2019年09月17日(火)  /  本日の予報  曇時々晴  /  最高  31℃   最低  24℃  /  日の出  05:34   日の入  17:55
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年09月17日(火)  /  本日の予報  曇時々晴  /  最高  31℃   最低  24℃  /  日の出  05:34   日の入  17:55

豊橋で「新春凧揚げ大会」

キャラクターが描かれた凧を空高く上げる子どもたち=豊橋総合スポーツ公園で
キャラクターが描かれた凧を空高く上げる子どもたち=豊橋総合スポーツ公園で

 豊橋凧保存会(市川和生会長)が行う正月の風物詩「新春凧揚げ大会」が3日、豊橋総合スポーツ公園で開かれ、150㌢ほどのケロリ凧など地元の伝統凧が新春の青空を彩った。
 凧愛好家約40人が集合。豊橋伝統の「ケロリ凧」や「八ツ花凧」、田原の「けんか凧」など地元の凧をはじめ、セミの形や干支(えと)のイノシシがデザインされたものなど、手製の凧が舞った。
 帰省中の子どもたちも参加し、正月の遊びとして昔から親しまれてきた凧揚げに大喜び。強風に悪戦苦闘しながら、キャラクターの絵が描かれた凧をぐんぐん空高く上げていった。
 同保存会の山田隆一事務局長(71)は「デジタルな遊びが多い中、凧はすごくアナログ。子どもたちには、アナログな世界も大切にしてほしい」と話していた。
(飯塚雪)

 豊橋凧保存会(市川和生会長)が行う正月の風物詩「新春凧揚げ大会」が3日、豊橋総合スポーツ公園で開かれ、150㌢ほどのケロリ凧など地元の伝統凧が新春の青空を彩った。
 凧愛好家約40人が集合。豊橋伝統の「ケロリ凧」や「八ツ花凧」、田原の「けんか凧」など地元の凧をはじめ、セミの形や干支(えと)のイノシシがデザインされたものなど、手製の凧が舞った。
 帰省中の子どもたちも参加し、正月の遊びとして昔から親しまれてきた凧揚げに大喜び。強風に悪戦苦闘しながら、キャラクターの絵が描かれた凧をぐんぐん空高く上げていった。
 同保存会の山田隆一事務局長(71)は「デジタルな遊びが多い中、凧はすごくアナログ。子どもたちには、アナログな世界も大切にしてほしい」と話していた。
(飯塚雪)

キャラクターが描かれた凧を空高く上げる子どもたち=豊橋総合スポーツ公園で
キャラクターが描かれた凧を空高く上げる子どもたち=豊橋総合スポーツ公園で

カテゴリー:社会・経済 / 芸能・文化

 PR

PR