2018年12月19日(水)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  14℃   最低  4℃  /  日の出  06:52   日の入  16:42
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年12月19日(水)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  14℃   最低  4℃  /  日の出  06:52   日の入  16:42

24日に東京・六本木で「エロティック東三河」

街コンの参加者を募る鈴木さん=田原市内で
街コンの参加者を募る鈴木さん=田原市内で

 「農業王国・東三河」の農畜産物など、自慢の豊かな食材や加工品、魚介類、伝統文化などを伝えるイベント「エロティック東三河」が24日、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで開催される。今年の豊川用水通水50周年に合わせ、農業関係者ら賛同者が企画、東三河の「美」「魅力」を首都圏で紹介する。
 東三河は、豊川用水の恩恵で農業が飛躍的に発展。水に感謝する気持ちを形にしようと、1年前から農業関係者ら異業種の賛同者がイベント開催の準備を進めていた。
 農業に代表されるように東三河が魅力的(セクシー)であることから「エロティック」と表現し、主催する団体「寿プロジェクト」の鈴木美仁代表理事は「東三河を知ってもらう趣旨で企画。その魅力を東京で東三河出身者にも改めて理解してもらたい」と思いを込める。
 「農と食」「祭」などをテーマに午前10時から午後8時まで実施し、「東三河が六本木をジャック」する趣向だ。
 農と食は「農業王国・東三河マルシェ」と銘打ち、農畜産物、加工品、魚介類、酒などを販売する28のブースが並ぶ。「利き鮎会」でグランプリに輝いた奥三河のアユの塩焼き、ウズラ肉、五平餅などを用意し、東三河の食材を扱っている東京のレストラン4店舗のブースも出る。伝統の手筒花火、豊橋が発祥の530(ごみゼロ)運動もPRする。
 祭では、東三河の伝統芸能が六本木へ持ち込まれる。東栄町の花祭(国重要無形民俗文化財)と豊橋市の鬼祭り(同)、設楽町の念仏踊り(県の無形民俗文化財)などが行われる。「お祭りステージ」と題し、豊橋ふるさと大使で映画監督の菅原浩志さんが演出を手掛ける。
 東栄町を拠点にする和太鼓集団「志多ら」や、県立豊丘高校和太鼓部なども演奏。田原市出身のお笑い芸人「オアシズ」、地元のバンド「ラストロック」やご当地アイドル「穂の国娘。ぐるめいど隊」などもステージに立ち、会場を盛り上げる。
 菅原さんは「東三河の大ファンで、全国の人に知ってもらういい機会と思って参加。ステージに東三河を凝縮させ、東京の人に本物から受ける感動を味わってもらいたい」と話す。
(中村晋也)

「街コン」に農家男性ら参加者募る

 イベントでは、日本の食を支える農家らの担い手を支援しようと、大規模な合コン「街コン」も実施する。東三河の男性と東京近郊の女性に出会いの場を提供。男性の参加者30人を募集している。
 街コンでは、実直で純粋な人柄と農業知識を武器に、地方での暮らしに興味がある女性との交流を深める。「農家の男性は真面目過ぎるくらい真面目で、シャイな人が多い」と話すのは、街コン企画リーダーでトマト農家の鈴木教広さん=田原市赤羽根町。
 県内の1次産業従事者の未婚率は4割ほどで、後継者問題に苦心しているという。
 一方で、近年は、美容や健康に興味のある女性も多く、鈴木さんは「農業を共通の話題に盛り上がれる。魅力はあるので、もっと自信を持ってほしい」と期待を込めて話す。
 街コンは伝説的なディスコ「マハラジャ六本木」で開催。時間は午後2時~同4時。募集しているのは、東三河の農林水産業従事者や個人事業主の男性(25~49歳)。参加料は1万円、交通費は別。ホームページ(https://goo.gl/fo472U)で受け付けている。
 街コン前の17日には、服装やコミュニケーション力を高めるセミナーを無料で開く予定。問い合わせは鈴木さん(080・3070・4448)へ。
(飯塚雪)

