2019年11月15日(金)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  17℃   最低  8℃  /  日の出  06:23   日の入  16:45
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年11月15日(金)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  17℃   最低  8℃  /  日の出  06:23   日の入  16:45

引退した競走馬を支援 豊橋の「ホースパートナーズ」

引退馬の支援を呼び掛ける戸苅さん=豊橋市のスタートアップガレージで
引退馬の支援を呼び掛ける戸苅さん=豊橋市のスタートアップガレージで
詳しくはQRコードから支援サイトへ
詳しくはQRコードから支援サイトへ

 引退したサラブレッドの第二の人生を応援しようと、フリーマガジン「馬旅」を発行する「ホースパートナーズ」(豊橋市)がクラウドファンディングを始めた。戸苅宏元代表(34)は「たくさんの引退馬を救うのは難しいが、多くの人と1頭の物語を紡ぐことで競走馬のセカンドキャリアに注目が集まるきっかけにしたい」と話している。
 年間7000頭の競走馬が誕生するが、現役でいられるのは5~6歳まで。長い馬だと30年ほど生きるが、引退後は活躍した一握りの馬が繁殖用に、一部が乗用馬となるが、かさむ飼養費などを理由に多くが若くして殺処分され、食肉になっていると見られる。
 近年、競走馬としての役目を終えたサラブレッドの第二の人生に注目が集まる。一方で、とにかく速く走るためだけに鍛え抜かれたサラブレッドを乗馬や競技馬に改めて調教するには、資金や時間、人手がかかる。乗馬が身近ではない日本での受け皿は、決して広くはないのが現状だ。
 戸苅さんはこの春から乗馬人口の増加、産業全体の発展に貢献するため「馬旅」を発行する。背景にあるのは「引退馬の活躍の場を広げたい」との強い思い。
 今回は、起業の支援をする「スタートアップガレージ」(豊橋市)の助言を受け、従来のクラウドファンディングの仕組みに加え、ファンから継続的に活動費を募る「キャンプファイヤーコミュニティ」を活用する。
 支援者は、月額980円からの定額課金制で「パトロン」になれる。100人以上集まり次第、ホースパートナーズと、引退馬のリトレーニングを行う認定NPO法人サラブリトレーニング・ジャパン(岡山県吉備中央町)が引退馬を引き取り、馬術の全国大会でも活躍する西崎純郎理事長のもとで再調教を行う。150人突破で馬術競技参加へのトレーニングを始め、大会参加を目指す。
 再調教には毎月15万円ほどかかるが、あえてパトロン数にこだわるのは、より多くの人に引退馬の現状を知ってほしいから。パトロンには、年間4冊発行する馬旅と引退馬のポストカード、引退馬の様子や海外の馬情報なども限定配信する。
 戸苅さんは「引退馬がリトレーニングされていく過程、喜びを皆さんと共有し、競走馬のセカンドキャリアについて明るい未来をつくっていきたい」と期待を込めて話している。
 問い合わせはホースパートナーズ(0532・43・6746)へ。
(飯塚雪)

 引退したサラブレッドの第二の人生を応援しようと、フリーマガジン「馬旅」を発行する「ホースパートナーズ」(豊橋市)がクラウドファンディングを始めた。戸苅宏元代表(34)は「たくさんの引退馬を救うのは難しいが、多くの人と1頭の物語を紡ぐことで競走馬のセカンドキャリアに注目が集まるきっかけにしたい」と話している。
 年間7000頭の競走馬が誕生するが、現役でいられるのは5~6歳まで。長い馬だと30年ほど生きるが、引退後は活躍した一握りの馬が繁殖用に、一部が乗用馬となるが、かさむ飼養費などを理由に多くが若くして殺処分され、食肉になっていると見られる。
 近年、競走馬としての役目を終えたサラブレッドの第二の人生に注目が集まる。一方で、とにかく速く走るためだけに鍛え抜かれたサラブレッドを乗馬や競技馬に改めて調教するには、資金や時間、人手がかかる。乗馬が身近ではない日本での受け皿は、決して広くはないのが現状だ。
 戸苅さんはこの春から乗馬人口の増加、産業全体の発展に貢献するため「馬旅」を発行する。背景にあるのは「引退馬の活躍の場を広げたい」との強い思い。
 今回は、起業の支援をする「スタートアップガレージ」(豊橋市)の助言を受け、従来のクラウドファンディングの仕組みに加え、ファンから継続的に活動費を募る「キャンプファイヤーコミュニティ」を活用する。
 支援者は、月額980円からの定額課金制で「パトロン」になれる。100人以上集まり次第、ホースパートナーズと、引退馬のリトレーニングを行う認定NPO法人サラブリトレーニング・ジャパン(岡山県吉備中央町)が引退馬を引き取り、馬術の全国大会でも活躍する西崎純郎理事長のもとで再調教を行う。150人突破で馬術競技参加へのトレーニングを始め、大会参加を目指す。
 再調教には毎月15万円ほどかかるが、あえてパトロン数にこだわるのは、より多くの人に引退馬の現状を知ってほしいから。パトロンには、年間4冊発行する馬旅と引退馬のポストカード、引退馬の様子や海外の馬情報なども限定配信する。
 戸苅さんは「引退馬がリトレーニングされていく過程、喜びを皆さんと共有し、競走馬のセカンドキャリアについて明るい未来をつくっていきたい」と期待を込めて話している。
 問い合わせはホースパートナーズ(0532・43・6746)へ。
(飯塚雪)

引退馬の支援を呼び掛ける戸苅さん=豊橋市のスタートアップガレージで
引退馬の支援を呼び掛ける戸苅さん=豊橋市のスタートアップガレージで
詳しくはQRコードから支援サイトへ
詳しくはQRコードから支援サイトへ

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR