東愛知新聞 題字

釣りナビ・タイトル
浜名湖でのっこみのクロダイ
 ○メバル、ヒラメ狙い目:神島周り
 ○良型アジやアカムツ:大山沖
 各地から花便り。東三河の桜は今週末が見頃か。海も日増しに暖かくなり、やや活気が出てきた。三河湾沿岸は相変わらず強風に悩まされる日が多いが、浜名湖ではのっこみのクロダイ、キビレがコンスタントに上がり出した。沖釣りでは大山沖の良型アジ、中深海のアカムツ、神島周りのメバル、ヒラメがねらい目だ。昼間は暖かいが、朝夕はまだ冬の寒さが残っている。釣行には寒さ対策も忘れずに。
(後藤康之)
平成27年3月27日掲載



【伊良湖周辺】
気温は上がって来たが、強風で釣りにならない日が多く、釣果もイマイチ。伊良湖港や福江港、西の浜の護岸や消波ブロック周りのアイナメ、カサゴ、夜釣りのメバルがポツポツ釣れている程度だ。穏やかな日が続いて水温が上がってくれば釣果も上向く。もう少しの辛抱だ。
(福江・渥美釣具センター=0531−32−2992)


【国道橋周辺】
キビレを釣り上げた白柳さん(右)とホシガレイをゲットした足立さん(いずれも「あけぼの釣具」提供)
クロダイ5匹をゲットした鈴木さん(「あけぼの釣具」提供)
のっこみのクロダイ、キビレの食いが活発になって来た。20日は名坂清太郎さんが3番ミオの船釣りで43.5センチを頭にクロダイ4匹、鈴木斗真さんが1番の陸釣りで47センチを頭にクロダイ5匹を釣った。また、3番ミオの船釣りでは21日、伊藤正寿さんが46センチを頭にクロダイ3匹をあげたほか、22日は村田徹さんが40.5センチを頭にキビレ6匹、坪井勇太さんが40センチを頭にキビレ4匹をゲットした。さらに22日は鈴木智さんが1番ミオの陸釣りでもクロダイ49センチを上げている。餌はボケと白チロリ。
(舞阪・あけぼの釣具=053−592−4164)


【神島周り】
メバル、ヒラメが釣れている。21日午後便は、岡崎市の池田さんらの乗合でヒラメ釣りに出船。18〜56センチのヒラメを0〜2匹、船中で5匹と、80センチのワラサを同1匹釣り上げた。また、22日は桑名市の岩田さんらの乗合でメバル釣りに出船。18〜29センチのメバルを24〜41匹釣った。
(神島・喜代恵丸=0599−38−2088)
【大山沖】
豊橋の村井さんが釣り上げたアカムツ(「丸万釣船」提供)
豊橋の村井さんが釣り上げたアカムツ(「丸万釣船」提供)
中深海釣りでアカムツ、サビキ釣りでアジが釣れている。21日は豊橋市の村井弘明さんら9人の乗合で中深海のアカムツを狙って出船。35〜56センチのアカムツを3〜9匹、船中で49匹釣った。また、サビキ釣りは豊橋市の横田肇さんら6人の乗合で25〜39センチの良型アジを20〜34匹釣った。
(赤羽根・丸万釣船=0531−37−0499)




まいぷれ(MY PLACE MY PLEASURE) 豊橋
クロスメディアディレクトリ