2018年09月22日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  27℃   最低  21℃  /  日の出  05:38   日の入  17:48
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年09月22日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  27℃   最低  21℃  /  日の出  05:38   日の入  17:48

豊橋で「sebone」開幕

多彩な音が鳴る大小さまざまな陶磁器を木の棒でたたく来場者=プラットで
多彩な音が鳴る大小さまざまな陶磁器を木の棒でたたく来場者=プラットで
初公開された映画「クソ野郎と美しき世界」のロケ地。トークショーも行われた=開発ビルで
初公開された映画「クソ野郎と美しき世界」のロケ地。トークショーも行われた=開発ビルで

 美術作品を展示する「第15回とよはし都市型アートイベントsebone(せぼね)2018」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が1日、豊橋駅南側の牟呂用水上にあるビル「水上ビル」などを舞台に始まった。約50組のアーティストが絵画、彫刻、音楽などを披露しているほか、映画「クソ野郎と美しき世界」で使用したロケ地を初公開。2日も午前10時~午後5時で行われる。
 seboneは水上ビルを「都市の背骨」と捉え、人とまちをアートの力で元気にすることを目的に2004(平成16)年から開催されている。
 今年は、穂の国とよはし芸術劇場プラットと開発ビルも会場に、市立くすのき特別支援学校高等部3年・花島愛弥さんの絵や、豊橋市の現代陶磁作家・兼藤忍さんの陶磁器作品、地元の高校生、新川・松山両小学校の児童の立体作品などが飾られ、女性や家族連れらがじっくりと鑑賞していた。
 また、オムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」のロケ地となった駅前大通りの開発ビル2階では、ほぼセットが残る室内を公開。市内で今年2月に行われた豊川市出身の園子温さん監督のエピソード1「ピアニストを撃つな!」の撮影秘話を、豊橋市シティプロモーションアドバイザーの鈴木惠子さんが語った。2日も午後2時からある。
 各会場では、アート作品作りを体験できるワークショップも行う。
(飯塚雪)

 美術作品を展示する「第15回とよはし都市型アートイベントsebone(せぼね)2018」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が1日、豊橋駅南側の牟呂用水上にあるビル「水上ビル」などを舞台に始まった。約50組のアーティストが絵画、彫刻、音楽などを披露しているほか、映画「クソ野郎と美しき世界」で使用したロケ地を初公開。2日も午前10時~午後5時で行われる。
 seboneは水上ビルを「都市の背骨」と捉え、人とまちをアートの力で元気にすることを目的に2004(平成16)年から開催されている。
 今年は、穂の国とよはし芸術劇場プラットと開発ビルも会場に、市立くすのき特別支援学校高等部3年・花島愛弥さんの絵や、豊橋市の現代陶磁作家・兼藤忍さんの陶磁器作品、地元の高校生、新川・松山両小学校の児童の立体作品などが飾られ、女性や家族連れらがじっくりと鑑賞していた。
 また、オムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」のロケ地となった駅前大通りの開発ビル2階では、ほぼセットが残る室内を公開。市内で今年2月に行われた豊川市出身の園子温さん監督のエピソード1「ピアニストを撃つな!」の撮影秘話を、豊橋市シティプロモーションアドバイザーの鈴木惠子さんが語った。2日も午後2時からある。
 各会場では、アート作品作りを体験できるワークショップも行う。
(飯塚雪)

多彩な音が鳴る大小さまざまな陶磁器を木の棒でたたく来場者=プラットで
多彩な音が鳴る大小さまざまな陶磁器を木の棒でたたく来場者=プラットで
初公開された映画「クソ野郎と美しき世界」のロケ地。トークショーも行われた=開発ビルで
初公開された映画「クソ野郎と美しき世界」のロケ地。トークショーも行われた=開発ビルで

カテゴリー:社会・経済 / イベント

 PR

PR