2019年08月24日(土)  /  本日の予報  曇時々雨  /  最高  30℃   最低  23℃  /  日の出  05:17   日の入  18:28
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年08月24日(土)  /  本日の予報  曇時々雨  /  最高  30℃   最低  23℃  /  日の出  05:17   日の入  18:28

田原市博物館企画展「渥美半島の農業の歩みと豊川用水」

渥美半島の農業を発展へと導いた先人たちを紹介する企画展=田原市博物館で
渥美半島の農業を発展へと導いた先人たちを紹介する企画展=田原市博物館で

 豊川用水通水50周年を記念し、渥美半島の農業の礎を築いた先人たちの取り組みなどをたどる企画展「渥美半島の農業の歩みと豊川用水」が、田原市博物館で開かれている。市内外から集めた貴重な写真や資料など約200点を展示。通水以前に着目し、農業産出額日本一になるまで幾度もあった転換点を浮かび上がらせている。
 豊川用水は1968(昭和43)年に通水。東三河平野部5市と県境を越えて湖西市を潤し、田畑や温室で農作物を作る農業用水に最も多く使われている。
 大きな河川がないことで常に渇水に悩まされていた渥美半島。農業に適さない赤土の荒地が広がる農業困難地域だったが、通水により全国屈指の農業地帯へと変ぼうした。
 一方で、同じ時期に複数の用水が各地でも整備されたが、なぜ渥美半島の農業が飛躍的に発展したのか。企画展では、豊川用水の生みの親で同市高松町出身の政治家・近藤寿市郎(1870-1960)だけでなく、田原の施設園芸の祖・岡田儀八(1900-1989)や渥美半島で初めて耕地整理を行った河合為治郎(1850-1931)ら、これまでにあまり知られていない先人らの功績を紹介している。
 1932(昭和7)年、小塩津の農家・岡田儀八は温暖な気候を利用した施設園芸を渥美半島で初めて導入。それが渥美・赤羽根地域に広がり、通水前の67年には温室が6300棟以上も立っていた。施設園芸への熱心な研究が始まり、地道に蓄積してきた栽培技術が、通水と農村基盤の整備で生かされ、農業の発展につながったという。
 また、旧野田村の村長だった河合為治郎は、1906(明治39)年から4年半かけ、大規模な耕地整理を行い、時代に合った効率性の高い田んぼへと生まれ変わらせた。当時の耕地整理の図面や、約2倍の収益を上げた成果により国から贈られた表彰状なども並ぶ。
 このほか、古い農機具や農業研究ノートなども飾り、渥美半島の農業の歴史をひも解いている。
 企画展を担当し、郷土史を研究する同館学芸員の山本隆大さん(29)は「昔の人がいろいろ工夫して農業のまち・田原をつくったことを知ってほしい」と話している。
 入館料は一般400円、中学生以下は無料(毎週土曜は高校生も無料)。9月2日まで。午前9時~午後5時。月曜休館。
(飯塚雪)

 豊川用水通水50周年を記念し、渥美半島の農業の礎を築いた先人たちの取り組みなどをたどる企画展「渥美半島の農業の歩みと豊川用水」が、田原市博物館で開かれている。市内外から集めた貴重な写真や資料など約200点を展示。通水以前に着目し、農業産出額日本一になるまで幾度もあった転換点を浮かび上がらせている。
 豊川用水は1968(昭和43)年に通水。東三河平野部5市と県境を越えて湖西市を潤し、田畑や温室で農作物を作る農業用水に最も多く使われている。
 大きな河川がないことで常に渇水に悩まされていた渥美半島。農業に適さない赤土の荒地が広がる農業困難地域だったが、通水により全国屈指の農業地帯へと変ぼうした。
 一方で、同じ時期に複数の用水が各地でも整備されたが、なぜ渥美半島の農業が飛躍的に発展したのか。企画展では、豊川用水の生みの親で同市高松町出身の政治家・近藤寿市郎(1870-1960)だけでなく、田原の施設園芸の祖・岡田儀八(1900-1989)や渥美半島で初めて耕地整理を行った河合為治郎(1850-1931)ら、これまでにあまり知られていない先人らの功績を紹介している。
 1932(昭和7)年、小塩津の農家・岡田儀八は温暖な気候を利用した施設園芸を渥美半島で初めて導入。それが渥美・赤羽根地域に広がり、通水前の67年には温室が6300棟以上も立っていた。施設園芸への熱心な研究が始まり、地道に蓄積してきた栽培技術が、通水と農村基盤の整備で生かされ、農業の発展につながったという。
 また、旧野田村の村長だった河合為治郎は、1906(明治39)年から4年半かけ、大規模な耕地整理を行い、時代に合った効率性の高い田んぼへと生まれ変わらせた。当時の耕地整理の図面や、約2倍の収益を上げた成果により国から贈られた表彰状なども並ぶ。
 このほか、古い農機具や農業研究ノートなども飾り、渥美半島の農業の歴史をひも解いている。
 企画展を担当し、郷土史を研究する同館学芸員の山本隆大さん(29)は「昔の人がいろいろ工夫して農業のまち・田原をつくったことを知ってほしい」と話している。
 入館料は一般400円、中学生以下は無料(毎週土曜は高校生も無料)。9月2日まで。午前9時~午後5時。月曜休館。
(飯塚雪)

渥美半島の農業を発展へと導いた先人たちを紹介する企画展=田原市博物館で
渥美半島の農業を発展へと導いた先人たちを紹介する企画展=田原市博物館で

カテゴリー:社会・経済 / イベント

 PR

PR