2019年01月20日(日)  /  本日の予報  曇のち晴  /  最高  11℃   最低  2℃  /  日の出  06:55   日の入  17:06
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年01月20日(日)  /  本日の予報  曇のち晴  /  最高  11℃   最低  2℃  /  日の出  06:55   日の入  17:06

砥鹿神社で弓始祭

参拝客の前で行われた山本さん㊨と町屋さんによる弓始祭=砥鹿神社で
参拝客の前で行われた山本さん㊨と町屋さんによる弓始祭=砥鹿神社で

 豊川市一宮町の三河国一之宮・砥鹿神社(岩崎和夫宮司)で8日、年頭の祭典「弓始祭」(ゆみはじめさい)が行われた。
 社殿前で行われる奉射神事で、鯛(たい)が掛けられた鯨幕に「鬼」に似た字が書かれた的をつるし、黒木の弓で放つ白羽の矢で射止めて一年間の邪気を振り払うもの。
 神職や初詣客が見守る中、県弓道連盟豊橋支部の錬士5段の山本伸郎さん(61)と、教士6段の町屋大輔さん(36)が交互に2本ずつ矢を放ち、合わせて3本が的を射た。静かに見守っていた人たちからは拍手が送られた。
 2人は「無事に終えられてほっとしました」と胸をなでおろし、山本さんは「清らかな気持ちで、人に気配りなどができる一年になれば」と話した。
 社殿と八幡宮には紅白の算木餅が、松竹梅の枝と共に供えられ、多くの人が参拝していた。
(由本裕貴)

 豊川市一宮町の三河国一之宮・砥鹿神社(岩崎和夫宮司)で8日、年頭の祭典「弓始祭」(ゆみはじめさい)が行われた。
 社殿前で行われる奉射神事で、鯛(たい)が掛けられた鯨幕に「鬼」に似た字が書かれた的をつるし、黒木の弓で放つ白羽の矢で射止めて一年間の邪気を振り払うもの。
 神職や初詣客が見守る中、県弓道連盟豊橋支部の錬士5段の山本伸郎さん(61)と、教士6段の町屋大輔さん(36)が交互に2本ずつ矢を放ち、合わせて3本が的を射た。静かに見守っていた人たちからは拍手が送られた。
 2人は「無事に終えられてほっとしました」と胸をなでおろし、山本さんは「清らかな気持ちで、人に気配りなどができる一年になれば」と話した。
 社殿と八幡宮には紅白の算木餅が、松竹梅の枝と共に供えられ、多くの人が参拝していた。
(由本裕貴)

参拝客の前で行われた山本さん㊨と町屋さんによる弓始祭=砥鹿神社で
参拝客の前で行われた山本さん㊨と町屋さんによる弓始祭=砥鹿神社で

カテゴリー:社会・経済 / 芸能・文化

 PR

PR