2021年10月24日(日)  /  本日の予報  曇り  /  最高  20℃   最低  11℃  /  日の出  06:03   日の入  17:05
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2021年10月24日(日)  /  本日の予報  曇り  /  最高  20℃   最低  11℃  /  日の出  06:03   日の入  17:05

飲酒後に出産の医療行為した問題

マミーローズクリニック=豊橋市高洲町で28日
マミーローズクリニック=豊橋市高洲町で28日
NICUの赤ちゃん(提供。一部画像を処理しています)
NICUの赤ちゃん(提供。一部画像を処理しています)

赤ちゃんが頭部内出血、父親に聞いた

 豊橋市高洲町の産婦人科・小児科「マミーローズクリニック」で7月、男性院長(68)が飲酒した状態でお産の医療行為をし、生まれた赤ちゃんの頭に血がたまるなどする「医療事故」があった。40代の父親が今月上旬、名古屋市で記者会見し、多くのメディアが報道した。父親はこのほど、東愛知新聞の取材に応じ、当時の様子について語った。
 父親によると、赤ちゃんは男の子で、NICU(新生児集中治療室)に入っている。予断は許さないが、もうすぐ退院できる見通しだ。救急搬送された時は、自発呼吸もできない状態だったという。
 20代の妻は、クリニックをかかりつけ医にしていた。「ホームページなどを見て、赤ちゃんのことを考えてくれるところだと思ったから」と言う。ただ、態度がぞんざいなスタッフや、検査時に手荒い扱いをする院長など、不審に思うこともあった。
 予定日は7月26日。「順調に育っている」と聞かされ、安心していた。やがて陣痛が始まり、指導に従って25日午前5時半にクリニックへ。まだ出産まで時間がかかることが分かり、病院側の勧めで院内で待機することになった。
 昼過ぎになって陣痛促進剤が投与された。そして午後8時ごろ「赤ら顔で酒臭い」院長が現れた。父親は「この人が妻を診療するのか」と衝撃を受けたという。
 父親によると、立ち会っていた助産師は、胎児が「降りてきていない」と伝えたものの、院長は胎児を吸引する手術を数回繰り返した。そして、最終的には鉗子(かんし)を使って赤ちゃんを取り出した。
 赤ちゃんは産声を上げたが次第に息苦しそうになり、豊橋市民病院に救急搬送された。父親によると、頭部が変形し、むくんでいるように見えたという。この間、クリニックでは母親のレントゲン写真が準備されていなかったほか、保育器に電源が入っていなかったり、心拍のモニターも作動しなかったりした。
 父親が録音した手術直後の院長とのやりとりでは、最初は飲酒を否定していたものの詰め寄られた結果「ビールは飲んでいた」「酔っ払うほどではない」などと答えていた。
 父親は「信頼していた医療全体に不信感が募っている。産婦人科医は酒を飲むなと言っているのではない。その後で勤務があることが分かっていて飲むのはおかしい。未来のある子どもの命を危険にさらしたのは許せない」と述べた。今後も追及を続けるとしている。
【山田一晶】

赤ちゃんが頭部内出血、父親に聞いた

 豊橋市高洲町の産婦人科・小児科「マミーローズクリニック」で7月、男性院長(68)が飲酒した状態でお産の医療行為をし、生まれた赤ちゃんの頭に血がたまるなどする「医療事故」があった。40代の父親が今月上旬、名古屋市で記者会見し、多くのメディアが報道した。父親はこのほど、東愛知新聞の取材に応じ、当時の様子について語った。
 父親によると、赤ちゃんは男の子で、NICU(新生児集中治療室)に入っている。予断は許さないが、もうすぐ退院できる見通しだ。救急搬送された時は、自発呼吸もできない状態だったという。
 20代の妻は、クリニックをかかりつけ医にしていた。「ホームページなどを見て、赤ちゃんのことを考えてくれるところだと思ったから」と言う。ただ、態度がぞんざいなスタッフや、検査時に手荒い扱いをする院長など、不審に思うこともあった。
 予定日は7月26日。「順調に育っている」と聞かされ、安心していた。やがて陣痛が始まり、指導に従って25日午前5時半にクリニックへ。まだ出産まで時間がかかることが分かり、病院側の勧めで院内で待機することになった。
 昼過ぎになって陣痛促進剤が投与された。そして午後8時ごろ「赤ら顔で酒臭い」院長が現れた。父親は「この人が妻を診療するのか」と衝撃を受けたという。
 父親によると、立ち会っていた助産師は、胎児が「降りてきていない」と伝えたものの、院長は胎児を吸引する手術を数回繰り返した。そして、最終的には鉗子(かんし)を使って赤ちゃんを取り出した。
 赤ちゃんは産声を上げたが次第に息苦しそうになり、豊橋市民病院に救急搬送された。父親によると、頭部が変形し、むくんでいるように見えたという。この間、クリニックでは母親のレントゲン写真が準備されていなかったほか、保育器に電源が入っていなかったり、心拍のモニターも作動しなかったりした。
 父親が録音した手術直後の院長とのやりとりでは、最初は飲酒を否定していたものの詰め寄られた結果「ビールは飲んでいた」「酔っ払うほどではない」などと答えていた。
 父親は「信頼していた医療全体に不信感が募っている。産婦人科医は酒を飲むなと言っているのではない。その後で勤務があることが分かっていて飲むのはおかしい。未来のある子どもの命を危険にさらしたのは許せない」と述べた。今後も追及を続けるとしている。
【山田一晶】

マミーローズクリニック=豊橋市高洲町で28日
マミーローズクリニック=豊橋市高洲町で28日
NICUの赤ちゃん(提供。一部画像を処理しています)
NICUの赤ちゃん(提供。一部画像を処理しています)

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR