文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較

大村知事選定の県政10大ニュース

東三河スタートアップ推進協議会との連携協定(10月)
東三河スタートアップ推進協議会との連携協定(10月)

 大村秀章知事は自ら選んだ「県政10大ニュース」を発表した。
 ▽新型コロナウイルス対策=県民の生命と健康を最優先に、ありとあらゆる対策を実施。医療提供体制の充実、ワクチン接種の推進、県緊急事態措置の発出など。
 ▽ジブリパーク構想がさらに前進=もののけの里エリア、魔女の谷エリアの整備工事に着手。
 ▽スタートアップ・エコシステムの推進=国内外の連携による「愛知発イノベーションを目指す=STATION Ai(ステーション・エーアイ)の整備、東三河スタートアップ推進協議会との連携協力、健康長寿社会形成ビジなど。
 ▽産業首都あいちのさらなる強化=ワールドロボットサミット2021、ロボカップアジアパシフィック2021の開催。あいちロボットトランスフォーメーションとして実証実験やデモンストレーションを実施。
 ▽2025年夏オープンに向けた新県体育館整備の着実な推進=整備・運営業者の決定など。
 ▽国内外から注目されるスポーツ大会の開催=第20回アジア競技大会の追加競技にスケートボードなど4種目決定など。
 ▽国際芸術祭「あいち2022」の開催に向けた取り組み。
 ▽環境首都あいちのさらなる推進=カーボンニュートラルの実現に向けたプロジェクトに着手。
 ▽交通ネットワークの整備促進=中部空港沖公有水面埋立事業の承認、国際空港将来構想推進会議の設置など。
 ▽その他=安心・安全な愛知の実現、DXの推進、観光戦略の推進など。
(後藤康之)

 大村秀章知事は自ら選んだ「県政10大ニュース」を発表した。
 ▽新型コロナウイルス対策=県民の生命と健康を最優先に、ありとあらゆる対策を実施。医療提供体制の充実、ワクチン接種の推進、県緊急事態措置の発出など。
 ▽ジブリパーク構想がさらに前進=もののけの里エリア、魔女の谷エリアの整備工事に着手。
 ▽スタートアップ・エコシステムの推進=国内外の連携による「愛知発イノベーションを目指す=STATION Ai(ステーション・エーアイ)の整備、東三河スタートアップ推進協議会との連携協力、健康長寿社会形成ビジなど。
 ▽産業首都あいちのさらなる強化=ワールドロボットサミット2021、ロボカップアジアパシフィック2021の開催。あいちロボットトランスフォーメーションとして実証実験やデモンストレーションを実施。
 ▽2025年夏オープンに向けた新県体育館整備の着実な推進=整備・運営業者の決定など。
 ▽国内外から注目されるスポーツ大会の開催=第20回アジア競技大会の追加競技にスケートボードなど4種目決定など。
 ▽国際芸術祭「あいち2022」の開催に向けた取り組み。
 ▽環境首都あいちのさらなる推進=カーボンニュートラルの実現に向けたプロジェクトに着手。
 ▽交通ネットワークの整備促進=中部空港沖公有水面埋立事業の承認、国際空港将来構想推進会議の設置など。
 ▽その他=安心・安全な愛知の実現、DXの推進、観光戦略の推進など。
(後藤康之)

東三河スタートアップ推進協議会との連携協定(10月)
東三河スタートアップ推進協議会との連携協定(10月)

カテゴリー:政治・行政

 PR

PR