2018年05月23日(水)  /  本日の予報   /  最高  21℃   最低  17℃  /  日の出  04:42   日の入  18:52
文字の大きさ
共越
2018年05月23日(水)  /  本日の予報   /  最高  21℃   最低  17℃  /  日の出  04:42   日の入  18:52

「ええじゃないか とよはし映画祭」開幕

観客とともに映画祭のオープニングを祝う園監督と松井さんら=ユナイテッド・シネマ豊橋18で
観客とともに映画祭のオープニングを祝う園監督と松井さんら=ユナイテッド・シネマ豊橋18で

 「ええじゃないか とよはし映画祭2018」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が2日、豊橋市で開幕した。昨年に続いて2回目を迎え、新たに会場となったユナイテッド・シネマ豊橋18(藤沢町)では、同祭ディレクターを務める豊橋ふるさと大使の園子温さん(豊川市出身)が監督の「東京ヴァンパイアホテル映画版」をオープニング作品として上映。4日までの期間中、豊橋や愛知県にゆかりのある19作品が上映される。
 オープニングセレモニーも同所であり、実行委員会の佐藤元英会長が「豊橋もドラマ、映画のロケ地として有名になってきて少しだけ映画の街らしくなり、全国、世界に発信していけたら」とあいさつ。佐原光一市長も「映画の街の認知を得るため、もっとパワーアップできる仕掛けをする」と話すと、園監督が「日本、全国民に伝え、でっかい映画祭にしたい」と意欲を見せた。
 映画祭プロデュサーを務める豊橋市出身の森谷雄さんは「バラエティーに富んだ作品群とゲストで第2回を盛り上げていきます」と述べた。
 前回同様に映画祭アンバサダーの同市出身の女優・松井玲奈さんも登場し、オープニング作品の出演者らも加わり、開会を宣言した。
 映画祭は、穂の国とよはし芸術劇場プラット(アートスペース)と開発ビル10階ホールも会場。全ての上映作品にゲストが登場する。
 豊橋市はドラマや映画のロケ地になっており、豊橋への来訪者増加やイメージアップを目的に映画祭を企画した。チケット(当日1000円)はプラットチケットセンター、チケットぴあなどで扱っている。

 「東京ヴァンパイアホテル映画版」の上映前には、園監督、松井さんのほか、出演した夏帆さん、満島真之介さん、冨手麻妙さん、神楽坂恵さんが撮影のエピソードを披露した。
 「豊橋で4日間、大事なシーンを撮影。楽しみに見てもらえれば」と夏帆さん。市中心部の繁華街で“銃撃戦”のロケが行われ、園監督は「アメリカ映画ばりのことが日本でできる所はなく、『やっぱり豊橋かな』と依頼、実現した」と豊橋の協力に感謝を込め、尽力する裏方さんも紹介した。
 満島さん、富手さんも豊橋とは縁が深い。満島さんは「10年前、18歳の頃、園監督の映画『ちゃんと伝える』で2カ月滞在し、プラットのこけら落とし舞台にも出演した」、富手さんは「豊橋へ来る機会が多く、駅に着くと帰ってきたような感じ」と話し、会場を沸かせた。
(中村晋也)

 「ええじゃないか とよはし映画祭2018」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が2日、豊橋市で開幕した。昨年に続いて2回目を迎え、新たに会場となったユナイテッド・シネマ豊橋18(藤沢町)では、同祭ディレクターを務める豊橋ふるさと大使の園子温さん(豊川市出身)が監督の「東京ヴァンパイアホテル映画版」をオープニング作品として上映。4日までの期間中、豊橋や愛知県にゆかりのある19作品が上映される。
 オープニングセレモニーも同所であり、実行委員会の佐藤元英会長が「豊橋もドラマ、映画のロケ地として有名になってきて少しだけ映画の街らしくなり、全国、世界に発信していけたら」とあいさつ。佐原光一市長も「映画の街の認知を得るため、もっとパワーアップできる仕掛けをする」と話すと、園監督が「日本、全国民に伝え、でっかい映画祭にしたい」と意欲を見せた。
 映画祭プロデュサーを務める豊橋市出身の森谷雄さんは「バラエティーに富んだ作品群とゲストで第2回を盛り上げていきます」と述べた。
 前回同様に映画祭アンバサダーの同市出身の女優・松井玲奈さんも登場し、オープニング作品の出演者らも加わり、開会を宣言した。
 映画祭は、穂の国とよはし芸術劇場プラット(アートスペース)と開発ビル10階ホールも会場。全ての上映作品にゲストが登場する。
 豊橋市はドラマや映画のロケ地になっており、豊橋への来訪者増加やイメージアップを目的に映画祭を企画した。チケット(当日1000円)はプラットチケットセンター、チケットぴあなどで扱っている。

 「東京ヴァンパイアホテル映画版」の上映前には、園監督、松井さんのほか、出演した夏帆さん、満島真之介さん、冨手麻妙さん、神楽坂恵さんが撮影のエピソードを披露した。
 「豊橋で4日間、大事なシーンを撮影。楽しみに見てもらえれば」と夏帆さん。市中心部の繁華街で“銃撃戦”のロケが行われ、園監督は「アメリカ映画ばりのことが日本でできる所はなく、『やっぱり豊橋かな』と依頼、実現した」と豊橋の協力に感謝を込め、尽力する裏方さんも紹介した。
 満島さん、富手さんも豊橋とは縁が深い。満島さんは「10年前、18歳の頃、園監督の映画『ちゃんと伝える』で2カ月滞在し、プラットのこけら落とし舞台にも出演した」、富手さんは「豊橋へ来る機会が多く、駅に着くと帰ってきたような感じ」と話し、会場を沸かせた。
(中村晋也)

観客とともに映画祭のオープニングを祝う園監督と松井さんら=ユナイテッド・シネマ豊橋18で
観客とともに映画祭のオープニングを祝う園監督と松井さんら=ユナイテッド・シネマ豊橋18で

カテゴリー:社会・経済 / イベント

 PR

PR