2017年10月22日(日)  /  本日の予報  暴風雨  /  最高  21℃   最低  18℃  /  日の出  06:02   日の入  17:07
文字の大きさ
共越
2017年10月22日(日)  /  本日の予報  暴風雨  /  最高  21℃   最低  18℃  /  日の出  06:02   日の入  17:07

カテゴリー:PR

 東愛知新聞社は豊橋まつり協賛行事として「第42回豊橋歌謡選手権大会」を豊橋市公会堂で開催する予定でしたが、台風21号の影響で、豊橋まつり22日の予定が全て中止となりました。出場者皆さんの安全も考慮し、協賛の豊橋歌謡選手権大会も中止といたします(※順延もありません)。今回は、まことに残念ですが、また…

特集 記事一覧

東三河で最初に誕生した行楽地「長山遊園地」 戦前、豊川市上長山町の飯田線・長山駅近くに「長山遊園地」という東三河で最初に誕生した行楽地が存在した。 当時、飯田線を運営していた私鉄の豊川鉄道は、1930(昭和5)年に上長山町の水神平あたりの野生ツツジが生息する丘陵地を開発。「つつじ公園」として整備し…

一九三七年 飯田線開通 愛されて80年⑤

カテゴリー:特集

中曽根元総理が揮ごう豊橋市名誉市民 上村千一郎氏 「うえせん」の愛称で親しまれた上村千一郎氏は、1912(明治45)年1月17日、現在の田原市福江町に生まれた。成章中学(現高校)から早稲田大学に進み、卒業後は豊橋で弁護士を開業するかたわら「盤境青年塾」を開設して、人材の育成に情熱を傾けた。 戦後は愛大…

永遠に刻まれた人々 ほのくに銅像物語②

ミニチュアワールドカフェ 三遠南信地方へ進むと山間部に秘境駅があり、鉄道ファンの来訪も多い飯田線。豊川市一宮町の三河一宮駅近くの国道151号沿いに、そんなファンの心をつかんだ飲食店「ミニチュアワールドカフェ」がある。 店内はジオラマ一色。90席あるカフェスペースのテーブルは透明ケースで覆われ、中には…

一九三七年 飯田線開通 愛されて80年④

カネトの功績を伝える豊川一宮西部小の演劇 豊川市一宮町の一宮西部小学校(柴田斉子校長)では、学校のすぐ隣を飯田線が走る。その飯田線にまつわる偉人伝を演劇で再現し、人権について学ぶ機会があった。 総合的な学習の発表の場として、毎年11月に開く「もちの木まつり」。昨年、当時の6年生たちに学年主任の佐々木…

一九三七年 飯田線開通 愛されて80年③

 PR

PR