東愛知新聞 題字

釣りナビ・タイトル
伊良湖港でコウナゴの新子
 探り釣りでアイナメ   西の浜 
 メバルやアジなど好調   神島周り 

 満開の桜が葉桜に変わり、このまま春本番へ一直線と思いきや、強烈な寒の戻り。そんな中で伊良湖港ではコウナゴの新子が接岸。サビキ釣りで釣れ出し、西の浜の波除ブロック周りではアイナメ、カサゴが顔を見せ始めた。また、沖釣りではメバルとともにアジやサバも。しかし、まだほんのハシリ。昔から「八十八夜の魚ぞろえ」というように、やはり本格的なシーズン入りはゴールデンウイーク前後からか。あと少しの辛抱だ。
(後藤康之)
平成26年4月11日掲載



【伊良湖港・西の浜】
水温が上がり、少し魚が動き出した。伊良湖港内では7日ごろから7〜8センチのコウナゴの新子が回遊、サビキ釣りでよい人は100匹前後釣っている。
 また、西の浜の海岸線の波除ブロック周りでは探り釣り(穴釣り)で20〜25センチのアイナメが1〜2匹、15〜18センチのカサゴが10匹前後釣れている。
 そのほか、9日は地元の釣り人が中電渥美火力発電所のボート釣りで25〜30センチのアイナメを5匹釣った。
(福江・渥美釣具センター=0531−32−2992)
【白谷・片浜】
戻り寒波と強風でまだ釣り人がない。動き出すのはゴールデンウイーク前頃からか。来週中ごろから生エサを仕入れる予定。
(豊島・畑野釣具=0531−22−1496)


【今切口・国道橋周辺】
のっこみクロダイが好調。今切口・新居堤ではイワガニのエサで20〜30センチのクロダイが2〜5匹釣れている。
 また、新居港の市場まではコウナゴが回遊。サビキ釣りで5〜8センチのコウナゴが20〜100匹の釣果。鳥居前の夜釣りではアオイソメ、ジャムシのエサで25〜40センチのセイゴが1〜5匹釣れている。
(新居・大橋屋=053−594−0252)


【神島周り】
中根さんが釣り上げたメバル(「喜代恵丸」提供)
中根さんが釣り上げたメバル(「喜代恵丸」提供)
メバルが好調。5日午後便は西尾市の中根さんら8人の乗合で出船。19〜30センチのメバルを38〜62匹と、25〜38センチのマアジを4〜9匹、17〜26センチのカサゴを5〜7匹の釣果だった。
(神島・喜代恵丸=0599−38−2088)
【大山沖】
浜松の安永さん、堀井さんが釣り上げたマダイ(「丸万釣船」提供)
浜松の安永さん、堀井さんが釣り上げたマダイ(「丸万釣船」提供)
エサ釣りでアジ、サバ、ルアー釣りでマダイ、シーバスが釣れている。8日は新城市の原田通道さんら7人の乗合でエサ釣りに出船。23〜33センチのアジを5〜30匹と、35〜38センチのサバを船中10匹、25〜35センチのカサゴを3〜11匹釣った。また、5日は浜松市の安永翔さん、堀井健次さんら3人の乗合でルアー釣りに出船。50〜53センチのマダイを船中2匹と、65センチのシーバスを同1匹の釣果だった。
(赤羽根・丸万釣船=0531−37−0499)
【大山沖】
アジ、マダイ、サバが釣れている。8日は豊橋市の手嶋敏明さんら4人の乗合で久々の出船。18〜35センチのアジを15〜33匹と、33〜40センチのマダイを船中3匹、40〜41センチのサバを同2匹の釣果だった。
(赤羽根・釣船五郎丸=0531−45−3637)
【伊良湖沖】
メバル、アジが釣れている。7日は美和町の沢田万里奈さんら4人の乗合で出船。17〜31センチのメバルを52〜78匹と、24〜29センチのアジを4〜6匹のほか、カサゴも釣った。
(師崎・すずえい丸=0569−63−0775)
【天竜沖】
先週末は釣況が悪く休船。今週末は海況をみて、よければチョウカ狙いで出船する。もう少し水温があがればアカムツ釣りが有望。
(新居・勝芳丸=053−594−3833)




東三河で家を建てるなら 住まいラボ
クロスメディアディレクトリ