文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較

魅力的な東三河鉄道の旅

JR飯田線の「秘境駅号」
JR飯田線の「秘境駅号」
豊橋鉄道渥美線㊧、豊橋鉄道市内線
豊橋鉄道渥美線㊧、豊橋鉄道市内線
名鉄西尾蒲郡線
名鉄西尾蒲郡線

 県内で先行して人口減少を迎えている東三河地域の活性化のため、東三河県庁は、公共交通利用客の増加を図ろうと、鉄道専門雑誌などを活用した東三河ローカル鉄道のプロモーションを実施する。事業者を募っている。全国の鉄道ファンの呼び込みを起爆剤に、新しい生活様式の下でのブランド化につながるか。
 県は2019年度「東三河観光動態調査」をまとめた。それによると、当地への訪問は、自動車を使っての近隣からの日帰り旅行が大半を占めており、公共交通機関の利用客増、観光客の周遊性、滞在性の向上が課題と指摘された。鉄道で当地に来てもらい宿泊のうえで、エリア内の他の目的地を訪ねてもらう。
 そのために、鉄道専門雑誌などを活用した「東三河ローカル鉄道」のプロモーションに取り組むことになった。PR活動の舞台となる専門雑誌は「鉄道ファン」「鉄道ジャーナル」「旅と鉄道」などの趣味としていない人でも一度は聞いたことがあるものがある。民間が持つ豊富なノウハウを活用し、質の高い事業展開をするため公募で企画提案を募っている。
 県が定義する「東三河ローカル鉄道」は、JR飯田線、豊橋鉄道渥美線と市内線(市電)、名鉄豊川線と西尾蒲郡線。飯田線は「秘境駅」が複数あって、ツアーなども開催されることで全国にも知られる。私鉄各線はその魅力を発信し、利用客増につなげようと、ようと、地元団体や大学生らがPR活動に取り組んでいる。
 プロモーションでは、鉄道愛好家への訴求効果、関心を集めるイベントの内容、PR効果なども求められる。今月21日が県への締め切り期限で、企画提案書提出期限は6月4日、同月中旬に審査がある。
 「東三河ビジョン協議会」が今年3月にまとめた「主要プロジェクト推進プラン」によると、東三河地域のローカル鉄道は、秘境駅や「サイクルトレイン」などの特色ある取り組みやウオーキングイベント、地域住民と連携した利用促進イベントがある一方で、「利用者が減少している路線もあり、利用を促す取り組みが必要」と指摘する。
 そのうえで「鉄道駅を核にした重点的な観光振興」「隣接地域や鉄道事業者との連携強化により、東三河をめぐる新たな観光需要の喚起」「利便性向上に向けた環境改善を図り、官民連携による東三河ローカル鉄道のブランド化」などを目指す。特に東三河地域のPRポイントである「食」「健康」と組み合わせることで、働く世代向けの「健康増進プロジェクト」の具体化につなげる方針だ。
【山田一晶】

 県内で先行して人口減少を迎えている東三河地域の活性化のため、東三河県庁は、公共交通利用客の増加を図ろうと、鉄道専門雑誌などを活用した東三河ローカル鉄道のプロモーションを実施する。事業者を募っている。全国の鉄道ファンの呼び込みを起爆剤に、新しい生活様式の下でのブランド化につながるか。
 県は2019年度「東三河観光動態調査」をまとめた。それによると、当地への訪問は、自動車を使っての近隣からの日帰り旅行が大半を占めており、公共交通機関の利用客増、観光客の周遊性、滞在性の向上が課題と指摘された。鉄道で当地に来てもらい宿泊のうえで、エリア内の他の目的地を訪ねてもらう。
 そのために、鉄道専門雑誌などを活用した「東三河ローカル鉄道」のプロモーションに取り組むことになった。PR活動の舞台となる専門雑誌は「鉄道ファン」「鉄道ジャーナル」「旅と鉄道」などの趣味としていない人でも一度は聞いたことがあるものがある。民間が持つ豊富なノウハウを活用し、質の高い事業展開をするため公募で企画提案を募っている。
 県が定義する「東三河ローカル鉄道」は、JR飯田線、豊橋鉄道渥美線と市内線(市電)、名鉄豊川線と西尾蒲郡線。飯田線は「秘境駅」が複数あって、ツアーなども開催されることで全国にも知られる。私鉄各線はその魅力を発信し、利用客増につなげようと、ようと、地元団体や大学生らがPR活動に取り組んでいる。
 プロモーションでは、鉄道愛好家への訴求効果、関心を集めるイベントの内容、PR効果なども求められる。今月21日が県への締め切り期限で、企画提案書提出期限は6月4日、同月中旬に審査がある。
 「東三河ビジョン協議会」が今年3月にまとめた「主要プロジェクト推進プラン」によると、東三河地域のローカル鉄道は、秘境駅や「サイクルトレイン」などの特色ある取り組みやウオーキングイベント、地域住民と連携した利用促進イベントがある一方で、「利用者が減少している路線もあり、利用を促す取り組みが必要」と指摘する。
 そのうえで「鉄道駅を核にした重点的な観光振興」「隣接地域や鉄道事業者との連携強化により、東三河をめぐる新たな観光需要の喚起」「利便性向上に向けた環境改善を図り、官民連携による東三河ローカル鉄道のブランド化」などを目指す。特に東三河地域のPRポイントである「食」「健康」と組み合わせることで、働く世代向けの「健康増進プロジェクト」の具体化につなげる方針だ。
【山田一晶】

JR飯田線の「秘境駅号」
JR飯田線の「秘境駅号」
豊橋鉄道渥美線㊧、豊橋鉄道市内線
豊橋鉄道渥美線㊧、豊橋鉄道市内線
名鉄西尾蒲郡線
名鉄西尾蒲郡線

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR