2017年08月17日(木)  /  本日の予報  曇り  /  最高  31℃   最低  23℃  /  日の出  05:12   日の入  18:36
文字の大きさ
共越
2017年08月17日(木)  /  本日の予報  曇り  /  最高  31℃   最低  23℃  /  日の出  05:12   日の入  18:36

カテゴリー:PR

 奥三河国定公園、涼しさを運ぶ渓流、夏の風物詩、アユ釣り、ヤナ場でのアユのつかみどり等々、これらの風景を紹介し、新城市の観光推進をはかるため、「広見ヤナとその周辺 の風景」の写真を募集いたします。 多数の応募をお待ちしています。【期 間】平成29年8月1日~8月31日を対象とし期間内に撮影した作品…

寒狭川「広見ヤナ写真コンクール」

特集 記事一覧

チェックポイント

カテゴリー:特集

どうする?人口減と田原のまちづくり 田原市議会が合併前旧3町の3会場に分かれて開催した市民との意見交換会。テーマは「人口減少する中でのまちづくり」として、各会場に議員6人ずつ、全議員が参加した。 市内各家庭に配られている議会の広報誌などで周知はなされていたが、集まった市民は全体で30人(田原会場2人…

真夏のゾクッと小噺④

豊島池(豊島が池)の大蛇 伝承や昔話の題材に多く、信仰の対象としても知られているヘビ。田原市亀山地区に存在した豊島池では、大蛇に関係する言い伝えがある。 「三河の民話」(1978年、未来社)にある「豊島が池の主」では、六蔵という者が亀山の石塔山で獲物のイノシシを鉄砲で撃ち、命中。確認するとそこには1…

真夏のゾクッと小噺④

真夏のゾクっと小噺③

豊川・牛久保のけさがけ地蔵 豊川市牛久保地区の善光庵。ここに、肩のあたりから頭部のない不思議な地蔵がある。少し怖いが、何とも頼もしい言い伝えがある。 約500年前、地元に地蔵をまつり、毎日お参りする渡辺太郎左衛門という名の侍がいた。ある日、隣の八幡村へ出掛けた日の帰り。本野ケ原に差し掛かったあたり…

真夏のゾクっと小噺③

駅との共存で定住促進へ イオンモール進出予定地の北約300㍍には、名鉄豊川線・八幡駅がある。豊川市は人口減対策で、鉄道駅を生かしたコンパクトシティの推進と定住促進事業を進めるが、大型商業施設・イオンモールとの共存も大きなカギを握る。「日本一若いまち」長久手市は一つのモデルケースだ。 豊川市は八幡の…

豊川市イオンモール進出 光と影⑤

 PR

PR