2017年11月18日(土)  /  本日の予報  雨後曇  /  最高  12℃   最低  8℃  /  日の出  06:27   日の入  16:43
文字の大きさ
共越
2017年11月18日(土)  /  本日の予報  雨後曇  /  最高  12℃   最低  8℃  /  日の出  06:27   日の入  16:43

田原の渥美交通に過去最年少の新人女性運転手

渥美交通の過去最年少新人女子タクシードライバーになった伽奈さん=田原市内で
渥美交通の過去最年少新人女子タクシードライバーになった伽奈さん=田原市内で

 田原市を中心に営業する「渥美交通」(本社営業所・同市浦町)に過去最年少の新人女子タクシードライバーが誕生した。鈴木雅社長の次女で、この夏入社した平成生まれの鈴木伽奈さん(23)=田原市。「地元密着の会社なので、利用してくださる地域の人やお客さんとの距離感を大切にしながら、渥美交通を選んでもらえるよう頑張りたい」と明るい笑顔を見せる。
 伽奈さんは高校卒業後、製菓を学ぶため名古屋市の専門学校に進学。有名チーズケーキ専門店で働き始め、名古屋駅地下の店舗では店長を任されたが、仕事がうまくいかない時期があった。
 そんな時、アルバイトの採用面接でさまざまな人と話したり、接したりするうちに「自分の知らない事や、経験したことのない話を聞くのが楽しかった。人と話をするのが楽しかった」と転職を考えるようになり、身近に感じていたタクシードライバーが思い浮かんだ。
 すぐに行動を起こし、名古屋市内の大手タクシー会社の就職説明会に参加するなどしたが、地元が恋しくなり、渥美交通へ。
 今年6月、教習所に通い詰め、タクシードライバーになるために必要な「二種免許」を一発合格で取得。道路運送法などの関係法令、旅客の安全確保、車両構造などの専門知識を学び、指導員同乗での訓練などを積んで、7月末に一人立ちした。鈴木社長は「多少、不安があったが、助手席に乗ってみて『これなら大丈夫』」と判断した。
 迎えたデビュー初日。「いきなり1人で出され、ずっと緊張しっぱなしだった」。現場に到着し、初めてのお客さんは高齢のおばあちゃん。行き先を伝えられ「頭が真っ白になった」が、おばあちゃんの優しさに助けられ、道を教わりながら出発。道中はタクシードライバーを志した経緯を聞かれるなど、会話が盛り上がった。無事に送り届けると「『頑張ってね』ってジュースを買ってもらって、泣きそうになりながら帰った。私の求めていたのはこれだ。すごく仕事が楽しいと思えた」。
 道を覚えることや利用客とルートの一致、観光案内などに必要な地域の歴史や名所に関することなど、一人前になるため、目下、勉強中の伽奈さん。「安全第一を守って、私だからできることを考えながら、タクシーを移動手段としてだけでなく、それ以外のところで喜んでもらえるような価値や、時間、空間をサービスしたい」と目標を掲げる。
 ドライバーの高齢化や人手不足を抱え、若者の新しい発想が求められているというタクシー業界。中でも女性ドライバーは接客サービスなどの点で貴重な人材という。
 鈴木社長は「安全運転とお客さんへの感謝を忘れず、将来はみんなの見本になるようなドライバーになってほしい」と愛娘を見守る。
(千葉敬也)

 田原市を中心に営業する「渥美交通」(本社営業所・同市浦町)に過去最年少の新人女子タクシードライバーが誕生した。鈴木雅社長の次女で、この夏入社した平成生まれの鈴木伽奈さん(23)=田原市。「地元密着の会社なので、利用してくださる地域の人やお客さんとの距離感を大切にしながら、渥美交通を選んでもらえるよう頑張りたい」と明るい笑顔を見せる。
 伽奈さんは高校卒業後、製菓を学ぶため名古屋市の専門学校に進学。有名チーズケーキ専門店で働き始め、名古屋駅地下の店舗では店長を任されたが、仕事がうまくいかない時期があった。
 そんな時、アルバイトの採用面接でさまざまな人と話したり、接したりするうちに「自分の知らない事や、経験したことのない話を聞くのが楽しかった。人と話をするのが楽しかった」と転職を考えるようになり、身近に感じていたタクシードライバーが思い浮かんだ。
 すぐに行動を起こし、名古屋市内の大手タクシー会社の就職説明会に参加するなどしたが、地元が恋しくなり、渥美交通へ。
 今年6月、教習所に通い詰め、タクシードライバーになるために必要な「二種免許」を一発合格で取得。道路運送法などの関係法令、旅客の安全確保、車両構造などの専門知識を学び、指導員同乗での訓練などを積んで、7月末に一人立ちした。鈴木社長は「多少、不安があったが、助手席に乗ってみて『これなら大丈夫』」と判断した。
 迎えたデビュー初日。「いきなり1人で出され、ずっと緊張しっぱなしだった」。現場に到着し、初めてのお客さんは高齢のおばあちゃん。行き先を伝えられ「頭が真っ白になった」が、おばあちゃんの優しさに助けられ、道を教わりながら出発。道中はタクシードライバーを志した経緯を聞かれるなど、会話が盛り上がった。無事に送り届けると「『頑張ってね』ってジュースを買ってもらって、泣きそうになりながら帰った。私の求めていたのはこれだ。すごく仕事が楽しいと思えた」。
 道を覚えることや利用客とルートの一致、観光案内などに必要な地域の歴史や名所に関することなど、一人前になるため、目下、勉強中の伽奈さん。「安全第一を守って、私だからできることを考えながら、タクシーを移動手段としてだけでなく、それ以外のところで喜んでもらえるような価値や、時間、空間をサービスしたい」と目標を掲げる。
 ドライバーの高齢化や人手不足を抱え、若者の新しい発想が求められているというタクシー業界。中でも女性ドライバーは接客サービスなどの点で貴重な人材という。
 鈴木社長は「安全運転とお客さんへの感謝を忘れず、将来はみんなの見本になるようなドライバーになってほしい」と愛娘を見守る。
(千葉敬也)

渥美交通の過去最年少新人女子タクシードライバーになった伽奈さん=田原市内で
渥美交通の過去最年少新人女子タクシードライバーになった伽奈さん=田原市内で

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR