2018年11月15日(木)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  18℃   最低  8℃  /  日の出  06:24   日の入  16:45
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年11月15日(木)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  18℃   最低  8℃  /  日の出  06:24   日の入  16:45

時習館高が125周年記念論考発行

創立125周年記念論考集「みずから考え 自ら成す」
創立125周年記念論考集「みずから考え 自ら成す」

 県立時習館高校の創立125周年記念論考集「みずから考え 自ら成す」が発行された。A4判、590㌻。OB、OGの計73人が自らの専門分野の論考、また様々な視点からの「青春」をめぐるエッセーなどを寄せている。同校が創立125年の歴史を刻み、各界に多彩な人材を送り出していることをズシリと重く伝える論考集だ。手の取れば、それが両手に伝わってくる。
 記念誌発行実行委員会(杉井孝委員長)編。
 杉井委員長は「発行によせて」で「卒業生には様々な職業分野の専門家や研究者がおられる現況を知っていただくとともに、現役の高校生にも知っていただき、今後の進路や生活に重要な参考情報として生かして」もらうために編集・発行したと思いを説明している。
 寄稿者は多士済々。時習館の前身である豊橋中学OBから平成に入った時代の卒業生まで。専門分野も経済、医学、法学、理学など様々。なかには英語での論考もある。
 3部構成。例えば弁護士の杉井委員長の論考は「共謀共同正犯についての一考察」。巻頭の伊丹敬之・国際大学学長は「成長への心理的エネルギーと神の隠す手」。目次のタイトルを読むだけでも単なる卒業生の寄せ書き集とは趣の違う冊子だ。
 書名は第10代校長の熊谷三郎校長が教育の理念とした「自ら考え、自ら成(な)す」からとった。装丁は濃緑の一色。これは「見よ濃緑の丘の上…」と歌う校歌から採用した。
 時習館高校は江戸期に三河国吉田藩の藩校「時習館」を前身として、明治期の県第4中学、大正期の豊橋中学などを経て昭和31年から現在に至っている。
 豊川堂発行。1200円+税。

 県立時習館高校の創立125周年記念論考集「みずから考え 自ら成す」が発行された。A4判、590㌻。OB、OGの計73人が自らの専門分野の論考、また様々な視点からの「青春」をめぐるエッセーなどを寄せている。同校が創立125年の歴史を刻み、各界に多彩な人材を送り出していることをズシリと重く伝える論考集だ。手の取れば、それが両手に伝わってくる。
 記念誌発行実行委員会(杉井孝委員長)編。
 杉井委員長は「発行によせて」で「卒業生には様々な職業分野の専門家や研究者がおられる現況を知っていただくとともに、現役の高校生にも知っていただき、今後の進路や生活に重要な参考情報として生かして」もらうために編集・発行したと思いを説明している。
 寄稿者は多士済々。時習館の前身である豊橋中学OBから平成に入った時代の卒業生まで。専門分野も経済、医学、法学、理学など様々。なかには英語での論考もある。
 3部構成。例えば弁護士の杉井委員長の論考は「共謀共同正犯についての一考察」。巻頭の伊丹敬之・国際大学学長は「成長への心理的エネルギーと神の隠す手」。目次のタイトルを読むだけでも単なる卒業生の寄せ書き集とは趣の違う冊子だ。
 書名は第10代校長の熊谷三郎校長が教育の理念とした「自ら考え、自ら成(な)す」からとった。装丁は濃緑の一色。これは「見よ濃緑の丘の上…」と歌う校歌から採用した。
 時習館高校は江戸期に三河国吉田藩の藩校「時習館」を前身として、明治期の県第4中学、大正期の豊橋中学などを経て昭和31年から現在に至っている。
 豊川堂発行。1200円+税。

創立125周年記念論考集「みずから考え 自ら成す」
創立125周年記念論考集「みずから考え 自ら成す」

カテゴリー:社会・経済 / 地域・教育

 PR

PR