文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較

「女神のほほえみ」大収穫祭

稲を刈り取るぐるめいど隊と子どもら=豊橋総合動植物公園で
稲を刈り取るぐるめいど隊と子どもら=豊橋総合動植物公園で

豊橋生まれの米が総合動植物公園で実る

 豊橋市などの農家がブランド化を目指している豊橋生まれの米「女神のほほえみ」が豊橋総合動植物公園のプランターで実り、9月30日、大収穫祭が行われた。東三河のご当地アイドル「穂の国娘。ぐるめいど隊」と来園者が稲を刈ったほか、新米で作ったおにぎりも配られた。
 「女神のほほえみ」は5年前に偶然発見した銀色の芒(のぎ)をきっかけに誕生した。刈り取り時期には、芒が黄金色に変ぼうする。大粒で程良い甘みがあり、炊飯後も劣化しにくく、おにぎりや弁当にもいい。
 豊橋のほか、豊川や田原、新城各市の農家計8人が栽培し、年々、生産量が増えている。
 今年は知名度をアップするため、市内外から訪れる同公園でプランター栽培にも取り組んでいた。
 収穫祭では、稲穂の先端に細長く伸びた芒が銀色に輝き、その後、金色へ変化した様子を写真で紹介。ぐるめいど隊はPRソングを歌って踊り、集まった子どもたちと一緒に頭を垂れた稲穂を刈り取った。
 数量限定で「女神のほほえみ」のおにぎり1個が配られ、参加した人たちが味わった。
 生産者の会は「銀色から金色への変化を見てもらえたと思う。炊きたてはもちろん、その後も劣化が遅いので冷めてもおいしいですよ」と話していた。
 同公園でも1日から、小袋入りの販売が始まった。
(中村晋也)

豊橋生まれの米が総合動植物公園で実る

 豊橋市などの農家がブランド化を目指している豊橋生まれの米「女神のほほえみ」が豊橋総合動植物公園のプランターで実り、9月30日、大収穫祭が行われた。東三河のご当地アイドル「穂の国娘。ぐるめいど隊」と来園者が稲を刈ったほか、新米で作ったおにぎりも配られた。
 「女神のほほえみ」は5年前に偶然発見した銀色の芒(のぎ)をきっかけに誕生した。刈り取り時期には、芒が黄金色に変ぼうする。大粒で程良い甘みがあり、炊飯後も劣化しにくく、おにぎりや弁当にもいい。
 豊橋のほか、豊川や田原、新城各市の農家計8人が栽培し、年々、生産量が増えている。
 今年は知名度をアップするため、市内外から訪れる同公園でプランター栽培にも取り組んでいた。
 収穫祭では、稲穂の先端に細長く伸びた芒が銀色に輝き、その後、金色へ変化した様子を写真で紹介。ぐるめいど隊はPRソングを歌って踊り、集まった子どもたちと一緒に頭を垂れた稲穂を刈り取った。
 数量限定で「女神のほほえみ」のおにぎり1個が配られ、参加した人たちが味わった。
 生産者の会は「銀色から金色への変化を見てもらえたと思う。炊きたてはもちろん、その後も劣化が遅いので冷めてもおいしいですよ」と話していた。
 同公園でも1日から、小袋入りの販売が始まった。
(中村晋也)

稲を刈り取るぐるめいど隊と子どもら=豊橋総合動植物公園で
稲を刈り取るぐるめいど隊と子どもら=豊橋総合動植物公園で

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR