2018年09月21日(金)  /  本日の予報  雨時々曇  /  最高  23℃   最低  19℃  /  日の出  05:37   日の入  17:49
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年09月21日(金)  /  本日の予報  雨時々曇  /  最高  23℃   最低  19℃  /  日の出  05:37   日の入  17:49

豊川や新城・奥浜名湖でスタンプラリー

いなりんを模したスタンプ集めで特典も満載な「とよかわ冒険スタンプラリー」
いなりんを模したスタンプ集めで特典も満載な「とよかわ冒険スタンプラリー」
スタンプラリーの台紙を持つプロジェクトメンバー
スタンプラリーの台紙を持つプロジェクトメンバー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションキャンペーンに合わせて、10月1日から12月28日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探検隊~」を初開催する。
 A4サイズ8㌻の用紙を手に「観光資源編」(無料)と「市内お店編」(有料)に挑戦。観光資源編では豊川稲荷や砥鹿神社といった観光資源24カ所を巡っていなりんがモデルのスタンプを集め、15個で限定缶バッジ、全24個でいなりん探検隊隊員証がもらえる。市内お店編では対象となる37店舗で買い物をしてスタンプを集め、20個を集めるとカラーメモ帳と隊員証がもらえる。
 いずれのコースも定められた個数をクリアすると、地元物産や食事券などが当たる「とよかわガラポン抽選会」に参加でき、最大で全6回挑戦できる。両コースの制覇者はホームページで紹介される他、抽選で10組20人に来年3月16日のいなりんピック観覧特等席券が贈られるなど、特典も満載だ。
 用紙はプリオ5階の観光協会や豊川稲荷門前の観光案内所、豊川駅や豊橋駅情報プラザなどに配置。全国から集客を図るため、県外でのキャンペーンでも配布する。問い合わせは観光協会(0533・89・2206)へ。
(由本裕貴)

 新城市と奥浜名湖(浜松市北区)の両地域を訪れた人たちに観光地や食の魅力をアピールするスタンプラリー「新城・奥浜名湖 虎虎ラリー」が1日に始まる。昨年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映中に行われたラリーの第2弾。12月27日までの期間に両地域の2カ所ずつ計4カ所を回遊してもらう。
 新城市観光協会と浜名湖北岸の奥浜名湖観光協会、両地域の商工会などで観光交流を連携していく「直虎・虎松タイガープロジェクト」が主催。ラリーを行ってプレゼントに応募する仕組みで、昨年はテレビ放映中の2月4日から10月31日までを期間に計596通の参加があった。今年も両地域の連携を図ろうと企画した。
 ラリーでは新城と奥浜名湖の両地域でそれぞれ「井伊家ゆかりの地」3カ所ずつ、「飲食店」6カ所ずつにスタンプを設置。両地域の「ゆかりの地」「飲食店」で1カ所ずつをめぐってスタンプを押して専用はがきを投函する。
 ゆかりの地は新城が鳳来寺本堂、宇利城跡(スタンプ設置場所・農園喫茶ひだまり)、柿本城跡(同・道の駅鳳来三河三石)、奥浜名湖が龍潭寺、方広寺、初山宝林寺となっている。
 賞品を用意しており、抽選で新城・奥浜名湖両地域の特産品セット(50000円分)10人▽同(1000円分)20人-が当たる。
 応募は専用の用紙に付いているハガキで行う。また新城市観光協会ホームページから印字後、封筒での投函も可能。
 問い合わせは新城市観光協会(0536・29・0829)へ。
(安藤聡)

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションキャンペーンに合わせて、10月1日から12月28日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探検隊~」を初開催する。
 A4サイズ8㌻の用紙を手に「観光資源編」(無料)と「市内お店編」(有料)に挑戦。観光資源編では豊川稲荷や砥鹿神社といった観光資源24カ所を巡っていなりんがモデルのスタンプを集め、15個で限定缶バッジ、全24個でいなりん探検隊隊員証がもらえる。市内お店編では対象となる37店舗で買い物をしてスタンプを集め、20個を集めるとカラーメモ帳と隊員証がもらえる。
 いずれのコースも定められた個数をクリアすると、地元物産や食事券などが当たる「とよかわガラポン抽選会」に参加でき、最大で全6回挑戦できる。両コースの制覇者はホームページで紹介される他、抽選で10組20人に来年3月16日のいなりんピック観覧特等席券が贈られるなど、特典も満載だ。
 用紙はプリオ5階の観光協会や豊川稲荷門前の観光案内所、豊川駅や豊橋駅情報プラザなどに配置。全国から集客を図るため、県外でのキャンペーンでも配布する。問い合わせは観光協会(0533・89・2206)へ。
(由本裕貴)

 新城市と奥浜名湖(浜松市北区)の両地域を訪れた人たちに観光地や食の魅力をアピールするスタンプラリー「新城・奥浜名湖 虎虎ラリー」が1日に始まる。昨年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映中に行われたラリーの第2弾。12月27日までの期間に両地域の2カ所ずつ計4カ所を回遊してもらう。
 新城市観光協会と浜名湖北岸の奥浜名湖観光協会、両地域の商工会などで観光交流を連携していく「直虎・虎松タイガープロジェクト」が主催。ラリーを行ってプレゼントに応募する仕組みで、昨年はテレビ放映中の2月4日から10月31日までを期間に計596通の参加があった。今年も両地域の連携を図ろうと企画した。
 ラリーでは新城と奥浜名湖の両地域でそれぞれ「井伊家ゆかりの地」3カ所ずつ、「飲食店」6カ所ずつにスタンプを設置。両地域の「ゆかりの地」「飲食店」で1カ所ずつをめぐってスタンプを押して専用はがきを投函する。
 ゆかりの地は新城が鳳来寺本堂、宇利城跡(スタンプ設置場所・農園喫茶ひだまり)、柿本城跡(同・道の駅鳳来三河三石)、奥浜名湖が龍潭寺、方広寺、初山宝林寺となっている。
 賞品を用意しており、抽選で新城・奥浜名湖両地域の特産品セット(50000円分)10人▽同(1000円分)20人-が当たる。
 応募は専用の用紙に付いているハガキで行う。また新城市観光協会ホームページから印字後、封筒での投函も可能。
 問い合わせは新城市観光協会(0536・29・0829)へ。
(安藤聡)

いなりんを模したスタンプ集めで特典も満載な「とよかわ冒険スタンプラリー」
いなりんを模したスタンプ集めで特典も満載な「とよかわ冒険スタンプラリー」
スタンプラリーの台紙を持つプロジェクトメンバー
スタンプラリーの台紙を持つプロジェクトメンバー

カテゴリー:社会・経済 / イベント

 PR

PR