2018年10月19日(金)  /  本日の予報  曇時々晴  /  最高  21℃   最低  14℃  /  日の出  05:59   日の入  17:11
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年10月19日(金)  /  本日の予報  曇時々晴  /  最高  21℃   最低  14℃  /  日の出  05:59   日の入  17:11

豊川工高と特別支援学校の陸上交流10年目

特別支援の生徒からバトンを受ける豊川工の近藤さん㊧=豊川市陸上競技場で
特別支援の生徒からバトンを受ける豊川工の近藤さん㊧=豊川市陸上競技場で

 長年交流を続ける県立豊川工業高校(佐藤泰嗣校長)と豊川特別支援学校(藤井毅校長)高等部の陸上競技部が9日、市陸上競技場で夏休み恒例の合同練習会で汗を流した。
 ちょうど10年目を迎える恒例の交流行事には、豊川工から21人、特別支援から14人が参加。グループごとに分かれ、豊川工の部員が普段実践している体操や、ハードルを使った体幹強化のためのウォーミングアップトレーニングを指導した。
 1周400㍍のトラックではグループ対抗リレーを実施。一人200㍍を走り、豊川工の生徒から特別支援へ、また特別支援の生徒から豊川工へとバトンが渡され、互いに声援を送り合った。
 毎年秋に豊川工が駅伝大会の県予選に出場する際、特別支援の生徒がメッセージ入りの応援旗を持って激励に駆け付けるなど、授業や清掃でも交流がある。豊川工の主将で、今月インターハイにも出場した近藤幸太郎さん(3年)は「みんな陸上を楽しんで、もっと好きになってほしい。応援してくれているので、期待に応えたい」と都大路出場を誓った。
 特別支援の陸上競技部も、9月15日に刈谷市で行われる障害児者のスポーツ大会「愛ぴっく体育大会」に出場する予定で、顧問の教員も「豊川工業さんが積極的にコミュニケーションを取ってくれて、いい機会になった」と感謝した。
(由本裕貴)

 長年交流を続ける県立豊川工業高校(佐藤泰嗣校長)と豊川特別支援学校(藤井毅校長)高等部の陸上競技部が9日、市陸上競技場で夏休み恒例の合同練習会で汗を流した。
 ちょうど10年目を迎える恒例の交流行事には、豊川工から21人、特別支援から14人が参加。グループごとに分かれ、豊川工の部員が普段実践している体操や、ハードルを使った体幹強化のためのウォーミングアップトレーニングを指導した。
 1周400㍍のトラックではグループ対抗リレーを実施。一人200㍍を走り、豊川工の生徒から特別支援へ、また特別支援の生徒から豊川工へとバトンが渡され、互いに声援を送り合った。
 毎年秋に豊川工が駅伝大会の県予選に出場する際、特別支援の生徒がメッセージ入りの応援旗を持って激励に駆け付けるなど、授業や清掃でも交流がある。豊川工の主将で、今月インターハイにも出場した近藤幸太郎さん(3年)は「みんな陸上を楽しんで、もっと好きになってほしい。応援してくれているので、期待に応えたい」と都大路出場を誓った。
 特別支援の陸上競技部も、9月15日に刈谷市で行われる障害児者のスポーツ大会「愛ぴっく体育大会」に出場する予定で、顧問の教員も「豊川工業さんが積極的にコミュニケーションを取ってくれて、いい機会になった」と感謝した。
(由本裕貴)

特別支援の生徒からバトンを受ける豊川工の近藤さん㊧=豊川市陸上競技場で
特別支援の生徒からバトンを受ける豊川工の近藤さん㊧=豊川市陸上競技場で

カテゴリー:地域・教育 / スポーツ

 PR

PR