東愛知新聞 題字

釣りナビ・タイトル
大山沖ではアラやアカムツ好調
 ○船釣りでキビレ、マダカ:国道橋周辺など
 ○コンスタントにマダイ:神島周り
 各地で30度を超す真夏日を記録、季節は一足飛びに真夏へ。それに合わせたように夏魚が顔をそろえ、三河湾沿岸ではキスが釣れだし、伊良湖港や浜名湖ではサビキ釣りの豆アジも。浜名湖ではキビレ、マダカ、大山沖の中深海釣りではアラ、アカムツが好調だ。いよいよ本格的な夏の陣だ。しかし、この時期は太陽が強く、紫外線も多い。熱中症と日焼けには注意したい。
(後藤康之)
平成27年5月22日掲載



【伊良湖周辺】
伊良湖港内のサビキ釣りで豆アジが釣れだした。5〜8センチとやや小さいが、アジだけで20〜30匹、ヒイラギやサバを含めると30〜50匹は釣れる。また、港内のチョイ投げでも16〜20センチのキスが釣れだし、メゴチやヒイラギを含め20〜30匹は釣れる。キスは西の浜の投げ釣りでも釣れ始めた。こちらは16〜20センチがレギュラーサイズでメゴチなども交じり30匹前後釣れる。 そのほか、福江漁港沖の漁礁周りでは、ボート釣りで8〜12センチの豆アジ、10〜13センチのカタクチイワシが50〜100匹釣れている。表浜のキスは台風の影響で情報なし。
(福江・渥美釣具センター=0531−32−2992)
【白谷・片浜】
白谷、片浜ともにサヨリが依然好調。25センチ前後が中心で30〜50匹釣れる。また、片浜ではウルメイワシ、カタクチイワシが回遊、サビキ釣りで20〜30匹釣れる。豆アジも入っている。
(豊島・畑野釣具=0531−22−1496)


【国道橋周辺・庄内湖】
庄内湖でキビレをゲットした白柳さん(「あけぼの釣具」提供)
庄内湖でキビレを
ゲットした白柳さん
国道橋周辺でマゴチなど釣り上げた高柳さん(「あけぼの釣具」提供)
国道橋周辺でマゴチなど釣り上げた高柳さん
(いずれも「あけぼの釣具」提供)
国道橋周辺、庄内湖の船釣りでマゴチ、キビレ、マダカが釣れている。国道橋周辺では11日、高柳力勇さんが3番ミオのルアー釣りで48センチを頭にマゴチ3匹と44センチのキビレ、16日は田口広美さんが1番ミオでクロダイ45センチ、17日は大久保良宏さんが3番ミオのルアー釣りでマダカ67センチ、18日は上村新一さんが1番ミオのルアーで69センチを頭にマダカ3匹とクロダイをあげた。また、庄内湖では12日、白柳茂也さんが42センチを頭にキビレ5匹、16日は坪井勇太さんが39センチを頭にキビレ3匹をあげた。
(舞阪・あけぼの釣具=053−592−4164)
【新居港・海釣り公園】
新居港や海釣り公園ではサビキでカタクチイワシや豆アジ、投げ釣りでキスが釣れているほか、タコも釣れだした。また、瀬戸ではサイマキ(クルマエビ)の餌で40〜60センチのセイゴ・マダカが釣れている。
(新居・浦島釣具=053−594−1918)


【神島周り】
マダイがコンスタントに上がっている。16日午前便は4人の乗合で25〜58センチのマダイを2〜6匹と、46〜52センチのマゴチを船中4匹、41センチのクロダイを同1匹の釣果だった。
(神島・喜代恵丸=0599−38−2088)
【大山沖】
中深海釣りでアラを釣り上げた田中さん(「丸万釣船」提供)
中深海釣りでアラを釣り上げた田中さん(「丸万釣船」提供)
中深海釣りでアラ、アカムツ、餌釣りでアジ、サバが釣れている。17日は中深海釣りに湖西市の田中さんら5人の乗合で出船。58〜67センチのアラを船中6匹、33〜43センチのアカムツを同3匹釣った。 また、餌釣り船は、太原市の安井謙吉さんら3人の乗合で20〜30センチのアジを24〜78匹と、35〜40センチのサバを11〜30匹の釣果だった。
(赤羽根・丸万釣船=0531−37−0499)




まいぷれ(MY PLACE MY PLEASURE) 豊橋
クロスメディアディレクトリ