2019年11月22日(金)  /  本日の予報  曇のち雨  /  最高  15℃   最低  9℃  /  日の出  06:30   日の入  16:42
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年11月22日(金)  /  本日の予報  曇のち雨  /  最高  15℃   最低  9℃  /  日の出  06:30   日の入  16:42

五十嵐カノアが2位

カテゴリー:スポーツ

メダルを獲得した2位の五十嵐選手㊧と村上選手=ロングビーチで
メダルを獲得した2位の五十嵐選手㊧と村上選手=ロングビーチで
ファイナルで波に乗り、華麗な技を見せる五十嵐選手=同
ファイナルで波に乗り、華麗な技を見せる五十嵐選手=同

 田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男子決勝が行われ、五十嵐カノア選手が日本勢で過去最高の2位、村上舜選手が4位となった。注目の五十嵐選手が出るファイナルとあって、ビーチは応援のファンらでにぎわった。
 決勝は、五十嵐選手と敗者復活戦から勝ち上がった村上選手の日本勢2人を含む4人が25分間で競い、アルゼンチンのサンティアゴ・ムニス選手が優勝した。
 日本勢の2人は、波打ち際に集まった多くの観客に見送られて海へ。少ない波の中、五十嵐選手は波を選んでは巧みにボードを滑らせると、浜辺からは歓声が上がった。失敗し波間に消えると、観客からため息が漏れた。サンティアゴ選手を追う展開の中、残り秒数を知らせる無情のカウントダウンが始まり、惜しくも目標の金メダルは獲得できなかった。
 表彰式では、日の丸をまとった2人の日本人選手が登壇、メダルとともに、全国屈指の花の生産地・田原ならではのビクトリアブーケが贈られ、集まった人たちの声援に応えた。
 ファイナルについて、五十嵐選手は「波、風が少なく、自分がやりたいサーフィンはできなかったが、その中でもいいサーフィンを見せられた思う」と振り返った。ただ、ISAとサーフィンのプロツアーWSLとのジャッジの違いに戸惑いを隠せなかったが、「いい勉強なった」と話した。
 両親は日本人だが、米国カリフォルニアで育ち、初の日本代表として挑んだ大会。「日の丸がモチベーションになった。チームのためにも金メダルはとりたかった」と悔しさをにじませたものの、「日本人2人がファイナルへ行けていい感じ。東京五輪へのいい練習でした」と手応えを口にした。
 ロングビーチの波について、五十嵐選手は「きょうは面白い波で、決勝では少なくなってしまったが、日本でもワールドクラスの波」、村上選手も「いい波で、このポイントは好き。自分に合っていた」と話した。
 多くのファンが詰めかけ、写真やサインにも気さくに応じた選手たち。名古屋市から家族で観戦に訪れ、毎週、ロングビーチへサーフィンにも来ている小学5年の寿台順顕君は、五十嵐選手らのライディングを見て「格好良くて、すごい」と笑顔で話していた。
(中村晋也)

 田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男子決勝が行われ、五十嵐カノア選手が日本勢で過去最高の2位、村上舜選手が4位となった。注目の五十嵐選手が出るファイナルとあって、ビーチは応援のファンらでにぎわった。
 決勝は、五十嵐選手と敗者復活戦から勝ち上がった村上選手の日本勢2人を含む4人が25分間で競い、アルゼンチンのサンティアゴ・ムニス選手が優勝した。
 日本勢の2人は、波打ち際に集まった多くの観客に見送られて海へ。少ない波の中、五十嵐選手は波を選んでは巧みにボードを滑らせると、浜辺からは歓声が上がった。失敗し波間に消えると、観客からため息が漏れた。サンティアゴ選手を追う展開の中、残り秒数を知らせる無情のカウントダウンが始まり、惜しくも目標の金メダルは獲得できなかった。
 表彰式では、日の丸をまとった2人の日本人選手が登壇、メダルとともに、全国屈指の花の生産地・田原ならではのビクトリアブーケが贈られ、集まった人たちの声援に応えた。
 ファイナルについて、五十嵐選手は「波、風が少なく、自分がやりたいサーフィンはできなかったが、その中でもいいサーフィンを見せられた思う」と振り返った。ただ、ISAとサーフィンのプロツアーWSLとのジャッジの違いに戸惑いを隠せなかったが、「いい勉強なった」と話した。
 両親は日本人だが、米国カリフォルニアで育ち、初の日本代表として挑んだ大会。「日の丸がモチベーションになった。チームのためにも金メダルはとりたかった」と悔しさをにじませたものの、「日本人2人がファイナルへ行けていい感じ。東京五輪へのいい練習でした」と手応えを口にした。
 ロングビーチの波について、五十嵐選手は「きょうは面白い波で、決勝では少なくなってしまったが、日本でもワールドクラスの波」、村上選手も「いい波で、このポイントは好き。自分に合っていた」と話した。
 多くのファンが詰めかけ、写真やサインにも気さくに応じた選手たち。名古屋市から家族で観戦に訪れ、毎週、ロングビーチへサーフィンにも来ている小学5年の寿台順顕君は、五十嵐選手らのライディングを見て「格好良くて、すごい」と笑顔で話していた。
(中村晋也)

メダルを獲得した2位の五十嵐選手㊧と村上選手=ロングビーチで
メダルを獲得した2位の五十嵐選手㊧と村上選手=ロングビーチで
ファイナルで波に乗り、華麗な技を見せる五十嵐選手=同
ファイナルで波に乗り、華麗な技を見せる五十嵐選手=同

カテゴリー:スポーツ

 PR

PR