2019年11月15日(金)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  17℃   最低  8℃  /  日の出  06:23   日の入  16:45
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年11月15日(金)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  17℃   最低  8℃  /  日の出  06:23   日の入  16:45

蒲郡で16日「第1回花火甲子園」

愛知県初の花火競技大会への来場を呼び掛ける実行委員会の太田さん㊧と伊藤健二さん=豊橋市内で
愛知県初の花火競技大会への来場を呼び掛ける実行委員会の太田さん㊧と伊藤健二さん=豊橋市内で

 全国の若手花火師による競技大会「第1回花火甲子園」(実行委員会主催)が16日夜、蒲郡市海陽町の大塚海浜緑地「ラグーナビーチ」で開催される。職人たちが腕を競う花火競技が、愛知県で行われるのは初めて。深まる秋の夜空を彩る大輪を多くの人に見てもらおうと、実行委が来場を呼び掛けている。
 愛知県は花火が盛ん。江戸時代に庶民の間に広まったとされ、徳川家康が三河の衆に火薬の製造を任せたことが発展につながったと言われている。その一方で、これまで花火競技大会はなかった。
 このため、多くの人に親しまれる花火を用いて愛知の注目度を高め、活性化を図ろうと、県内の若手経済人、青年会議所メンバーが中心になって実行委員会をつくり開催。全国的には、秋田県の「全国花火競技大会 大曲の花火」などが知られている。
 花火競技大会は、各地の花火業者が集い、花火の大きさ、数量規制など同一ルールのもとで競い、採点で順位が決まる。
 花火甲子園には、北は秋田県、南は大分県まで各地の花火業者22社が出場、5号玉(創造花火)と10号玉(自由玉)で競う。打ち上げられた花火がイメージ通りかどうかや、ざん新さなどを審査。学識者や花火関係者らが審査員を務める。
 午後6時から始まり、オープニングに続き、花火競技が始まる。昨年度の大曲の花火で優勝(内閣総理大臣賞)した「菊屋小幡花火店」(群馬県)など、五つの花火を挟みながら打ち上げられる。約1時間半の予定。
 実行委員会の太田武明さんらは「若手花火師の登竜門となるような大会を目指していきたい」と意気込み、「県内で初の花火競技をぜひ見てほしい。今の時期は空が澄んでいるので、きれいに見えると思います」と話している。
 入場料は有料エリアが4000円。子どもたちに花火競技を知ってもらおうと、中学生以下は同エリアに入り無料で観覧できる。日中は音楽フェス(午後1時から5時半、同フェス付き入場券5500円)なども行われる。予備日は11月17日。詳細は大会ホームページ(花火甲子園で検索)へ。
(中村晋也)

 全国の若手花火師による競技大会「第1回花火甲子園」(実行委員会主催)が16日夜、蒲郡市海陽町の大塚海浜緑地「ラグーナビーチ」で開催される。職人たちが腕を競う花火競技が、愛知県で行われるのは初めて。深まる秋の夜空を彩る大輪を多くの人に見てもらおうと、実行委が来場を呼び掛けている。
 愛知県は花火が盛ん。江戸時代に庶民の間に広まったとされ、徳川家康が三河の衆に火薬の製造を任せたことが発展につながったと言われている。その一方で、これまで花火競技大会はなかった。
 このため、多くの人に親しまれる花火を用いて愛知の注目度を高め、活性化を図ろうと、県内の若手経済人、青年会議所メンバーが中心になって実行委員会をつくり開催。全国的には、秋田県の「全国花火競技大会 大曲の花火」などが知られている。
 花火競技大会は、各地の花火業者が集い、花火の大きさ、数量規制など同一ルールのもとで競い、採点で順位が決まる。
 花火甲子園には、北は秋田県、南は大分県まで各地の花火業者22社が出場、5号玉(創造花火)と10号玉(自由玉)で競う。打ち上げられた花火がイメージ通りかどうかや、ざん新さなどを審査。学識者や花火関係者らが審査員を務める。
 午後6時から始まり、オープニングに続き、花火競技が始まる。昨年度の大曲の花火で優勝(内閣総理大臣賞)した「菊屋小幡花火店」(群馬県)など、五つの花火を挟みながら打ち上げられる。約1時間半の予定。
 実行委員会の太田武明さんらは「若手花火師の登竜門となるような大会を目指していきたい」と意気込み、「県内で初の花火競技をぜひ見てほしい。今の時期は空が澄んでいるので、きれいに見えると思います」と話している。
 入場料は有料エリアが4000円。子どもたちに花火競技を知ってもらおうと、中学生以下は同エリアに入り無料で観覧できる。日中は音楽フェス(午後1時から5時半、同フェス付き入場券5500円)なども行われる。予備日は11月17日。詳細は大会ホームページ(花火甲子園で検索)へ。
(中村晋也)

愛知県初の花火競技大会への来場を呼び掛ける実行委員会の太田さん㊧と伊藤健二さん=豊橋市内で
愛知県初の花火競技大会への来場を呼び掛ける実行委員会の太田さん㊧と伊藤健二さん=豊橋市内で

カテゴリー:社会・経済 / イベント

 PR

PR