポーツ / 特集

9回表のピンチを無失点に抑え、捕手・松井康と喜び合う豊川工の佐々木㊧=岡崎市民球場で
9回表のピンチを無失点に抑え、捕手・松井康と喜び合う豊川工の佐々木㊧=岡崎市民球場で

 公立の星・豊川工が、甲子園出場歴もあり、中京大中京、東邦、愛工大名電と並び「私学4強」に数えられる享栄をあと一歩まで追い詰めた。
 初回、井上の適時打で先制。中盤に逆転されたが4、7、8回と得点圏に走者を進め、好機をつくった。最後までどちらに転ぶか分からない接戦を演出したのが、背番号1・佐々木だった。
 成章OBのヤクルト小川泰弘投手を思わせる、左足を大きく上げる独特な投球フォーム。この日は自己最速を更新する139㌔の速球を主体に、スライダー、フォークも織り交ぜて強力打線から5三振を奪った。
 昨夏は5回戦進出を果たすも、愛工大名電戦で大量失点。最後の夏は再び私学4強の前に涙をのんだが、2失点という堂々の投球を見せた。「去年の名電戦は弱気になって打たれたけど、きょうはストレートで強気に勝負できた」。9回表2死二、三塁のピンチでは、3番・外山をフルカウントからこん身の速球で見逃し三振に仕留めた。
 工業高校で、ほとんどの生徒が卒業後は就職する中、佐々木だけが大学に進学して野球を続ける。2番手投手で、同じ新城市の自宅から毎日のように一緒に通学し、切磋琢磨してきた鈴木快(3年)からは「自分たちの分まで、さらに上を目指して頑張ってほしい」と期待された。
(由本裕貴)

 4回戦
享栄
000110000|2
100000000|1
豊川工
(享)早矢士-中村
(豊)佐々木-松井康
(岡崎市民球場)

 豊川工は初回、原田の中前打などで2死一、三塁とすると井上の中前打で先制。その後は3本の送り犠打を成功させるなど着実にチャンスをつくったが、あと1本が出なかった。享栄・早矢士の前に12三振ととらえきれなかった。

 公立の星・豊川工が、甲子園出場歴もあり、中京大中京、東邦、愛工大名電と並び「私学4強」に数えられる享栄をあと一歩まで追い詰めた。
 初回、井上の適時打で先制。中盤に逆転されたが4、7、8回と得点圏に走者を進め、好機をつくった。最後までどちらに転ぶか分からない接戦を演出したのが、背番号1・佐々木だった。
 成章OBのヤクルト小川泰弘投手を思わせる、左足を大きく上げる独特な投球フォーム。この日は自己最速を更新する139㌔の速球を主体に、スライダー、フォークも織り交ぜて強力打線から5三振を奪った。
 昨夏は5回戦進出を果たすも、愛工大名電戦で大量失点。最後の夏は再び私学4強の前に涙をのんだが、2失点という堂々の投球を見せた。「去年の名電戦は弱気になって打たれたけど、きょうはストレートで強気に勝負できた」。9回表2死二、三塁のピンチでは、3番・外山をフルカウントからこん身の速球で見逃し三振に仕留めた。
 工業高校で、ほとんどの生徒が卒業後は就職する中、佐々木だけが大学に進学して野球を続ける。2番手投手で、同じ新城市の自宅から毎日のように一緒に通学し、切磋琢磨してきた鈴木快(3年)からは「自分たちの分まで、さらに上を目指して頑張ってほしい」と期待された。
(由本裕貴)

 4回戦
享栄
000110000|2
100000000|1
豊川工
(享)早矢士-中村
(豊)佐々木-松井康
(岡崎市民球場)

 豊川工は初回、原田の中前打などで2死一、三塁とすると井上の中前打で先制。その後は3本の送り犠打を成功させるなど着実にチャンスをつくったが、あと1本が出なかった。享栄・早矢士の前に12三振ととらえきれなかった。

9回表のピンチを無失点に抑え、捕手・松井康と喜び合う豊川工の佐々木㊧=岡崎市民球場で
9回表のピンチを無失点に抑え、捕手・松井康と喜び合う豊川工の佐々木㊧=岡崎市民球場で

カテゴリー:スポーツ / 特集

 PR

PR