東愛知新聞 題字

釣りナビ・タイトル
伊良湖港でのっこみクロダイ
 ○投げ釣りのキスが開始:西の浜
 ○中深海釣りで特大アラ:大山沖
 爽やかな五月晴れの下、田植えの終わった田んぼの近くでツバメが飛び交っているのを今年初めて見た。この陽気に誘われ、伊良湖港では、遅れていたのっこみクロダイが顔見せ、西の浜の投げ釣りではキス釣りがスタートした。また、三河湾内の白谷・片浜では豆アジが釣れ出した。一方、沖釣りでは神島周りのウタセ・マダイ釣りが好調。大山沖の中深海釣りでは7.8キロの特大アラが上がった。いよいよ本格的な釣りシーズンだ。
(後藤康之)
平成28年5月20日掲載



【伊良湖周辺】
伊良湖港内で遅れていたのっこみクロダイが釣れ出した。紀州釣り、団子釣りが主流で30〜40センチのクロダイが2〜3匹釣れている。また、ぶっこみ釣り、チョイ投げ釣りでは手のひら級のヘダイが5〜10匹釣れる。アオリイカもちらほら上がっている。また、西の浜では投げ釣りのキスがスタート。13〜17センチとやや小ぶりだが5〜10匹釣れている。
(福江・渥美釣具センター=0531−32−2992)
【白谷・片浜】
先週まで釣れていたサヨリは数が出なくなり、代わって豆アジが釣れ出した。2〜3センチの極小サイズだが、サビキで40〜70匹釣れている。そのほか、投げ釣りでキス、堤防の探り釣りでアイナメの新子も釣れ出した。
(豊島・畑野釣具=0531−22−1496)


【国道南】
海釣り公園や新居港のサビキ釣りで豆アジが好調。5〜10センチがレギュラーサイズで50〜150匹の釣果。また、同公園や新居港の網干場周辺ではマダコが釣れ出した。タコテンヤ釣りで0.3〜1キロ前後が2〜5匹釣れる。そのほか、今切口の落とし込み釣りでは、イワガニ、カラス貝の餌で20〜40センチのクロダイが1〜5匹釣れている。
(新居・大橋屋=053−594−0252)
クロダイを釣り上げた大久保さん
クロダイを釣り上げた大久保さん
3番ミオでマダカをゲットした西山さん
3番ミオでマダカをゲットした西山さん
(いずれも「あけぼの釣具」提供)
【3番ミオ】
3番ミオの船釣りで8日、浜松市の西山さんがマダカ77センチを釣り上げた。餌はサイマキ。また14日は同市の大久保良弘さんがルアーでクロダイ44センチをゲットした。
(舞阪・あけぼの釣具=053−592−4164)


【神島周り】
うたせマダイが本格化してきた。16日午前便は新城市の滝川さんらの乗合で23〜43センチのマダイを6〜13匹と、36〜40センチのクロダイを船中3匹、41センチのアイナメを同1匹。また、18日午後便は岡崎市の森さんらの乗合で25〜60センチのマダイを2〜10匹と、78センチ、80センチのワラサが各1匹上がった。全体に小型が多いが数は上がっている。
(神島・喜代恵丸=0599−38−2088)
蒲郡の清水さんは7.8キロのアラを釣り上げ満面の笑顔(「丸万釣船」提供)
蒲郡の清水さんは7.8キロのアラを釣り上げ満面の笑顔(「丸万釣船」提供)
【大山沖】
餌釣りでイサキ、アジが釣れている。18日は新城市の原田さんら3人の乗合で25〜33センチのイサキを1〜5匹と23〜35センチのアジを3〜8匹の釣果。また、同日の中深海釣りは蒲郡市の清水一成さんら4人の乗合で出船。清水さんが7.8キロのアラを釣り上げたのをはじめ、1.62キロを頭にアカムツを船中4匹釣り上げた。
(赤羽根・丸万釣船=0531−37−0499)




まいぷれ(MY PLACE MY PLEASURE) 豊橋
クロスメディアディレクトリ