2021年01月17日(日)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  10℃   最低  3℃  /  日の出  06:56   日の入  17:04
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2021年01月17日(日)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  10℃   最低  3℃  /  日の出  06:56   日の入  17:04

合流新党代表に枝野氏、党名は「立憲民主」

代表に決まり、あいさつする枝野氏(立憲民主党のHPから)
代表に決まり、あいさつする枝野氏(立憲民主党のHPから)
選挙管理委員として選挙手続きを説明する関氏(提供)
選挙管理委員として選挙手続きを説明する関氏(提供)

 立憲民主党や国民民主党などが解党し、合流する新党の代表選の投開票が10日、都内のホテルであり、立憲民主党の枝野幸男代表が、国民民主党の泉健太政調会長を破り、初代代表に選出された。新党の名称は枝野氏が提案していた「立憲民主党」となった。同党には衆参計149人の国会議員が所属している。
 新党代表と党名の選挙は、泉氏と枝野氏の所信表明演説があった。枝野氏は「命と暮らしを守るために、明日の暮らしに困っている人のために、理不尽な壁に苦しんでいる人のために。国民のために国民とともに戦う政党を、戦う仲間を、戦うチームを作っていこう。私は先頭に立って、日本の政治を必ず変えていく」などと訴えた。
 投票に先立ち、合流新党入りを表明していた関健一郎衆院議員(比例東海)が選挙管理委員として投票手続きを説明した。
 そして投票の結果、枝野氏が107票、泉氏が42票となり、枝野氏が当選。党名は「立憲民主党」が94票、「民主党」が54票となった。
 枝野氏はあいさつに立ち「いよいよプレーボールだ。今までと比べ物にならない大きな力を持ったが、私たちだけでは前に進んではいけない。できる限り地域に足を運び、暮らしの声を聞いてほしい。もしも臨時国会が首班指名だけで終わり、本格的な論戦から逃げるのなら、正面から受け止めて、国民の選択肢になろうではないか。国民とともに、国民のためにともに前に進んでいこう」などと述べた。
 合流新党は15日に結党大会を開く。衆院選に向けての態勢づくりが急務となる。新党に参加した立民88人、国民40人、無所属21人の計149人。このうち衆院議員は106人。
【山田一晶】

 関氏は立憲民主党の誕生と枝野幸男代表就任を受け、東愛知新聞社にコメントを寄せた。内容は以下の通り。

 これまでの「関健一郎という政治家を知ってもらい、理念政策を知ってもらい、党ではなく人を応援していただけるよう精進する」という姿勢に1㍉の変化もない。ただ、新たに決まった枝野代表の下、国民の皆さまに選択肢を示すことは私の衆議院議員としての義務だと考える。納得のいかないところは徹底的に改善を求めていくが「納得がいかないからやらない」ではなく、決まったことには従い、全力を尽くす所存です。

 立憲民主党や国民民主党などが解党し、合流する新党の代表選の投開票が10日、都内のホテルであり、立憲民主党の枝野幸男代表が、国民民主党の泉健太政調会長を破り、初代代表に選出された。新党の名称は枝野氏が提案していた「立憲民主党」となった。同党には衆参計149人の国会議員が所属している。
 新党代表と党名の選挙は、泉氏と枝野氏の所信表明演説があった。枝野氏は「命と暮らしを守るために、明日の暮らしに困っている人のために、理不尽な壁に苦しんでいる人のために。国民のために国民とともに戦う政党を、戦う仲間を、戦うチームを作っていこう。私は先頭に立って、日本の政治を必ず変えていく」などと訴えた。
 投票に先立ち、合流新党入りを表明していた関健一郎衆院議員(比例東海)が選挙管理委員として投票手続きを説明した。
 そして投票の結果、枝野氏が107票、泉氏が42票となり、枝野氏が当選。党名は「立憲民主党」が94票、「民主党」が54票となった。
 枝野氏はあいさつに立ち「いよいよプレーボールだ。今までと比べ物にならない大きな力を持ったが、私たちだけでは前に進んではいけない。できる限り地域に足を運び、暮らしの声を聞いてほしい。もしも臨時国会が首班指名だけで終わり、本格的な論戦から逃げるのなら、正面から受け止めて、国民の選択肢になろうではないか。国民とともに、国民のためにともに前に進んでいこう」などと述べた。
 合流新党は15日に結党大会を開く。衆院選に向けての態勢づくりが急務となる。新党に参加した立民88人、国民40人、無所属21人の計149人。このうち衆院議員は106人。
【山田一晶】

 関氏は立憲民主党の誕生と枝野幸男代表就任を受け、東愛知新聞社にコメントを寄せた。内容は以下の通り。

 これまでの「関健一郎という政治家を知ってもらい、理念政策を知ってもらい、党ではなく人を応援していただけるよう精進する」という姿勢に1㍉の変化もない。ただ、新たに決まった枝野代表の下、国民の皆さまに選択肢を示すことは私の衆議院議員としての義務だと考える。納得のいかないところは徹底的に改善を求めていくが「納得がいかないからやらない」ではなく、決まったことには従い、全力を尽くす所存です。

代表に決まり、あいさつする枝野氏(立憲民主党のHPから)
代表に決まり、あいさつする枝野氏(立憲民主党のHPから)
選挙管理委員として選挙手続きを説明する関氏(提供)
選挙管理委員として選挙手続きを説明する関氏(提供)

カテゴリー:政治・行政

 PR

PR