2018年11月16日(金)  /  本日の予報  曇時々晴  /  最高  19℃   最低  10℃  /  日の出  06:25   日の入  16:45
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年11月16日(金)  /  本日の予報  曇時々晴  /  最高  19℃   最低  10℃  /  日の出  06:25   日の入  16:45

実りの秋を実感 豊川の外国人児童がイモ掘り

大きなサツマイモを協力して掘り出す外国人児童ら=豊川市御津町で
大きなサツマイモを協力して掘り出す外国人児童ら=豊川市御津町で

 豊川市内に定住する外国人児童らが利用する文科省委託事業「こぎつね教室」が16日、御津町上佐脇の畑で恒例のサツマイモ堀りを体験した。
 御津町の農家らでなる「ノーコン会」(鈴木治会長)所有の畑で、6月に植えていたサツマイモの種が成長。ブラジル、ネパール、インドネシア国籍の児童5人が軍手をはめ、土の中から伸びたツルを引っ張り、イモを掘り出した。安納芋(いも)や紅あずまと種類によって形や色も異なり、ノーコン会のメンバーとも協力して約150㌔分のイモを収穫した。
 収穫後は焼いたイモやトウモロコシを仲良くほおばり、こぎつね教室に通う友達にプレゼントしようとイモを持ち帰った。インドネシアから来た青山リズキ君(13)は「自分が植えたイモが大きくなってうれしい」と笑顔で話した。
(由本裕貴)

 豊川市内に定住する外国人児童らが利用する文科省委託事業「こぎつね教室」が16日、御津町上佐脇の畑で恒例のサツマイモ堀りを体験した。
 御津町の農家らでなる「ノーコン会」(鈴木治会長)所有の畑で、6月に植えていたサツマイモの種が成長。ブラジル、ネパール、インドネシア国籍の児童5人が軍手をはめ、土の中から伸びたツルを引っ張り、イモを掘り出した。安納芋(いも)や紅あずまと種類によって形や色も異なり、ノーコン会のメンバーとも協力して約150㌔分のイモを収穫した。
 収穫後は焼いたイモやトウモロコシを仲良くほおばり、こぎつね教室に通う友達にプレゼントしようとイモを持ち帰った。インドネシアから来た青山リズキ君(13)は「自分が植えたイモが大きくなってうれしい」と笑顔で話した。
(由本裕貴)

大きなサツマイモを協力して掘り出す外国人児童ら=豊川市御津町で
大きなサツマイモを協力して掘り出す外国人児童ら=豊川市御津町で

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR