2021年10月25日(月)  /  本日の予報  曇時々雨  /  最高  20℃   最低  15℃  /  日の出  06:04   日の入  17:04
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2021年10月25日(月)  /  本日の予報  曇時々雨  /  最高  20℃   最低  15℃  /  日の出  06:04   日の入  17:04

馬2頭が豊橋の街中を散歩

法律を守り、歩道ではなく駐車場でたたずむスタールビー。女性2人は通りすがりで、触って喜んでいた=豊橋市花田一番町で19日午前11時40分
法律を守り、歩道ではなく駐車場でたたずむスタールビー。女性2人は通りすがりで、触って喜んでいた=豊橋市花田一番町で19日午前11時40分
サクラは万貴子さんに促されて前脚を上げた
サクラは万貴子さんに促されて前脚を上げた
2頭と豊川堤防道路を散歩する洋治さん(提供)
2頭と豊川堤防道路を散歩する洋治さん(提供)

 日曜の午前、豊橋西駅から会社に向かって歩いていたら、豊橋市花田一番町の蒲郡信用金庫花田支店前駐車場で、馬が2頭、たたずんでいた。道行く人が体を触っても、じっとしている。これでも中核市の大通りだ。なぜ馬が? 一緒にいたのは飼い主の金田洋治さんと万貴子さん夫妻(小向町)。思わず声をかけた。26日までは動物愛護週間。
 週に1回の散歩で、休憩中なのだという。万貴子さんによると、大きい方が「スタールビー」で8歳のせん馬。道産子の血統らしい。小さい方は「サクラ」で15歳の雌のポニー。
 散歩を始めたのは12年前。国道23号から西駅に出て、豊橋港線を通る1周4~5㌔のコースを巡る。サクラにはまたがらず、自転車で手綱を持って並走する。数年前にスタールビーが来てからは、夫妻のどちらかがまたがって走る時もある。
 道路交通法上は馬は軽車両扱い。法令を順守し、車道の左側を走っている。パトカーの警察官も笑って手を振ってくれることもあるという。犬の散歩で問題になるのは「ふん」だ。どうしているのか聞くと「ボロは袋に入れて持ち帰ります」と万貴子さん。
 動画を見せてもらった。自転車の洋次さんがくつわを取って、サクラとともに県道502号を北に疾走していた。かなり速い。別の動画では、洋次さんがスタールビーにまたがり、青信号の横断歩道を渡っていた。
 2頭ともおとなしい。年上のサクラは取材中、立ったまま寝てしまったようだ。万貴子さんに促され、前脚で「お手」をしてみせた。「おかわり」もできた。自宅近くの吉田方小学校の児童が、定期的に絵を描きに来る。穏やかな性格で、じっとしているので格好のモデルらしい。
 話を聞いていた15分の間、数人が近寄ってきて、2頭をなでた。だが「見たことがある」という人はいなかった。インターネットでもほとんど情報がない。数年前に本紙の記者が取材したことがあると金田夫妻は言う。一瞬で通り過ぎるので、散歩道の沿線にいないと、巡り合うのは難しいのだろうか。
 「それでも最近は、ちょっと有名になってきて。『見ると幸運に恵まれる』なんて話も」とのことだった。あなたも運が良ければ、目撃できるかもしれない。
【山田一晶】

 日曜の午前、豊橋西駅から会社に向かって歩いていたら、豊橋市花田一番町の蒲郡信用金庫花田支店前駐車場で、馬が2頭、たたずんでいた。道行く人が体を触っても、じっとしている。これでも中核市の大通りだ。なぜ馬が? 一緒にいたのは飼い主の金田洋治さんと万貴子さん夫妻(小向町)。思わず声をかけた。26日までは動物愛護週間。
 週に1回の散歩で、休憩中なのだという。万貴子さんによると、大きい方が「スタールビー」で8歳のせん馬。道産子の血統らしい。小さい方は「サクラ」で15歳の雌のポニー。
 散歩を始めたのは12年前。国道23号から西駅に出て、豊橋港線を通る1周4~5㌔のコースを巡る。サクラにはまたがらず、自転車で手綱を持って並走する。数年前にスタールビーが来てからは、夫妻のどちらかがまたがって走る時もある。
 道路交通法上は馬は軽車両扱い。法令を順守し、車道の左側を走っている。パトカーの警察官も笑って手を振ってくれることもあるという。犬の散歩で問題になるのは「ふん」だ。どうしているのか聞くと「ボロは袋に入れて持ち帰ります」と万貴子さん。
 動画を見せてもらった。自転車の洋次さんがくつわを取って、サクラとともに県道502号を北に疾走していた。かなり速い。別の動画では、洋次さんがスタールビーにまたがり、青信号の横断歩道を渡っていた。
 2頭ともおとなしい。年上のサクラは取材中、立ったまま寝てしまったようだ。万貴子さんに促され、前脚で「お手」をしてみせた。「おかわり」もできた。自宅近くの吉田方小学校の児童が、定期的に絵を描きに来る。穏やかな性格で、じっとしているので格好のモデルらしい。
 話を聞いていた15分の間、数人が近寄ってきて、2頭をなでた。だが「見たことがある」という人はいなかった。インターネットでもほとんど情報がない。数年前に本紙の記者が取材したことがあると金田夫妻は言う。一瞬で通り過ぎるので、散歩道の沿線にいないと、巡り合うのは難しいのだろうか。
 「それでも最近は、ちょっと有名になってきて。『見ると幸運に恵まれる』なんて話も」とのことだった。あなたも運が良ければ、目撃できるかもしれない。
【山田一晶】

法律を守り、歩道ではなく駐車場でたたずむスタールビー。女性2人は通りすがりで、触って喜んでいた=豊橋市花田一番町で19日午前11時40分
法律を守り、歩道ではなく駐車場でたたずむスタールビー。女性2人は通りすがりで、触って喜んでいた=豊橋市花田一番町で19日午前11時40分
サクラは万貴子さんに促されて前脚を上げた
サクラは万貴子さんに促されて前脚を上げた
2頭と豊川堤防道路を散歩する洋治さん(提供)
2頭と豊川堤防道路を散歩する洋治さん(提供)

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR