2018年09月22日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  27℃   最低  21℃  /  日の出  05:38   日の入  17:48
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年09月22日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  27℃   最低  21℃  /  日の出  05:38   日の入  17:48

豊橋駅南口駅前広場で「ふくしまマルシェ」

佐原市長㊥の立ち合いの下で行われたわらじと手筒花火の交換=豊橋駅南口駅前広場で
佐原市長㊥の立ち合いの下で行われたわらじと手筒花火の交換=豊橋駅南口駅前広場で

 豊橋、福島両市などが進めているNHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)実現への取り組みを縁に福島商工会議所青年部と“夫婦(めおと)提携”を交わした豊橋商工会議所青年部が1日、提携後初の交流イベント「ふくしまマルシェ」を豊橋駅南口駅前広場で開催した。福島の食材を使ったブースが並び、福島の物産も販売、多くの人でにぎわった。
 朝ドラは、福島市出身の昭和を代表する作曲家・古関裕而さん(1909~1989年)と豊橋市出身の妻・金子さん(1912~1980年)の半生を描く物語を目指している。
 東京五輪・パラリンピックが開催される2020年4月からの放映を狙う。
 両市で実現に向けた署名などの活動が進む中、若手経済人でつくる青年部同士も、福島伝統の「わらじまつり」、ええじゃないか豊橋まつりへ互いに参加するなどして交流。一層の活動、経済交流として、8月のわらじまつりで古関夫婦にあやかり、夫婦提携を結んだ。
 マルシェオープニングセレモニーでは、豊橋の牧野修治会長と福島の田中富幸会長が、佐原光一豊橋市長の立ち会いの下、指輪の交換を模して豊橋の手筒花火、福島のわらじを交換、末永い交流を誓い合った。福島の地酒で鏡開きして祝い、来場者に酒が振る舞われた。
 牧野会長は「お互いのまつりに参加してきた。きょうは絆を深めるためマルシェを企画、福島の味覚を存分に味わってください」とあいさつ。佐原市長は朝ドラ実現への取り組みを紹介し「“当選”を目指し活動していきたい」と意欲を示し、朝ドラ実現を願う会の会長を務める佐藤元英豊橋商工会議所副会頭も「朝ドラで一緒に活動し交流。まち同士も仲良くなり、刺激し合っていきたい」と述べた。
 この日は、福島市を早朝に出発した田中会長ら9人が豊橋へ。ブースでは、特産のモモや、同市が消費量日本一の納豆、地酒などを販売した。豊橋の10店舗が出したブースでも、トマト、鶏肉、焼きそばなど、福島から取り寄せた食材を使った飲食物を用意した。
 福島の青年部員らは「この時期はまずモモ。寒暖の差があって味が良く、ナシやブドウなど年中果物が味わえます。飯坂温泉など温泉もぜひ」と福島をPRした。
 会場では、古関さんが作曲した曲が流れたほか、金子さんの母校・県立豊橋東高校、私立豊橋中央高校の各吹奏楽部が古関さんの曲も交えながら演奏を披露した。
(中村晋也)

 豊橋、福島両市などが進めているNHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)実現への取り組みを縁に福島商工会議所青年部と“夫婦(めおと)提携”を交わした豊橋商工会議所青年部が1日、提携後初の交流イベント「ふくしまマルシェ」を豊橋駅南口駅前広場で開催した。福島の食材を使ったブースが並び、福島の物産も販売、多くの人でにぎわった。
 朝ドラは、福島市出身の昭和を代表する作曲家・古関裕而さん(1909~1989年)と豊橋市出身の妻・金子さん(1912~1980年)の半生を描く物語を目指している。
 東京五輪・パラリンピックが開催される2020年4月からの放映を狙う。
 両市で実現に向けた署名などの活動が進む中、若手経済人でつくる青年部同士も、福島伝統の「わらじまつり」、ええじゃないか豊橋まつりへ互いに参加するなどして交流。一層の活動、経済交流として、8月のわらじまつりで古関夫婦にあやかり、夫婦提携を結んだ。
 マルシェオープニングセレモニーでは、豊橋の牧野修治会長と福島の田中富幸会長が、佐原光一豊橋市長の立ち会いの下、指輪の交換を模して豊橋の手筒花火、福島のわらじを交換、末永い交流を誓い合った。福島の地酒で鏡開きして祝い、来場者に酒が振る舞われた。
 牧野会長は「お互いのまつりに参加してきた。きょうは絆を深めるためマルシェを企画、福島の味覚を存分に味わってください」とあいさつ。佐原市長は朝ドラ実現への取り組みを紹介し「“当選”を目指し活動していきたい」と意欲を示し、朝ドラ実現を願う会の会長を務める佐藤元英豊橋商工会議所副会頭も「朝ドラで一緒に活動し交流。まち同士も仲良くなり、刺激し合っていきたい」と述べた。
 この日は、福島市を早朝に出発した田中会長ら9人が豊橋へ。ブースでは、特産のモモや、同市が消費量日本一の納豆、地酒などを販売した。豊橋の10店舗が出したブースでも、トマト、鶏肉、焼きそばなど、福島から取り寄せた食材を使った飲食物を用意した。
 福島の青年部員らは「この時期はまずモモ。寒暖の差があって味が良く、ナシやブドウなど年中果物が味わえます。飯坂温泉など温泉もぜひ」と福島をPRした。
 会場では、古関さんが作曲した曲が流れたほか、金子さんの母校・県立豊橋東高校、私立豊橋中央高校の各吹奏楽部が古関さんの曲も交えながら演奏を披露した。
(中村晋也)

佐原市長㊥の立ち合いの下で行われたわらじと手筒花火の交換=豊橋駅南口駅前広場で
佐原市長㊥の立ち合いの下で行われたわらじと手筒花火の交換=豊橋駅南口駅前広場で

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR