2019年11月15日(金)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  17℃   最低  8℃  /  日の出  06:23   日の入  16:45
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年11月15日(金)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  17℃   最低  8℃  /  日の出  06:23   日の入  16:45

チベット出身の声楽家 ヤンジンさんの人権講演会

美しいチベットの民族衣装でチベット歌曲を披露するヤンジンさん=田原市渥美文化会館で
美しいチベットの民族衣装でチベット歌曲を披露するヤンジンさん=田原市渥美文化会館で

 チベットの声楽家バイマーヤンジンさんの人権講演会「自信をもって生きる」が、田原市福江町の潮音寺の宮本利寛住職(73)の招きにより、同市渥美文化会館で開かれ、県立福江高校の2年生約80人と、同市立福江中学校の全校約370人らが耳を傾けた。
 ヤンジンさんが生まれ育ったチベットは、世界一標高が高く、厳しい自然環境のため、木が育たず、子どもたちの頬は常に日焼けで赤黒かったという。果物も育たず、小学5年生の時初めて出会ったミカンの感動が今でも忘れられないという。
 また、電気もガスも水道もなく、8月でも雪解け水で洗濯し、冷たさが骨にしみた。草原中から牛のふんを拾ってきて、乾かして燃料にしたり、大麦を煎って粉にし、干したチーズとバターと混ぜて団子にして食べたりした。
 高校は300㌔離れていて、大学はチベットには一つもなかったことから、高校の担任の強い励ましと地元の人々の応援で、中国国立四川音楽大学に入学した。汚れが目立たない茶色の民族衣装を着て頬が真っ赤だったため、同級生から「山から来た野蛮人」と言われていじめが始まり、新入生の輪に入るのを拒否された。
 つらくて大学をやめようと思ったこともあったが「母を絶対に泣かせたくない。母や村の人を絶望させてはいけない」と猛勉強。気持ちが負けそうな時には毎朝3~5㌔走り、気がつくと大学の陸上中距離走の選手に抜てきされ、英語も人からノートを見せてほしいと言われるようになっていた。
 卒業式のとき、近づいてきた2人に、またいじめられると警戒していたら「あなた、本当にチベット人ですか。チベットはすばらしい所ですね」と言ってくれたのが今の日本人の夫。卒業後は同大学専任講師となったが、1994(平成6)年に来日し、現在は大阪府吹田市で、夫と中学2年の息子、さらに夫の祖母や両親と暮らしている。来日して25年になる。
 いじめについて。ヤンジンさんは「いじめをしている子がいたらやめてほしい。いじめは弱い心の表れで、卑怯なこと。いじめた人の心に一生残る。いじめられている子がいたら、私はその心を100%理解します」と訴えた。
 日本でチベットについて悪口を言われたことが一度もなく「結婚12年目に授かった息子が世界一大切。100%幸せ。だって、日本というよい国で生活しているから」と話し、拍手喝さいを浴びた。
(小島幸子)

 チベットの声楽家バイマーヤンジンさんの人権講演会「自信をもって生きる」が、田原市福江町の潮音寺の宮本利寛住職(73)の招きにより、同市渥美文化会館で開かれ、県立福江高校の2年生約80人と、同市立福江中学校の全校約370人らが耳を傾けた。
 ヤンジンさんが生まれ育ったチベットは、世界一標高が高く、厳しい自然環境のため、木が育たず、子どもたちの頬は常に日焼けで赤黒かったという。果物も育たず、小学5年生の時初めて出会ったミカンの感動が今でも忘れられないという。
 また、電気もガスも水道もなく、8月でも雪解け水で洗濯し、冷たさが骨にしみた。草原中から牛のふんを拾ってきて、乾かして燃料にしたり、大麦を煎って粉にし、干したチーズとバターと混ぜて団子にして食べたりした。
 高校は300㌔離れていて、大学はチベットには一つもなかったことから、高校の担任の強い励ましと地元の人々の応援で、中国国立四川音楽大学に入学した。汚れが目立たない茶色の民族衣装を着て頬が真っ赤だったため、同級生から「山から来た野蛮人」と言われていじめが始まり、新入生の輪に入るのを拒否された。
 つらくて大学をやめようと思ったこともあったが「母を絶対に泣かせたくない。母や村の人を絶望させてはいけない」と猛勉強。気持ちが負けそうな時には毎朝3~5㌔走り、気がつくと大学の陸上中距離走の選手に抜てきされ、英語も人からノートを見せてほしいと言われるようになっていた。
 卒業式のとき、近づいてきた2人に、またいじめられると警戒していたら「あなた、本当にチベット人ですか。チベットはすばらしい所ですね」と言ってくれたのが今の日本人の夫。卒業後は同大学専任講師となったが、1994(平成6)年に来日し、現在は大阪府吹田市で、夫と中学2年の息子、さらに夫の祖母や両親と暮らしている。来日して25年になる。
 いじめについて。ヤンジンさんは「いじめをしている子がいたらやめてほしい。いじめは弱い心の表れで、卑怯なこと。いじめた人の心に一生残る。いじめられている子がいたら、私はその心を100%理解します」と訴えた。
 日本でチベットについて悪口を言われたことが一度もなく「結婚12年目に授かった息子が世界一大切。100%幸せ。だって、日本というよい国で生活しているから」と話し、拍手喝さいを浴びた。
(小島幸子)

美しいチベットの民族衣装でチベット歌曲を披露するヤンジンさん=田原市渥美文化会館で
美しいチベットの民族衣装でチベット歌曲を披露するヤンジンさん=田原市渥美文化会館で

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR