2018年08月21日(火)  /  本日の予報  晴後曇  /  最高  32℃   最低  24℃  /  日の出  05:15   日の入  18:32
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年08月21日(火)  /  本日の予報  晴後曇  /  最高  32℃   最低  24℃  /  日の出  05:15   日の入  18:32

カテゴリー:PR

 奥三河国定公園、涼しさを運ぶ渓流、夏の風物詩、アユ釣り、ヤナ場でのアユのつかみどり等々、これらの風景を紹介し、新城市の観光推進をはかるため、「広見ヤナとその周辺 の風景」の写真を募集いたします。 多数の応募をお待ちしています。●期間●平成30年8月1日~8月31日を対象とし期間内に撮影した作品●題材…

寒狭川広見ヤナ写真コンクール

芸能・文化 記事一覧

 豊橋に本格的な夏の訪れを告げる祭礼「豊橋祇園祭」(同祭奉賛会主催)が20日、豊橋市関屋町の吉田神社で幕を開けた。夕方から伝統の手筒花火が境内で奉納され、噴き上がる火柱と火の粉に大勢の観客から拍手とどよめきが沸き起こった。 この日は日没前から、氏子8カ町が参加して神前花火奉納が始まった。 各町の揚げ…

豊橋祇園祭が開幕 手筒花火を奉納

蒲郡市生命の海科学館で特別展 蒲郡市生命の海科学館で、南極の国際科学観測60周年を伝える特別展「南極大陸」が開かれている。氷の下にある広大な大地から発掘された化石など20点と貴重な画像を展示している。11月4日まで。 今年3月に南極観測に関する国際組織「南極研究科学委員会(SCAR)」が設立60周年を迎え…

「南極大陸」の貴重な資料紹介

 幕末の外交官として活動した新城ゆかりの岩瀬忠震(ただなり、1818-1861)を紹介する企画展が、新城市設楽原歴史資料館で開かれている。生誕200年を記念し、忠震が描いた書画など30点を展示している。9月14日まで。 岩瀬忠震は江戸時代に設楽原(新城市東郷地区)を拠点とした旗本・設楽貞丈の3男として…

新城市設楽原歴史資料館で岩瀬忠震展

 豊橋市関屋町の吉田神社で20日から3日間行われる祭礼「豊橋祇園祭」に向け、伝統の手筒花火作りなど氏子町内で準備が進んでいる。また、祇園祭に合わせ、同神社の下社、新本町の輪くぐり神社入口に立てる「見通し」が70年ぶりに新築された。手筒花火作りが佳境 20日夜に行われる神前花火奉納に向け、氏子8カ町による…

20日から3日間「豊橋祇園祭」

 PR

PR