2021年09月22日(水)  /  本日の予報  曇時々雨  /  最高  29℃   最低  22℃  /  日の出  05:38   日の入  17:47
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2021年09月22日(水)  /  本日の予報  曇時々雨  /  最高  29℃   最低  22℃  /  日の出  05:38   日の入  17:47

豊橋商議所の「環境経営賞」 最優秀賞にプールス

環境経営賞最優秀賞に選ばれたプールスの自動おしぼり製造器
環境経営賞最優秀賞に選ばれたプールスの自動おしぼり製造器

 豊橋商工会議所は、豊橋地区の事業所などを対象に環境技術の開発、環境対策への取り組みなどを表彰する本年度「環境経営賞」の最優秀賞に、自動おしぼり製造器開発などのプールス(豊橋市下地町)を選んだ。また、優秀賞を決定した。27日の議員総会で表彰する。
 自動おしぼり製造器「プールス」は、除菌された温かい使い切りのおしぼりをその場で提供。衛生的で、感染症予防対策などを求める病院、介護施設などを中心に、飲食店、アミューズメント施設などで約1万6000台が導入されている。
 布や紙のおしぼりが一般的だが、布おしぼりは繰り返し使うため洗浄水や消毒剤、包装用ビニールの処理、さらに加工事業所から使用現場までの運送エネルギーなどがかかり、環境への負荷が大きい。
 紙おしぼりも、同様に包装用ビニールの処理、運送エネルギーなどが必要となっている。
 プールスは使い捨てだが、ユーカリやアカシアなどの間伐材を原材料にした不織布で、洗剤や洗浄水、消毒剤などが不要。使用する現場で加工、提供するため包装用ビニールを使わず、環境への負荷が少ない。5種類の長さのおしぼりを作れ、常温のほか、温かいおしぼりも製造できる。このため、環境経営賞として高く評価された。
 試行を重ねてプールスを完成させた高畑昌隆社長は、受賞について「大きな励みになり、さらなる市場拡大を図りたい」と喜びを話した。

 ◇優秀賞◇
 優秀賞は、大和電気製作所とKOMA Tecの省エネ制御。排水処理施設で重要な役割を果たしている送風機の電力使用量は施設全体の8~9割を占めている。開発した制御法では、常に最大量で送風しないため、送風機の電力消費量を削減するだけでなく、窒素を取り除く効果を向上できる。
 コーヒー、紅茶などの卸販売ワルツの環境保全活動「ISO推進日」も受賞。2000(平成12)年に環境マネジメントシステムISO14001を取得以来、レギュラーコーヒーかすの再資源化、ガソリン、紙などの使用料削減などに取り組むほか、年2回、全社員が参加する「ISO推進日」を実施している。工夫を凝らした内容で、社員の環境への意識を高めている。
 もう1社は、つくだ煮製造などの平松食品。環境省の補助金を活用し、二酸化炭素削減ポテンシャル診断を受け、結果に基づいて燃料を転換するなどして、二酸化炭素排出量の抑制などを図った。
(中村晋也)

 豊橋商工会議所は、豊橋地区の事業所などを対象に環境技術の開発、環境対策への取り組みなどを表彰する本年度「環境経営賞」の最優秀賞に、自動おしぼり製造器開発などのプールス(豊橋市下地町)を選んだ。また、優秀賞を決定した。27日の議員総会で表彰する。
 自動おしぼり製造器「プールス」は、除菌された温かい使い切りのおしぼりをその場で提供。衛生的で、感染症予防対策などを求める病院、介護施設などを中心に、飲食店、アミューズメント施設などで約1万6000台が導入されている。
 布や紙のおしぼりが一般的だが、布おしぼりは繰り返し使うため洗浄水や消毒剤、包装用ビニールの処理、さらに加工事業所から使用現場までの運送エネルギーなどがかかり、環境への負荷が大きい。
 紙おしぼりも、同様に包装用ビニールの処理、運送エネルギーなどが必要となっている。
 プールスは使い捨てだが、ユーカリやアカシアなどの間伐材を原材料にした不織布で、洗剤や洗浄水、消毒剤などが不要。使用する現場で加工、提供するため包装用ビニールを使わず、環境への負荷が少ない。5種類の長さのおしぼりを作れ、常温のほか、温かいおしぼりも製造できる。このため、環境経営賞として高く評価された。
 試行を重ねてプールスを完成させた高畑昌隆社長は、受賞について「大きな励みになり、さらなる市場拡大を図りたい」と喜びを話した。

 ◇優秀賞◇
 優秀賞は、大和電気製作所とKOMA Tecの省エネ制御。排水処理施設で重要な役割を果たしている送風機の電力使用量は施設全体の8~9割を占めている。開発した制御法では、常に最大量で送風しないため、送風機の電力消費量を削減するだけでなく、窒素を取り除く効果を向上できる。
 コーヒー、紅茶などの卸販売ワルツの環境保全活動「ISO推進日」も受賞。2000(平成12)年に環境マネジメントシステムISO14001を取得以来、レギュラーコーヒーかすの再資源化、ガソリン、紙などの使用料削減などに取り組むほか、年2回、全社員が参加する「ISO推進日」を実施している。工夫を凝らした内容で、社員の環境への意識を高めている。
 もう1社は、つくだ煮製造などの平松食品。環境省の補助金を活用し、二酸化炭素削減ポテンシャル診断を受け、結果に基づいて燃料を転換するなどして、二酸化炭素排出量の抑制などを図った。
(中村晋也)

環境経営賞最優秀賞に選ばれたプールスの自動おしぼり製造器
環境経営賞最優秀賞に選ばれたプールスの自動おしぼり製造器

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR