2020年04月05日(日)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  14℃   最低  9℃  /  日の出  05:31   日の入  18:14
文字の大きさ
バナー広告募集中
2020年04月05日(日)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  14℃   最低  9℃  /  日の出  05:31   日の入  18:14

東三河の企業と学生支援 豊橋で「モグジョブWeb企業セミナー」

合同企業説明会が中止になったのを受け、急きょ開かれたWeb企業セミナー=豊橋市駅前大通1で
合同企業説明会が中止になったのを受け、急きょ開かれたWeb企業セミナー=豊橋市駅前大通1で

 来春卒業の大学生の就職活動シーズンに入ったものの、新型コロナウイルスの感染拡大で東三河でも合同企業説明会が中止になったのを受け、地元の中小企業や事業者らが協力し合い22日、ウェブを活用した「モグジョブWeb企業セミナー」を豊橋市内で開いた。そこには「若い人材を東三河にとどめたい」という共通の思いがにじむ。
 今月9日、豊橋商工会議所などが予定していた合同企業説明会が中止となった。こうした状況を踏まえ、急きょ企画されたのがインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」のライブ配信機能を通した企業セミナーの生中継だった。
 東三河の大学生と企業が大学の学食で交流できるサービス「モグジョブ」の登録企業(約60社)を対象に募集。セミナーには、地元の製造業、オフィス機器販売業など7社が参加し、モグジョブに登録している大学生や配信を知った地元の学生らが視聴した。
 企業の担当者が順番に登壇し、会社の概要や事業内容、今後の説明会日程などをカメラに向かって語りかけた。学生からの質問もリアルタイムで受け付けた。企業のプレゼンテーションは収録され、モグジョブの記事情報ページに掲載、配信される。
 これらの撮影やライブ配信などすべて協力企業が負担し、参加企業の費用は無料で実現した。
 撮影、中継した映像制作のオレンジボックス(田原市田原町)の清田高博さんは、東三河の中小企業の人手不足に、新型肺炎が追い討ちをかけないかを懸念する。「地元企業を知らないまま、若い人材が東三河から流出してはならない。中小企業は地域の元気の源。今、僕らの持っているもので何かできないか」と考えた。司会を務めた豊橋市の映像クリエーター石川真梨さんも「説明会ができずに困っていた企業。ウェブセミナーが、学生にとって地元企業を知る入り口になれば」と話す。
 会場となった豊橋市駅前大通1の「MUSASHi Innovation Lab CLUE」も、地元企業や学生を応援している立場から協力を惜しまず、会場を提供。豊橋商工会議所とモグジョブを運営し、地元企業の認知度向上に尽くすタスキ(豊橋市中郷町)の種田憲人さんは「企業、学生をなんとかしてあげたい。その気持ちが協力につながりました」と言う。
 清田さんや石川さんらは、配信などウェブを活用した採用活動を身近に感じるきっかけとしても期待している。
 セミナーに登壇した産業廃棄物処理業の明輝クリーナー(豊橋市若松町)の担当者は「今月、4会場の合同企業説明会が中止になった。どうしたらいいのか、という時にウェブセミナーの話をいただき、ありがたかった」。ウェブの活用に「企業も学生も、まだ手探りだと思うが、手元のスマートフォンで見られ、移動時間や交通費を削減できるなど学生にも利点がある。ウェブの活用も考えていきたい」と話した。
(中村晋也)

 来春卒業の大学生の就職活動シーズンに入ったものの、新型コロナウイルスの感染拡大で東三河でも合同企業説明会が中止になったのを受け、地元の中小企業や事業者らが協力し合い22日、ウェブを活用した「モグジョブWeb企業セミナー」を豊橋市内で開いた。そこには「若い人材を東三河にとどめたい」という共通の思いがにじむ。
 今月9日、豊橋商工会議所などが予定していた合同企業説明会が中止となった。こうした状況を踏まえ、急きょ企画されたのがインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」のライブ配信機能を通した企業セミナーの生中継だった。
 東三河の大学生と企業が大学の学食で交流できるサービス「モグジョブ」の登録企業(約60社)を対象に募集。セミナーには、地元の製造業、オフィス機器販売業など7社が参加し、モグジョブに登録している大学生や配信を知った地元の学生らが視聴した。
 企業の担当者が順番に登壇し、会社の概要や事業内容、今後の説明会日程などをカメラに向かって語りかけた。学生からの質問もリアルタイムで受け付けた。企業のプレゼンテーションは収録され、モグジョブの記事情報ページに掲載、配信される。
 これらの撮影やライブ配信などすべて協力企業が負担し、参加企業の費用は無料で実現した。
 撮影、中継した映像制作のオレンジボックス(田原市田原町)の清田高博さんは、東三河の中小企業の人手不足に、新型肺炎が追い討ちをかけないかを懸念する。「地元企業を知らないまま、若い人材が東三河から流出してはならない。中小企業は地域の元気の源。今、僕らの持っているもので何かできないか」と考えた。司会を務めた豊橋市の映像クリエーター石川真梨さんも「説明会ができずに困っていた企業。ウェブセミナーが、学生にとって地元企業を知る入り口になれば」と話す。
 会場となった豊橋市駅前大通1の「MUSASHi Innovation Lab CLUE」も、地元企業や学生を応援している立場から協力を惜しまず、会場を提供。豊橋商工会議所とモグジョブを運営し、地元企業の認知度向上に尽くすタスキ(豊橋市中郷町)の種田憲人さんは「企業、学生をなんとかしてあげたい。その気持ちが協力につながりました」と言う。
 清田さんや石川さんらは、配信などウェブを活用した採用活動を身近に感じるきっかけとしても期待している。
 セミナーに登壇した産業廃棄物処理業の明輝クリーナー(豊橋市若松町)の担当者は「今月、4会場の合同企業説明会が中止になった。どうしたらいいのか、という時にウェブセミナーの話をいただき、ありがたかった」。ウェブの活用に「企業も学生も、まだ手探りだと思うが、手元のスマートフォンで見られ、移動時間や交通費を削減できるなど学生にも利点がある。ウェブの活用も考えていきたい」と話した。
(中村晋也)

合同企業説明会が中止になったのを受け、急きょ開かれたWeb企業セミナー=豊橋市駅前大通1で
合同企業説明会が中止になったのを受け、急きょ開かれたWeb企業セミナー=豊橋市駅前大通1で

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR