2019年07月24日(水)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  32℃   最低  24℃  /  日の出  04:54   日の入  18:59
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年07月24日(水)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  32℃   最低  24℃  /  日の出  04:54   日の入  18:59

芸能・文化 記事一覧

 新城市下吉田の満光寺で、浜松市出身の日本画家・草笛由美子さん(67)の作品展「井伊直虎展」が開かれている。草木染で柔らかなタッチで描かれた30点が展示され、訪れた人たちを和ませている。5月15日まで。 草笛さんは滋賀県守山市にアトリエを構え、和紙に草木を煮出した染液で彩色する絵を描いている。今回は同寺…

新城満光寺で草笛さん「井伊直虎展」

 豊橋少年少女合唱団(田辺菜美子代表)は8日、豊橋市ライフポートとよはしで「第38回定期演奏会」(東愛知新聞社など後援)を開いた。合唱劇やアニメソングなどを伸びやかな歌声で約550人の観客に届けた。 豊橋市と蒲郡市の小・中学生、高校生の団員25人が、息の合ったハーモニーを響かせた。 合唱団のテーマソン…

豊橋少年少女合唱団が定期演奏会

 渥美半島、伊良湖岬を舞台にした詩人・島崎藤村の叙情詩「椰子(やし)の実」を現代に再現するヤシの実投流行事の返還対面式が8日、田原市伊良湖町の伊良湖シーパーク&スパで行われた。 行事は詩の一節に由来。応募した参加者らがヤシの実の持ち主となり、詩に登場する「遠き島」に見立てた沖縄県石垣島の沖合から、…

田原でヤシの実流しの対面交流式

 豊橋を全国有数の製糸のまちに発展させた女性起業家・小淵しち(1847-1929年)の波乱の人生を描いた市民劇「ひとすじの糸」(6月24・25日)に女工役で出演する若者らが8日、豊橋市大井町で、座って糸を取る座繰りを体験した。 劇は、郷土の偉人を次世代に伝えるため演劇を制作、上演する市民団体「ひとすじ…

豊橋で「ひとすじの糸」上演を控え、女工役の若者7人座繰り体験

 PR

PR