2019年04月26日(金)  /  本日の予報  晴一時雨  /  最高  23℃   最低  15℃  /  日の出  05:05   日の入  18:30
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年04月26日(金)  /  本日の予報  晴一時雨  /  最高  23℃   最低  15℃  /  日の出  05:05   日の入  18:30

渥美半島駅伝 豊川高男子が優勝

両手を上げゴールテープを切る豊川高の栁本さん=県立豊橋南高校で
両手を上げゴールテープを切る豊川高の栁本さん=県立豊橋南高校で
円尾さん㊧からタスキを受け取り笑顔で駆けだす小野田さん=第4中継所で(提供)
円尾さん㊧からタスキを受け取り笑顔で駆けだす小野田さん=第4中継所で(提供)

 早春の渥美半島を駆け抜ける「第67回渥美半島駅伝競走大会」(大会実行委員会、東三河陸上競技協会など主催)が10日、豊橋市の県立豊橋南高校をゴールに行われ、男子は豊川高校、女子は愛知高校が優勝を飾った。この日は、4年連続で正月の箱根駅伝6区を走った豊橋出身の青山学院大学4年・小野田勇次さんが一般男子オープンに出場し、親友とさわやかな汗を流した。
 5区25・9㌔で競う高校男子の部に52チーム、一般は10チームが参加。高校女子の部は5区18・8㌔で競い、24チームが出場した。
 全国高校駅伝でアベック入賞した豊川高は、男子Aが4区でトップの愛知高Aを抜き去ると、最後は27秒の差をつけてゴール。一方、女子は6位だった。キャプテンで4区を走った2年鈴木竜太朗さん(17)は「新チームとなり、最初の駅伝で優勝ができて、うれしい。来週の西脇多可新人高校駅伝(兵庫県)に弾みがついた」と話した。

青学大の小野田さん 親友と爽やかな汗流す

 親友との最初で最後のタスキリレーは最高の笑顔だった―。アンカーで登場した小野田さんは、東海学園大学4年の円尾翔吾さん(22)から中継所で「小野田」と名前を呼ばれ、顔をほころばせながら、タスキを受け取ると、箱根路で見せた健脚で地元・豊橋を快走した。
 2人は市立高師台中学校陸上部の同志。小野田さんが強豪豊川高から青山学院大、円尾さんは豊橋南高から東海学園大学へと進学した後も連絡を取り合い、大学3年時には全日本大学駅伝7区でライバルとして走ったこともある。
 チーム名「TeamNH」は、箱根駅伝で山を駆け下りていく小野田さんの人間離れした走りをライバルが表現した「人間じゃねえ」の英語訳から付けた。監督は2人の恩師石場治教諭(現中部中学校教諭)が務め、円尾さんの先輩と後輩を含む5人で出場した。
 大学卒業で競技人生にピリオドを打つ円尾さんのため「最後に1度タスキをつなぎたい」と小野田さんが話を持ち掛け実現。「地元の応援も多く、緊張感のないレースで走るのは気持ちが良かった。いい思い出になりました」と小野田さんはすがすがしい笑顔を見せた。
(飯塚雪)

 早春の渥美半島を駆け抜ける「第67回渥美半島駅伝競走大会」(大会実行委員会、東三河陸上競技協会など主催)が10日、豊橋市の県立豊橋南高校をゴールに行われ、男子は豊川高校、女子は愛知高校が優勝を飾った。この日は、4年連続で正月の箱根駅伝6区を走った豊橋出身の青山学院大学4年・小野田勇次さんが一般男子オープンに出場し、親友とさわやかな汗を流した。
 5区25・9㌔で競う高校男子の部に52チーム、一般は10チームが参加。高校女子の部は5区18・8㌔で競い、24チームが出場した。
 全国高校駅伝でアベック入賞した豊川高は、男子Aが4区でトップの愛知高Aを抜き去ると、最後は27秒の差をつけてゴール。一方、女子は6位だった。キャプテンで4区を走った2年鈴木竜太朗さん(17)は「新チームとなり、最初の駅伝で優勝ができて、うれしい。来週の西脇多可新人高校駅伝(兵庫県)に弾みがついた」と話した。

青学大の小野田さん 親友と爽やかな汗流す

 親友との最初で最後のタスキリレーは最高の笑顔だった―。アンカーで登場した小野田さんは、東海学園大学4年の円尾翔吾さん(22)から中継所で「小野田」と名前を呼ばれ、顔をほころばせながら、タスキを受け取ると、箱根路で見せた健脚で地元・豊橋を快走した。
 2人は市立高師台中学校陸上部の同志。小野田さんが強豪豊川高から青山学院大、円尾さんは豊橋南高から東海学園大学へと進学した後も連絡を取り合い、大学3年時には全日本大学駅伝7区でライバルとして走ったこともある。
 チーム名「TeamNH」は、箱根駅伝で山を駆け下りていく小野田さんの人間離れした走りをライバルが表現した「人間じゃねえ」の英語訳から付けた。監督は2人の恩師石場治教諭(現中部中学校教諭)が務め、円尾さんの先輩と後輩を含む5人で出場した。
 大学卒業で競技人生にピリオドを打つ円尾さんのため「最後に1度タスキをつなぎたい」と小野田さんが話を持ち掛け実現。「地元の応援も多く、緊張感のないレースで走るのは気持ちが良かった。いい思い出になりました」と小野田さんはすがすがしい笑顔を見せた。
(飯塚雪)

両手を上げゴールテープを切る豊川高の栁本さん=県立豊橋南高校で
両手を上げゴールテープを切る豊川高の栁本さん=県立豊橋南高校で
円尾さん㊧からタスキを受け取り笑顔で駆けだす小野田さん=第4中継所で(提供)
円尾さん㊧からタスキを受け取り笑顔で駆けだす小野田さん=第4中継所で(提供)

カテゴリー:社会・経済 / スポーツ

 PR

PR