文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較

「鬼フィギュア」発売 モリさんと奉仕堂印刷がコラボ

鬼のフィギュアを手掛けたモリシゲオさん㊨と奉仕堂印刷の白井社長=奉仕堂印刷で
鬼のフィギュアを手掛けたモリシゲオさん㊨と奉仕堂印刷の白井社長=奉仕堂印刷で
「鬼フィギュア」発売 モリさんと奉仕堂印刷がコラボ

 豊橋市出身で「怪獣アーティスト」のモリシゲオさん(62)が、奉仕堂印刷(神野新田町、白井秀昌社長)の社内事業部とのコラボレーション企画で「鬼」のフィギュアを発売した。迫力ある表情など仕上がりもリアルだ。東三河では神社の祭礼に鬼が登場するなど、独自の親和性が育まれてきた。モリさんは「この文化を東三河から発信したい」という。

 ゴジラやウルトラマンシリーズなど数多くの怪獣フィギュアを手掛けたモリさんが、長年温め続けたアイデアが東三河各地の「鬼」をモチーフにしたフィギュアだ。
 奉仕堂印刷の社内事業部「奉仕堂」をブランディングや販売窓口として3月、同社インターネットサイトで発売した。
 本体は合成樹脂製で高さ約23㌢と大きいが、愛くるしい2頭身だ。型作りに約1カ月、表面仕上げに約1週間かかる。表情のしわやくぼみ、筋骨隆々の体躯などリアルな質感にこだわった。
 逆立った頭髪は毛の流れまで細かく表した。アニメ「ドラゴンボール」の主人公が変身する「超(スーパー)サイヤ人」をヒントにした。コミカルな2頭身と表情の怖さとの落差は、怪獣フィギュアで培った「リアルデフォルメ」の集大成で「コワカワイイ」の境地を目指したという。
 生まれ育った豊橋で奇祭「豊橋鬼祭」や東栄町の「花祭」などの鬼たちに愛着を感じていたという。東三河をはじめ三遠南信地域では各地の神社で祭礼に登場する鬼に親しみを込めて「鬼さん」などと呼ぶ。
 モリさんは「アニメで鬼がブームになり、世界にも発信できる有力な地域資源だ。奥三河の『花祭』や縁起物のだるまなど幅広い題材に挑みたい」と話す。
 赤鬼は1体28万8000円(税別)、派生品で手のひらサイズ(3000円)などもある。詳細は同社ホームページ=QRコード=かSNSで。
【加藤広宣】

 豊橋市出身で「怪獣アーティスト」のモリシゲオさん(62)が、奉仕堂印刷(神野新田町、白井秀昌社長)の社内事業部とのコラボレーション企画で「鬼」のフィギュアを発売した。迫力ある表情など仕上がりもリアルだ。東三河では神社の祭礼に鬼が登場するなど、独自の親和性が育まれてきた。モリさんは「この文化を東三河から発信したい」という。

 ゴジラやウルトラマンシリーズなど数多くの怪獣フィギュアを手掛けたモリさんが、長年温め続けたアイデアが東三河各地の「鬼」をモチーフにしたフィギュアだ。
 奉仕堂印刷の社内事業部「奉仕堂」をブランディングや販売窓口として3月、同社インターネットサイトで発売した。
 本体は合成樹脂製で高さ約23㌢と大きいが、愛くるしい2頭身だ。型作りに約1カ月、表面仕上げに約1週間かかる。表情のしわやくぼみ、筋骨隆々の体躯などリアルな質感にこだわった。
 逆立った頭髪は毛の流れまで細かく表した。アニメ「ドラゴンボール」の主人公が変身する「超(スーパー)サイヤ人」をヒントにした。コミカルな2頭身と表情の怖さとの落差は、怪獣フィギュアで培った「リアルデフォルメ」の集大成で「コワカワイイ」の境地を目指したという。
 生まれ育った豊橋で奇祭「豊橋鬼祭」や東栄町の「花祭」などの鬼たちに愛着を感じていたという。東三河をはじめ三遠南信地域では各地の神社で祭礼に登場する鬼に親しみを込めて「鬼さん」などと呼ぶ。
 モリさんは「アニメで鬼がブームになり、世界にも発信できる有力な地域資源だ。奥三河の『花祭』や縁起物のだるまなど幅広い題材に挑みたい」と話す。
 赤鬼は1体28万8000円(税別)、派生品で手のひらサイズ(3000円)などもある。詳細は同社ホームページ=QRコード=かSNSで。
【加藤広宣】

鬼のフィギュアを手掛けたモリシゲオさん㊨と奉仕堂印刷の白井社長=奉仕堂印刷で
鬼のフィギュアを手掛けたモリシゲオさん㊨と奉仕堂印刷の白井社長=奉仕堂印刷で
「鬼フィギュア」発売 モリさんと奉仕堂印刷がコラボ

カテゴリー:社会・経済 / 芸能・文化

 PR

PR