 「農業王国・東三河」の農畜産物など、自慢の豊かな食材や加工品、魚介類、伝統文化などを伝えるイベント「エロティック東三河」が24日、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで開催される。今年の豊川用水通水50周年に合わせ、農業関係者ら賛同者が企画、東三河の「美」「魅力」を首都圏で紹介する。
 東三河は、豊川用水の恩恵で農業が飛躍的に発展。水に感謝する気持ちを形にしようと、1年前から農業関係者ら異業種の賛同者がイベント開催の準備を進めていた。
 農業に代表されるように東三河が魅力的(セクシー)であることから「エロティック」と表現し、主催する団体「寿プロジェクト」の鈴木美仁代表理事は「東三河を知ってもらう趣旨で企画。その魅力を東京で東三河出身者にも改めて理解してもらたい」と思いを込める。
 「農と食」「祭」などをテーマに午前10時から午後8時まで実施し、「東三河が六本木をジャック」する趣向だ。
 農と食は「農業王国・東三河マルシェ」と銘打ち、農畜産物、加工品、魚介類、酒などを販売する28のブースが並ぶ。「利き鮎会」でグランプリに輝いた奥三河のアユの塩焼き、ウズラ肉、五平餅などを用意し、東三河の食材を扱っている東京のレストラン4店舗のブースも出る。伝統の手筒花火、豊橋が発祥の530(ごみゼロ)運動もPRする。
 祭では、東三河の伝統芸能が六本木へ持ち込まれる。東栄町の花祭(国重要無形民俗文化財)と豊橋市の鬼祭り(同)、設楽町の念仏踊り(県の無形民俗文化財)などが行われる。「お祭りステージ」と題し、豊橋ふるさと大使で映画監督の菅原浩志さんが演出を手掛ける。
 東栄町を拠点にする和太鼓集団「志多ら」や、県立豊丘高校和太鼓部なども演奏。田原市出身のお笑い芸人「オアシズ」、地元のバンド「ラストロック」やご当地アイドル「穂の国娘。ぐるめいど隊」などもステージに立ち、会場を盛り上げる。
 菅原さんは「東三河の大ファンで、全国の人に知ってもらういい機会と思って参加。ステージに東三河を凝縮させ、東京の人に本物から受ける感動を味わってもらいたい」と話す。
(中村晋也)

「街コン」に農家男性ら参加者募る

 イベントでは、日本の食を支える農家らの担い手を支援しようと、大規模な合コン「街コン」も実施する。東三河の男性と東京近郊の女性に出会いの場を提供。男性の参加者30人を募集している。
 街コンでは、実直で純粋な人柄と農業知識を武器に、地方での暮らしに興味がある女性との交流を深める。「農家の男性は真面目過ぎるくらい真面目で、シャイな人が多い」と話すのは、街コン企画リーダーでトマト農家の鈴木教広さん=田原市赤羽根町。
 県内の1次産業従事者の未婚率は4割ほどで、後継者問題に苦心しているという。
 一方で、近年は、美容や健康に興味のある女性も多く、鈴木さんは「農業を共通の話題に盛り上がれる。魅力はあるので、もっと自信を持ってほしい」と期待を込めて話す。
 街コンは伝説的なディスコ「マハラジャ六本木」で開催。時間は午後2時~同4時。募集しているのは、東三河の農林水産業従事者や個人事業主の男性(25~49歳)。参加料は1万円、交通費は別。ホームページ(https://goo.gl/fo472U)で受け付けている。
 街コン前の17日には、服装やコミュニケーション力を高めるセミナーを無料で開く予定。問い合わせは鈴木さん(080・3070・4448)へ。
(飯塚雪)

街コンの参加者を募る鈴木さん=田原市内で
街コンの参加者を募る鈴木さん=田原市内で

カテゴリー:社会・経済 / イベント

 PR

PR