2019年11月22日(金)  /  本日の予報  曇のち雨  /  最高  15℃   最低  9℃  /  日の出  06:30   日の入  16:42
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年11月22日(金)  /  本日の予報  曇のち雨  /  最高  15℃   最低  9℃  /  日の出  06:30   日の入  16:42

政治・行政 記事一覧

待望の新施設完成

新城の千郷児童クラブ5カ所分散を集約 新城市が同市杉山地内で建設していた「千郷児童クラブ」の施設が完成した。これまで市立千郷小学校内外の5カ所に分散していたクラブが1つの専用施設に集約。市ではニーズに応えて当初の計画より2年前倒して整備し、定員を40人増やして計160人が26日から利用を始める。 市は…

待望の新施設完成

 豊橋市は、第10次市交通安全計画アクションプランを策定した。プランの期間は、新年度から同計画最終年度にあたる2020年度まで3カ年。年間の交通事故死者数10人以下と交通事故の削減を目標に高齢者、生活道路に焦点を当てた対策を講じ、交通事故(人身事故)の県内ワースト1返上を目指す。 同市は2015(平成2…

 豊橋市が浄水技術の改善を指導していたインドネシアのソロク市で、浄水場から飲める水道水の生産が可能となった。日本では当たり前だが、飲める水道水のなかった同国。ソロク市などから「インドネシアの奇跡」と称賛、感謝され、継続支援の要望を受けている。 国際協力機構(JICA)草の根技術協力事業に採択され、…

インドネシア・ソロク市「奇跡の水道水」

 渥美半島、旧渥美郡にあった「旧赤羽根町」(現・田原市)が今年、町制の施行から60年の節目を迎える。町史などの記録に基づいて、赤羽根町誕生の端緒をひも解く。 赤羽根町は1958(昭和33)年、旧赤羽根村の町制施行により誕生。記録上、当時の人口は7355人(男3523人、3832人)で約1320世帯あっ…

渥美半島「旧赤羽根町」の歴史たどる

 PR

PR