2018年11月15日(木)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  18℃   最低  8℃  /  日の出  06:24   日の入  16:45
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年11月15日(木)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  18℃   最低  8℃  /  日の出  06:24   日の入  16:45

高校野球東愛知大会は愛産大三河が制す

カテゴリー:スポーツ / 特集

甲子園への切符を手にした豊橋市出身の愛産大三河・松原=岡崎市民球場で
甲子園への切符を手にした豊橋市出身の愛産大三河・松原=岡崎市民球場で

 東三河勢24校をはじめ、西三河、知多地区の学校が参加した高校野球東愛知大会の決勝が27日、岡崎市民球場であり、愛産大三河(岡崎市)が3-1で西尾東(西尾市)を下し、22年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めた。豊橋市出身の主将兼エース松原絃介投手(3年)が好投で聖地への切符をつかんだ。
 松原はコーナーを突く制球力と冷静なマウンドさばきで、勢いある西尾東打線から1失点完投勝利を挙げた。2回、西尾東の小柴諒太(2年)に左線二塁打を浴びて1点を先制されたが、その後は要所を締めた。
 独特な落ち方をするスプリットも冴え、9回は不運の打球もあって走者を2人抱えたが、落ち着いて後続をピシャリ。最後の打者を空振り三振に仕留め、歓喜の瞬間を迎えた。
 打線は3回、上田希由翔(2年)の右前適時打で同点とすると、7回には鈴木球雅(3年)の左越え二塁打などで2点を勝ち越し、松原を援護した。
 松原は豊橋市立南部中学校の卒業。小学生のころは栄ドリームズでプレーし、チームメートで東邦高校から中日ドラゴンズに進んだ藤嶋健人投手(20)の背中を見て育った。「藤嶋さんは小学生じゃないほど体が大きくて、怪物みたいだった。それでも人一倍努力をしていて、努力が大切なんだと感じた」と日々、切磋琢磨してきた。
 松原ら三河ナインが挑む夏の甲子園大会は8月5日、阪神甲子園球場で開幕する。
(由本裕貴)

 東三河勢24校をはじめ、西三河、知多地区の学校が参加した高校野球東愛知大会の決勝が27日、岡崎市民球場であり、愛産大三河(岡崎市)が3-1で西尾東(西尾市)を下し、22年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めた。豊橋市出身の主将兼エース松原絃介投手(3年)が好投で聖地への切符をつかんだ。
 松原はコーナーを突く制球力と冷静なマウンドさばきで、勢いある西尾東打線から1失点完投勝利を挙げた。2回、西尾東の小柴諒太(2年)に左線二塁打を浴びて1点を先制されたが、その後は要所を締めた。
 独特な落ち方をするスプリットも冴え、9回は不運の打球もあって走者を2人抱えたが、落ち着いて後続をピシャリ。最後の打者を空振り三振に仕留め、歓喜の瞬間を迎えた。
 打線は3回、上田希由翔(2年)の右前適時打で同点とすると、7回には鈴木球雅(3年)の左越え二塁打などで2点を勝ち越し、松原を援護した。
 松原は豊橋市立南部中学校の卒業。小学生のころは栄ドリームズでプレーし、チームメートで東邦高校から中日ドラゴンズに進んだ藤嶋健人投手(20)の背中を見て育った。「藤嶋さんは小学生じゃないほど体が大きくて、怪物みたいだった。それでも人一倍努力をしていて、努力が大切なんだと感じた」と日々、切磋琢磨してきた。
 松原ら三河ナインが挑む夏の甲子園大会は8月5日、阪神甲子園球場で開幕する。
(由本裕貴)

甲子園への切符を手にした豊橋市出身の愛産大三河・松原=岡崎市民球場で
甲子園への切符を手にした豊橋市出身の愛産大三河・松原=岡崎市民球場で

カテゴリー:スポーツ / 特集

 PR

PR