2018年09月21日(金)  /  本日の予報  雨時々曇  /  最高  23℃   最低  19℃  /  日の出  05:37   日の入  17:49
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年09月21日(金)  /  本日の予報  雨時々曇  /  最高  23℃   最低  19℃  /  日の出  05:37   日の入  17:49

高校野球東愛知大会 豊橋中央-西尾東

カテゴリー:スポーツ / 特集

5回に右前打を放つ豊橋中央・杉田=岡崎市民球場で
5回に右前打を放つ豊橋中央・杉田=岡崎市民球場で
西尾東打線を相手に力投する豊橋中央・花井=岡崎市民球場で
西尾東打線を相手に力投する豊橋中央・花井=岡崎市民球場で

 昨夏4強の豊橋中央が、準々決勝で涙をのんだ。140㌔超の速球を繰り出す西尾東の磯村、山田の継投に苦戦。守っては内外野のミスが失点につながった。樋口靖晃監督(46)は「みんな最後に基本的なプレーが大事だということを思い知ったと思う」と振り返った。
 それでも、主将の一打がチームに勇気を与えた。4番ながら前の試合まで7打数1安打と苦しんでいた杉田光平外野手(3年)が、5回に詰まりながら右前へヒット。7回には2死一塁から左前打で好機を広げた。
 4回戦前日の豊橋市内での練習中、樋口監督がグラウンドから10分ほど歩いた店に買い物に出掛けると、夏の風に乗って杉田の大きな声が聞こえてきた。「一番練習してきた子。彼が打つと波に乗る」という言葉の通り、8回に1番の小澤空河中堅手(2年)が左中間を破る2点三塁打を放った。
 9回無死一塁で、二ゴロに倒れた杉田は「監督やコーチが2年半教えてくれたのに、最後も打てなかった」と涙した。それでも「やり切った。後輩たちは自分たちより技術がある。来年こそは甲子園に行ってほしい」と前を向いた。

心強き「小さな大投手」

 豊橋中央の「小さな大投手」は、高校最後のマウンドも堂々としていた。2回に1点を先制され、なおも2死一、二塁のピンチで花井直樹投手(3年)が2番手で登板。投げるたびに「うおりゃ!」と発する気迫で中飛に打ち取り、追加点を許さなかった。5回先頭の岩井に二塁打を浴び、3番手渡邉にバトンタッチしたが、降板後も笑顔と声で仲間を鼓舞した。
 身長157㌢と小柄で、眼鏡をかけた姿は文化部にいそうな風貌。マウンドに送られると、相手ベンチから苦笑いが聞こえてくることもあった。「見返してやろうという気持ちでやってきた。とにかく打者に向かっていく気持ちを大事にした」。ピンチでも楽しむかのように笑顔を絶やさず、大きく強いハートの持ち主は仲間の模範となる存在だった。
 卒業後は豊川市内の大手企業に就職し、野球を続ける。「充実した高校生活を送れた。このチームでやってこられて本当に良かった」と満面の笑みで涙を拭いた。
(由本裕貴)

 準々決勝
豊橋中央
000010020|3
01001230X|7
西尾東
(豊)大竹、花井、渡邉、三浦-小林
(西)磯村、山田-中村
【本】中村(西)

 昨夏4強の豊橋中央が、準々決勝で涙をのんだ。140㌔超の速球を繰り出す西尾東の磯村、山田の継投に苦戦。守っては内外野のミスが失点につながった。樋口靖晃監督(46)は「みんな最後に基本的なプレーが大事だということを思い知ったと思う」と振り返った。
 それでも、主将の一打がチームに勇気を与えた。4番ながら前の試合まで7打数1安打と苦しんでいた杉田光平外野手(3年)が、5回に詰まりながら右前へヒット。7回には2死一塁から左前打で好機を広げた。
 4回戦前日の豊橋市内での練習中、樋口監督がグラウンドから10分ほど歩いた店に買い物に出掛けると、夏の風に乗って杉田の大きな声が聞こえてきた。「一番練習してきた子。彼が打つと波に乗る」という言葉の通り、8回に1番の小澤空河中堅手(2年)が左中間を破る2点三塁打を放った。
 9回無死一塁で、二ゴロに倒れた杉田は「監督やコーチが2年半教えてくれたのに、最後も打てなかった」と涙した。それでも「やり切った。後輩たちは自分たちより技術がある。来年こそは甲子園に行ってほしい」と前を向いた。

心強き「小さな大投手」

 豊橋中央の「小さな大投手」は、高校最後のマウンドも堂々としていた。2回に1点を先制され、なおも2死一、二塁のピンチで花井直樹投手(3年)が2番手で登板。投げるたびに「うおりゃ!」と発する気迫で中飛に打ち取り、追加点を許さなかった。5回先頭の岩井に二塁打を浴び、3番手渡邉にバトンタッチしたが、降板後も笑顔と声で仲間を鼓舞した。
 身長157㌢と小柄で、眼鏡をかけた姿は文化部にいそうな風貌。マウンドに送られると、相手ベンチから苦笑いが聞こえてくることもあった。「見返してやろうという気持ちでやってきた。とにかく打者に向かっていく気持ちを大事にした」。ピンチでも楽しむかのように笑顔を絶やさず、大きく強いハートの持ち主は仲間の模範となる存在だった。
 卒業後は豊川市内の大手企業に就職し、野球を続ける。「充実した高校生活を送れた。このチームでやってこられて本当に良かった」と満面の笑みで涙を拭いた。
(由本裕貴)

 準々決勝
豊橋中央
000010020|3
01001230X|7
西尾東
(豊)大竹、花井、渡邉、三浦-小林
(西)磯村、山田-中村
【本】中村(西)

5回に右前打を放つ豊橋中央・杉田=岡崎市民球場で
5回に右前打を放つ豊橋中央・杉田=岡崎市民球場で
西尾東打線を相手に力投する豊橋中央・花井=岡崎市民球場で
西尾東打線を相手に力投する豊橋中央・花井=岡崎市民球場で

カテゴリー:スポーツ / 特集

 PR

PR