2020年08月16日(日)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  38℃   最低  27℃  /  日の出  05:11   日の入  18:37
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2020年08月16日(日)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  38℃   最低  27℃  /  日の出  05:11   日の入  18:37

ロボット技術開発へ共同研究講座開設

記念品を交換した寺嶋学長㊧と永井社長=豊橋技術科学大学で
記念品を交換した寺嶋学長㊧と永井社長=豊橋技術科学大学で

 豊橋技術科学大学と新東工業(名古屋市中村区)は28日、学内に「新東工業先端融合ロボティクス共同研究講座」を開設した。新東工業のセンサー技術と学内の知見を合わせ、最先端のロボット技術の開発と、人材の育成を目指す。期間は2023年3月まで。新型コロナウイルスの影響で4カ月近く遅れた。
 両者は05年に研究連携協定を締結した。電気、機械分野を中心に研究開発、インターン生の受け入れなどを通じた人材育成を進めてきた。共同研究講座の予算は年間2000万円。エレクトロニクス先端融合研究所の澤田和明所長が研究を統括し、新東工業の2人を客員教授として迎え入れる。19年4月からはセンサー分野の共同研究を進めている。
 開設式には寺嶋一彦学長と、新東工業の永井淳社長らが出席。寺嶋学長は「共同研究講座は3例目。実用化に向けて加速することを期待している」と述べた。永井社長は「学生の柔軟な発想と、企業の使命を生かし、今後さらに大きく発展していく講座になれば」と述べた。
 この後、2人が記念品を交換した。豊橋技科大からは校名入りの前掛けが、新東工業からは富士山の絵が贈られた。そして記念撮影で握手を交わした。
 共同研究のテーマは五グループ。このうち、主要研究となるのが「マルチモーダルガスセンシング」だ。
 例えば、国内の工場には、気温や気圧などの数字だけでは分からない「勘」によって、その日の製品の出来不出来を予測するベテラン職人が数多くいる。機械が近く壊れることを言い当てる人もいる。その「勘」を可視化する研究だ。小さなチップの中に複数のセンサーを組み込み、それぞれが計測する数値をAI(人工知能)が解析する。そして、製品の出来不出来などと相関関係のある要素を割り出す。
 数多くのセンサーから得られる数値を調べれば、従業員の健康との関係がある要素の組み合わせなども可視化できる可能性もある。少子化の時代に欠かせない技術となる可能性を含んでいる。
 他に、大学が進めているサービスロボット、鋳造用ロボット、ロボット材料技術などの研究にも取り組む。また来年開催される「ワールドロボットチャレンジ」に挑むロボットの開発も共同で進める。
 大学側は、新東工業の中堅社員20人程度を対象に「センサーとIoT」「データサイエンス」「画像処理」「ディープラーニング」「ロボット制御」などを講義する。
【山田一晶】

 豊橋技術科学大学と新東工業(名古屋市中村区)は28日、学内に「新東工業先端融合ロボティクス共同研究講座」を開設した。新東工業のセンサー技術と学内の知見を合わせ、最先端のロボット技術の開発と、人材の育成を目指す。期間は2023年3月まで。新型コロナウイルスの影響で4カ月近く遅れた。
 両者は05年に研究連携協定を締結した。電気、機械分野を中心に研究開発、インターン生の受け入れなどを通じた人材育成を進めてきた。共同研究講座の予算は年間2000万円。エレクトロニクス先端融合研究所の澤田和明所長が研究を統括し、新東工業の2人を客員教授として迎え入れる。19年4月からはセンサー分野の共同研究を進めている。
 開設式には寺嶋一彦学長と、新東工業の永井淳社長らが出席。寺嶋学長は「共同研究講座は3例目。実用化に向けて加速することを期待している」と述べた。永井社長は「学生の柔軟な発想と、企業の使命を生かし、今後さらに大きく発展していく講座になれば」と述べた。
 この後、2人が記念品を交換した。豊橋技科大からは校名入りの前掛けが、新東工業からは富士山の絵が贈られた。そして記念撮影で握手を交わした。
 共同研究のテーマは五グループ。このうち、主要研究となるのが「マルチモーダルガスセンシング」だ。
 例えば、国内の工場には、気温や気圧などの数字だけでは分からない「勘」によって、その日の製品の出来不出来を予測するベテラン職人が数多くいる。機械が近く壊れることを言い当てる人もいる。その「勘」を可視化する研究だ。小さなチップの中に複数のセンサーを組み込み、それぞれが計測する数値をAI(人工知能)が解析する。そして、製品の出来不出来などと相関関係のある要素を割り出す。
 数多くのセンサーから得られる数値を調べれば、従業員の健康との関係がある要素の組み合わせなども可視化できる可能性もある。少子化の時代に欠かせない技術となる可能性を含んでいる。
 他に、大学が進めているサービスロボット、鋳造用ロボット、ロボット材料技術などの研究にも取り組む。また来年開催される「ワールドロボットチャレンジ」に挑むロボットの開発も共同で進める。
 大学側は、新東工業の中堅社員20人程度を対象に「センサーとIoT」「データサイエンス」「画像処理」「ディープラーニング」「ロボット制御」などを講義する。
【山田一晶】

記念品を交換した寺嶋学長㊧と永井社長=豊橋技術科学大学で
記念品を交換した寺嶋学長㊧と永井社長=豊橋技術科学大学で

カテゴリー:社会・経済 / 地域・教育

 PR

PR