2021年12月02日(木)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  13℃   最低  6℃  /  日の出  06:40   日の入  16:39
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2021年12月02日(木)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  13℃   最低  6℃  /  日の出  06:40   日の入  16:39

国配布の布製マスク 東三河にも届く

職員から布製マスクを受け取る母親=豊橋市の「こども未来館ここにこ」で
職員から布製マスクを受け取る母親=豊橋市の「こども未来館ここにこ」で
マスクの発送作業=田原市で
マスクの発送作業=田原市で

 国が配布する布製マスクが、東三河の自治体にも届いている。各自治体は、第一便として妊婦や小さな子どものいる家庭などから配り始めた。一方、全世帯2枚ずつとしたマスクの全戸配布について、厚生労働省は感染者数が多い都道府県から、としており、各家庭に行き渡るのはまだ先のようだ。

 豊橋市には16日に1570枚のマスクが届いた。市こども保健課は、17日からホームページで妊婦と子育て世代へマスクの引き渡しを案内し、この日までに40人ほどの届け出があった。市は保健所と「こども未来館ここにこ」で、取りに来た妊婦と小さな子の母親に配布している。
 20日、母子手帳を受け取るタイミングでマスクを手にした母親は、市が配っていることを知らなかったという。「店で買えないので本当に助かります。仕事も休めないので、布マスクも無いよりはよい。買い物も行かないといけないから」と話した。市は郵送手続きも進めている。
 田原市では、妊婦対象のマスクを24日から郵送するための準備が進んでいた。看護職の「ママサポーター」手づくりのメッセージカードを添えて、不安を抱える妊婦の心に寄り添う。
 妊婦健診回数から外出回数が増える妊娠後期の時期の妊婦に届けていく。
 一方、この日新城市役所を訪れた70代男性は「布マスクはまだ届いていない。2枚では足りない。自宅に使い捨てマスクがあと20枚ほどしかない。節約のため、スーパーなど密集した場所へ行く以外は付けないようにしている」と話した。ドラッグストア「ゲンキー町並本町店」へマスクを買いに来た60歳女性は「布マスクが早く届けば良いが、2枚では足りない。夫と2人暮らしなので1人1枚だが、洗って乾かすと1日置きでしか使えない。早く薬局で買えるようにしてほしい」と訴えた。
 政府が配る妊婦用の布マスクは不良品が見つかっている。厚生労働省によると、汚れなどの報告が約1900件寄せられた。内容は黄ばみや髪の毛の混入など。
 田原市でも、15日に厚労省から届いた第一便の230枚を確認したところ、黒ずみやシミがついたマスクが10枚ほど見つかったという。
 菅義偉官房長官は20日の記者会見で「原因を調査中」と述べた。厚労省は目視での点検を徹底するとしている。
(取材班)

 国が配布する布製マスクが、東三河の自治体にも届いている。各自治体は、第一便として妊婦や小さな子どものいる家庭などから配り始めた。一方、全世帯2枚ずつとしたマスクの全戸配布について、厚生労働省は感染者数が多い都道府県から、としており、各家庭に行き渡るのはまだ先のようだ。

 豊橋市には16日に1570枚のマスクが届いた。市こども保健課は、17日からホームページで妊婦と子育て世代へマスクの引き渡しを案内し、この日までに40人ほどの届け出があった。市は保健所と「こども未来館ここにこ」で、取りに来た妊婦と小さな子の母親に配布している。
 20日、母子手帳を受け取るタイミングでマスクを手にした母親は、市が配っていることを知らなかったという。「店で買えないので本当に助かります。仕事も休めないので、布マスクも無いよりはよい。買い物も行かないといけないから」と話した。市は郵送手続きも進めている。
 田原市では、妊婦対象のマスクを24日から郵送するための準備が進んでいた。看護職の「ママサポーター」手づくりのメッセージカードを添えて、不安を抱える妊婦の心に寄り添う。
 妊婦健診回数から外出回数が増える妊娠後期の時期の妊婦に届けていく。
 一方、この日新城市役所を訪れた70代男性は「布マスクはまだ届いていない。2枚では足りない。自宅に使い捨てマスクがあと20枚ほどしかない。節約のため、スーパーなど密集した場所へ行く以外は付けないようにしている」と話した。ドラッグストア「ゲンキー町並本町店」へマスクを買いに来た60歳女性は「布マスクが早く届けば良いが、2枚では足りない。夫と2人暮らしなので1人1枚だが、洗って乾かすと1日置きでしか使えない。早く薬局で買えるようにしてほしい」と訴えた。
 政府が配る妊婦用の布マスクは不良品が見つかっている。厚生労働省によると、汚れなどの報告が約1900件寄せられた。内容は黄ばみや髪の毛の混入など。
 田原市でも、15日に厚労省から届いた第一便の230枚を確認したところ、黒ずみやシミがついたマスクが10枚ほど見つかったという。
 菅義偉官房長官は20日の記者会見で「原因を調査中」と述べた。厚労省は目視での点検を徹底するとしている。
(取材班)

職員から布製マスクを受け取る母親=豊橋市の「こども未来館ここにこ」で
職員から布製マスクを受け取る母親=豊橋市の「こども未来館ここにこ」で
マスクの発送作業=田原市で
マスクの発送作業=田原市で

カテゴリー:社会・経済 / 政治・行政

 PR

PR