2020年04月05日(日)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  14℃   最低  9℃  /  日の出  05:31   日の入  18:14
文字の大きさ
バナー広告募集中
2020年04月05日(日)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  14℃   最低  9℃  /  日の出  05:31   日の入  18:14

田原の渥美農業高 ミニトマトでグローバルGAP取得

グローバルGAPの認証を取得し、山下市長らに報告した生徒ら=田原市役所で
グローバルGAPの認証を取得し、山下市長らに報告した生徒ら=田原市役所で

 全国屈指の農業地帯、田原市の県立渥美農業高校が、栽培しているミニトマトで農業生産工程の国際認証「グローバルGAP」を取得した。約1年かけて取り組み、県内の高校としては初めて。25日、生徒らが認証書を手に同市役所を訪れ、山下政良市長らに報告した。
 GAPは、「持続可能な農業」に向け、食品安全、環境保全、労働安全の3本柱に配慮した農業を実践する活動。グローバルGAPは、ドイツに本部を置く非営利組織がルールをつくっている。
 農産物を輸出する際には、多くの国でGAP認証の取得が求められている。東京五輪の選手村で使う食材の調達条件になったことでも知られる。
 生徒たちは、農業科と施設園芸科の3年生8人と2年生2人の計10人。2018(平成31)年12月、有志でGAP研修班を結成し、翌年1月から取り組みをスタートさせた。ミニトマトとトマトでグローバルGAPを取得している地元の農業関連会社イノチオホールディングスが支援した。
 「GAPを知る」学習会から始め、GAPの考え方で実習現場のリスクを探し、起こり得る頻度、対策の有無を調査。「農薬や肥料の記録を作る」「食中毒を防ぐために手洗いのやり方を決めて掲示する」など改善した。
 200を超えるチェック項目があり、昨年12月の審査では審査員から「GAPをしっかり理解している。完成度が高い」などと評価され、認証を得た。
 市役所には、片桐暁斗さんと青山貴哉さん、白井康暉さん、中原光太朗さん、石川冬弥さんの3年生5人と和田宗一郎さん、平河平さんの2年生2人が訪問。取り組みの様子を伝え、市長らの質問に答えた。3年生は卒業後、進学や就職。それぞれ取得の経験を生かし、進学する青山さんは「家業でもグローバルGAPの認証を取得したい」、農業関連企業に入社する石川さんは「農業をする人のために後方でサポートしたい」と話した。
 認証取得の取り組みは考えることが求められ、学校では、生徒の教材になるとし、今後も特産の菊で取得を目指す。担当の野々山翔太教諭は「ゆくゆくは地域の農家の皆さんに生徒がGAPの認証取得の指導をできればと思う。日本一の農業地域の農業高校として存在感が出るのでは」と話した。
 山下市長は「認証取得はすごいことだが、指導もできるようになれば素晴らしい」と期待を寄せた。
(中村晋也)

 全国屈指の農業地帯、田原市の県立渥美農業高校が、栽培しているミニトマトで農業生産工程の国際認証「グローバルGAP」を取得した。約1年かけて取り組み、県内の高校としては初めて。25日、生徒らが認証書を手に同市役所を訪れ、山下政良市長らに報告した。
 GAPは、「持続可能な農業」に向け、食品安全、環境保全、労働安全の3本柱に配慮した農業を実践する活動。グローバルGAPは、ドイツに本部を置く非営利組織がルールをつくっている。
 農産物を輸出する際には、多くの国でGAP認証の取得が求められている。東京五輪の選手村で使う食材の調達条件になったことでも知られる。
 生徒たちは、農業科と施設園芸科の3年生8人と2年生2人の計10人。2018(平成31)年12月、有志でGAP研修班を結成し、翌年1月から取り組みをスタートさせた。ミニトマトとトマトでグローバルGAPを取得している地元の農業関連会社イノチオホールディングスが支援した。
 「GAPを知る」学習会から始め、GAPの考え方で実習現場のリスクを探し、起こり得る頻度、対策の有無を調査。「農薬や肥料の記録を作る」「食中毒を防ぐために手洗いのやり方を決めて掲示する」など改善した。
 200を超えるチェック項目があり、昨年12月の審査では審査員から「GAPをしっかり理解している。完成度が高い」などと評価され、認証を得た。
 市役所には、片桐暁斗さんと青山貴哉さん、白井康暉さん、中原光太朗さん、石川冬弥さんの3年生5人と和田宗一郎さん、平河平さんの2年生2人が訪問。取り組みの様子を伝え、市長らの質問に答えた。3年生は卒業後、進学や就職。それぞれ取得の経験を生かし、進学する青山さんは「家業でもグローバルGAPの認証を取得したい」、農業関連企業に入社する石川さんは「農業をする人のために後方でサポートしたい」と話した。
 認証取得の取り組みは考えることが求められ、学校では、生徒の教材になるとし、今後も特産の菊で取得を目指す。担当の野々山翔太教諭は「ゆくゆくは地域の農家の皆さんに生徒がGAPの認証取得の指導をできればと思う。日本一の農業地域の農業高校として存在感が出るのでは」と話した。
 山下市長は「認証取得はすごいことだが、指導もできるようになれば素晴らしい」と期待を寄せた。
(中村晋也)

グローバルGAPの認証を取得し、山下市長らに報告した生徒ら=田原市役所で
グローバルGAPの認証を取得し、山下市長らに報告した生徒ら=田原市役所で

カテゴリー:社会・経済 / 地域・教育

 PR

PR