2018年09月22日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  27℃   最低  21℃  /  日の出  05:38   日の入  17:48
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年09月22日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  27℃   最低  21℃  /  日の出  05:38   日の入  17:48

芸能・文化 記事一覧

 幕末の外交官として活動した新城ゆかりの岩瀬忠震(ただなり、1818-1861)を紹介する企画展が、新城市設楽原歴史資料館で開かれている。生誕200年を記念し、忠震が描いた書画など30点を展示している。9月14日まで。 岩瀬忠震は江戸時代に設楽原(新城市東郷地区)を拠点とした旗本・設楽貞丈の3男として…

新城市設楽原歴史資料館で岩瀬忠震展

 豊橋市関屋町の吉田神社で20日から3日間行われる祭礼「豊橋祇園祭」に向け、伝統の手筒花火作りなど氏子町内で準備が進んでいる。また、祇園祭に合わせ、同神社の下社、新本町の輪くぐり神社入口に立てる「見通し」が70年ぶりに新築された。手筒花火作りが佳境 20日夜に行われる神前花火奉納に向け、氏子8カ町による…

20日から3日間「豊橋祇園祭」

東三河の文化を語る会が意見交換 東三河の文化を語る会(豊田俊充会長)は14日、豊橋市民文化会館で「第22回講演会 シンポジウム 東三河の文化・伝統を受け継ぐために」(東愛知新聞社など後援)を開催。同市立豊城中学校の人形浄瑠璃部などによる事例報告やシンポジウムなどを通し、地元文化を後世に残すために何が必…

地元文化を後世へ受け継ぐために

7日から豊橋小市民寄席

 落語愛好者でつくる豊橋落語天狗連による「第39回豊橋小市民寄席」が7、8両日、豊橋市公会堂で開かれる。出演は26人でアマチュアが大半だが、見せる芸の稽古には余念がなく、毎年、楽しみにしている人も多い。 メンバーには大阪弁で落語をする鶴橋減滅渡(へるめっと)さんらがいる一方で、地元の三河弁で新作落語を…

7日から豊橋小市民寄席

 PR

PR