2020年09月29日(火)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  25℃   最低  20℃  /  日の出  05:43   日の入  17:37
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2020年09月29日(火)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  25℃   最低  20℃  /  日の出  05:43   日の入  17:37

豊川出身俳優・加藤啓さんが八南小で演劇指導

児童たちの演技にアドバイスする加藤さん㊥=八南小学校で
児童たちの演技にアドバイスする加藤さん㊥=八南小学校で

 豊川市出身の俳優・加藤啓さん(45)が5日、母校である八南小学校(小野清隆校長)を初めて訪れ、6年生児童約120人に演劇の指導を行った。子どもたちは卒業記念に、照れくさい気持ちを振り払って熱演ぶりを見せた。

 最近では人気ドラマ「おっさんずラブ」に出演し、映画監督の肩書も持つ加藤さんが、母校の後輩たちに熱血指導を展開した。
 児童らはグループごとに分かれて、日本の民話「さるかに合戦」を題材にしたストーリーの演劇に挑戦。サルやカニなどの登場キャラの配役を決めて、サルに母親を殺された子どものカニたちが、クリやウスなどの仲間の協力を得て仕返しを果たす物語を表現した。
 友達の視線を受けるとあり、1回目の発表では多くの子が照れ笑いを浮かべたり、セリフを忘れてしまい、加藤さんは「もうすぐ卒業なんだから、照れていても仕方ないよ。セリフをはっきりしゃべっていい思い出をつくろう」と呼び掛けた。
 児童らが自ら考えて体を動かして表現したり、ユーモアを取り入れる姿には「新しいことを試すことは本当にいい経験になるよ」と笑顔で絶賛。反省を生かした2回目の発表では見違えるほどの演技力を発揮し、拍手喝采で締めくくった。
 加藤さんは八南小、中部中を経て、時習館高校で演劇部に在籍。早稲田大学在学中に自ら劇団「拙者ムニエル」を結成し、100以上の舞台に出演したほか、豊川市内もロケ地となった映画「ねえこの凹(あなぼこ)にハマる音をちょうだい」の制作にも取り組んできた。子どもたちの演技に挑戦する姿に「勉強やスポーツ以外でも頑張れる機会になれば。友達の意外な一面に気付くきっかけにもなるはず」と期待した。
 児童らは「またやりたい!」と熱望し、曽田珠杏(しゅあん)さん(11)も「最初は戸惑ったけど、みんなで楽しくできて良かった。いい思い出になりました」と振り返った。
(由本裕貴)

 豊川市出身の俳優・加藤啓さん(45)が5日、母校である八南小学校(小野清隆校長)を初めて訪れ、6年生児童約120人に演劇の指導を行った。子どもたちは卒業記念に、照れくさい気持ちを振り払って熱演ぶりを見せた。

 最近では人気ドラマ「おっさんずラブ」に出演し、映画監督の肩書も持つ加藤さんが、母校の後輩たちに熱血指導を展開した。
 児童らはグループごとに分かれて、日本の民話「さるかに合戦」を題材にしたストーリーの演劇に挑戦。サルやカニなどの登場キャラの配役を決めて、サルに母親を殺された子どものカニたちが、クリやウスなどの仲間の協力を得て仕返しを果たす物語を表現した。
 友達の視線を受けるとあり、1回目の発表では多くの子が照れ笑いを浮かべたり、セリフを忘れてしまい、加藤さんは「もうすぐ卒業なんだから、照れていても仕方ないよ。セリフをはっきりしゃべっていい思い出をつくろう」と呼び掛けた。
 児童らが自ら考えて体を動かして表現したり、ユーモアを取り入れる姿には「新しいことを試すことは本当にいい経験になるよ」と笑顔で絶賛。反省を生かした2回目の発表では見違えるほどの演技力を発揮し、拍手喝采で締めくくった。
 加藤さんは八南小、中部中を経て、時習館高校で演劇部に在籍。早稲田大学在学中に自ら劇団「拙者ムニエル」を結成し、100以上の舞台に出演したほか、豊川市内もロケ地となった映画「ねえこの凹(あなぼこ)にハマる音をちょうだい」の制作にも取り組んできた。子どもたちの演技に挑戦する姿に「勉強やスポーツ以外でも頑張れる機会になれば。友達の意外な一面に気付くきっかけにもなるはず」と期待した。
 児童らは「またやりたい!」と熱望し、曽田珠杏(しゅあん)さん(11)も「最初は戸惑ったけど、みんなで楽しくできて良かった。いい思い出になりました」と振り返った。
(由本裕貴)

児童たちの演技にアドバイスする加藤さん㊥=八南小学校で
児童たちの演技にアドバイスする加藤さん㊥=八南小学校で

カテゴリー:社会・経済 / 地域・教育

 PR

PR