2017年11月22日(水)  /  本日の予報  曇後雨  /  最高  13℃   最低  6℃  /  日の出  06:31   日の入  16:42
文字の大きさ
共越
2017年11月22日(水)  /  本日の予報  曇後雨  /  最高  13℃   最低  6℃  /  日の出  06:31   日の入  16:42

拍手喝采 豊橋章南中生徒有志の「ヲタ芸」

暗闇に浮かび上がるサイリウムの線、ダイナミックなパフォーマンスが会場を沸かした=プラットで
暗闇に浮かび上がるサイリウムの線、ダイナミックなパフォーマンスが会場を沸かした=プラットで
ヲタ芸有志「ヲタ芸で学校を盛り上げ隊」=同
ヲタ芸有志「ヲタ芸で学校を盛り上げ隊」=同

 ヲタ芸で学校の知名度アップ-。豊橋市立章南中学校の生徒有志が市内のイベントなどでダイナミックで繊細なパフォーマンスを披露している。「オタクがやるダサいもの」と見られがちなイメージを覆すグループは「ヲタ芸で学校を盛り上げ隊」だ。穂の国とよはし芸術劇場プラットで23日にあった「小中学生による芸能フェスティバル」。1、2年生の男女計30人が「夢灯籠」(君の名は。)や「紅蓮の弓矢」(進撃の巨人)などを披露すると、会場から大きな拍手が送られた。 
 ヲタ芸は、アイドルのコンサートなどで熱烈なファンが繰り広げる独特の踊り。「サイリウム」と呼ばれるピンクや青に光る棒を両手に持つことで見せるパフォーマンスへと進化を遂げている。
 盛り上げ隊結成のきっかけは、昨年の野外キャンプ。自粛したトーチトワリングの代わりになればと、水鳥由記子教諭が発案した。振りは大学時代にヒップホップ経験があった水鳥教諭が動画で研究し、公募で集まった1年生13人に指南。キャンプファイアで「千本桜」を踊り、大好評で幕を下ろした。
 「初めて格好いいと言われた」。アニメオタクのキャプテン、2年井上陽耀さん(13)は笑う。他のメンバーも会場の盛り上がりが忘れられず継続を望み、以後、学校行事で踊り続けてきた。
 今年は、1年生ら新メンバーも募集し、6月には夜店(納涼まつり)、8月にこども未来館ここにこなど校外のイベントでも出演を始めた。
 夏休みには、サッカー部や陸上部など、それぞれの部の練習後、午後から2~3時間をヲタ芸の練習に当てている。
 大きく足を開き、踏ん張りながら手を大きく振り回すため、体全体が筋肉痛。井上さんの足裏にはまめができていた。
 「体はきついけど、乗り越えた先に観客が感動してくれるのがやりがい」と2年中神姫ヘムさん(14)。技の完成度を上げるため、日々、練習を積んでいる。
 ただ、メンバーの頭を悩ますのはサイリウムの費用。使い捨ての上、曲の途中で色を変えることもあり、1曲で1人4本を使うこともある。30人で120本。それでも、オファーがあれば出演したいという。井上さんは「ヲタ芸で豊橋を盛り上げたい」。メンバーの挑戦は続く。
(飯塚雪)

 ヲタ芸で学校の知名度アップ-。豊橋市立章南中学校の生徒有志が市内のイベントなどでダイナミックで繊細なパフォーマンスを披露している。「オタクがやるダサいもの」と見られがちなイメージを覆すグループは「ヲタ芸で学校を盛り上げ隊」だ。穂の国とよはし芸術劇場プラットで23日にあった「小中学生による芸能フェスティバル」。1、2年生の男女計30人が「夢灯籠」(君の名は。)や「紅蓮の弓矢」(進撃の巨人)などを披露すると、会場から大きな拍手が送られた。 
 ヲタ芸は、アイドルのコンサートなどで熱烈なファンが繰り広げる独特の踊り。「サイリウム」と呼ばれるピンクや青に光る棒を両手に持つことで見せるパフォーマンスへと進化を遂げている。
 盛り上げ隊結成のきっかけは、昨年の野外キャンプ。自粛したトーチトワリングの代わりになればと、水鳥由記子教諭が発案した。振りは大学時代にヒップホップ経験があった水鳥教諭が動画で研究し、公募で集まった1年生13人に指南。キャンプファイアで「千本桜」を踊り、大好評で幕を下ろした。
 「初めて格好いいと言われた」。アニメオタクのキャプテン、2年井上陽耀さん(13)は笑う。他のメンバーも会場の盛り上がりが忘れられず継続を望み、以後、学校行事で踊り続けてきた。
 今年は、1年生ら新メンバーも募集し、6月には夜店(納涼まつり)、8月にこども未来館ここにこなど校外のイベントでも出演を始めた。
 夏休みには、サッカー部や陸上部など、それぞれの部の練習後、午後から2~3時間をヲタ芸の練習に当てている。
 大きく足を開き、踏ん張りながら手を大きく振り回すため、体全体が筋肉痛。井上さんの足裏にはまめができていた。
 「体はきついけど、乗り越えた先に観客が感動してくれるのがやりがい」と2年中神姫ヘムさん(14)。技の完成度を上げるため、日々、練習を積んでいる。
 ただ、メンバーの頭を悩ますのはサイリウムの費用。使い捨ての上、曲の途中で色を変えることもあり、1曲で1人4本を使うこともある。30人で120本。それでも、オファーがあれば出演したいという。井上さんは「ヲタ芸で豊橋を盛り上げたい」。メンバーの挑戦は続く。
(飯塚雪)

暗闇に浮かび上がるサイリウムの線、ダイナミックなパフォーマンスが会場を沸かした=プラットで
暗闇に浮かび上がるサイリウムの線、ダイナミックなパフォーマンスが会場を沸かした=プラットで
ヲタ芸有志「ヲタ芸で学校を盛り上げ隊」=同
ヲタ芸有志「ヲタ芸で学校を盛り上げ隊」=同

カテゴリー:社会・経済 / 地域・教育

 PR

PR