2022年01月24日(月)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  12℃   最低  3℃  /  日の出  06:53   日の入  17:11
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2022年01月24日(月)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  12℃   最低  3℃  /  日の出  06:53   日の入  17:11

桜丘高生徒の活動を取り上げる 漫画「戦争めし」第7巻発売

「戦争めし7巻」と「戦争めしガイドブックとよはし」を持つ桜丘高校生徒会メンバー
「戦争めし7巻」と「戦争めしガイドブックとよはし」を持つ桜丘高校生徒会メンバー
戦争めし7巻
戦争めし7巻

 太平洋戦争下の食を紹介する漫画「戦争めし」(秋田書店)で、桜丘高校(豊橋市南牛川)生徒の活動を取り上げた単行本の第7巻が発売された。生徒から手紙を受けた原作者の魚乃目三太(うおのめ・さんた)=本名、小鯛光彦さん(46)=が昨年11月に学校を訪れて取材した。生徒たちは「学校で取り組んだ成果が本になるなんて」と感激している。
 同校は2020年度、戦時中の苦しみなどを当事者から受け継ぎ、生徒たちが未来の「語り部」の一端を担おうと「食」にスポットを当てたガイドブックを作った。タイトルは「戦争めし」。雑誌「ヤングチャンピオン烈」で連載中の同タイトルの漫画にちなみ、その豊橋版とした。
 企画に取り組んだ生徒10人が、生徒約1500人に家族へのアンケート調査を依頼し、855人から回答があった。当時の献立と食にまつわるエピソードは292話分に及んだ。その中から「サツマイモご飯」など、24話を掲載した小冊子を同年10月の文化祭に合わせて作り、学内で配った。
 魚乃目さんにはその前月の9月に手紙でガイドブックの作画協力を依頼した。実現しなかったが「戦争めし」の取り組みを題材にすることになり、11月25日に取材を受けた。
 漫画では「桜丘の想い灯」として5種類のエピソードを紹介。原爆の残り火「平和の火」を校内でともし続ける桜丘高校、漫画化への依頼、ガイドブックに掲載した「さつまいもゴハン」「イモ飴」「バナナの天ぷら」と、同校から豊川海軍工廠(こうしょう)に教員と生徒計406人が動員され、38人が亡くなったことを伝えた。
 生徒会長の3年、平川好流(いる)さん(17)は「戦争が終わって75年が過ぎ、この状況が平和であることを実感しています。当時はご飯で生き延びたことを知りました」と話した。
 顧問の小林寿来さんは「生徒と一緒に抱いた夢がかなった。食を通して命と平和を学ぶ活動が実を結んだ」と振り返り、「平和のバトンを受け継ぎ、後世に伝える活動は続けたい。次は歴史ある地元の食品会社と連携も考えたい」と展望を語った。
 作者の魚乃目さんは「生徒たちの活動が他の学校や世代に広まっていくことを期待します。身近な場所にある戦争遺跡を訪れて家族で話し合って考える機会が増えれば」と話した。
【安藤聡】

 太平洋戦争下の食を紹介する漫画「戦争めし」(秋田書店)で、桜丘高校(豊橋市南牛川)生徒の活動を取り上げた単行本の第7巻が発売された。生徒から手紙を受けた原作者の魚乃目三太(うおのめ・さんた)=本名、小鯛光彦さん(46)=が昨年11月に学校を訪れて取材した。生徒たちは「学校で取り組んだ成果が本になるなんて」と感激している。
 同校は2020年度、戦時中の苦しみなどを当事者から受け継ぎ、生徒たちが未来の「語り部」の一端を担おうと「食」にスポットを当てたガイドブックを作った。タイトルは「戦争めし」。雑誌「ヤングチャンピオン烈」で連載中の同タイトルの漫画にちなみ、その豊橋版とした。
 企画に取り組んだ生徒10人が、生徒約1500人に家族へのアンケート調査を依頼し、855人から回答があった。当時の献立と食にまつわるエピソードは292話分に及んだ。その中から「サツマイモご飯」など、24話を掲載した小冊子を同年10月の文化祭に合わせて作り、学内で配った。
 魚乃目さんにはその前月の9月に手紙でガイドブックの作画協力を依頼した。実現しなかったが「戦争めし」の取り組みを題材にすることになり、11月25日に取材を受けた。
 漫画では「桜丘の想い灯」として5種類のエピソードを紹介。原爆の残り火「平和の火」を校内でともし続ける桜丘高校、漫画化への依頼、ガイドブックに掲載した「さつまいもゴハン」「イモ飴」「バナナの天ぷら」と、同校から豊川海軍工廠(こうしょう)に教員と生徒計406人が動員され、38人が亡くなったことを伝えた。
 生徒会長の3年、平川好流(いる)さん(17)は「戦争が終わって75年が過ぎ、この状況が平和であることを実感しています。当時はご飯で生き延びたことを知りました」と話した。
 顧問の小林寿来さんは「生徒と一緒に抱いた夢がかなった。食を通して命と平和を学ぶ活動が実を結んだ」と振り返り、「平和のバトンを受け継ぎ、後世に伝える活動は続けたい。次は歴史ある地元の食品会社と連携も考えたい」と展望を語った。
 作者の魚乃目さんは「生徒たちの活動が他の学校や世代に広まっていくことを期待します。身近な場所にある戦争遺跡を訪れて家族で話し合って考える機会が増えれば」と話した。
【安藤聡】

「戦争めし7巻」と「戦争めしガイドブックとよはし」を持つ桜丘高校生徒会メンバー
「戦争めし7巻」と「戦争めしガイドブックとよはし」を持つ桜丘高校生徒会メンバー
戦争めし7巻
戦争めし7巻

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR