2018年09月22日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  27℃   最低  21℃  /  日の出  05:38   日の入  17:48
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年09月22日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  27℃   最低  21℃  /  日の出  05:38   日の入  17:48

「ワールドサーフィンゲームス」意気込む日本の選手ら

大会を控え、記者会見した後、写真撮影に応じる選手や大会関係者=田原市役所で
大会を控え、記者会見した後、写真撮影に応じる選手や大会関係者=田原市役所で

 国内屈指のサーフポイント、太平洋に面した田原市赤羽根町のロングビーチで15日に開幕する世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」を控えた14日、同市入りした選手らが市役所で記者会見し、大会への抱負を述べた。日本の選手やサーフィン関係者は「全てのクラス、四つの金メダルを目指す」を意気込みを示した。
 「サーフィンの五輪」と称され、各国を代表するサーファーが22日まで8日間、技を競い合う。42カ国から202人が出場する。
 サーフィンは2020年の東京五輪から正式種目。主催する国際サーフィン連盟(ISA)のフェルナンド・アギーレ会長は「田原での開催が実現し、感激した。サーフィンがオリンピックの種目になったことは歴史的に大きなこと。20年ほど前から夢見ていたのですごくうれしい」と言い、最後に「田原の波をみんなで楽しみたい」「ドウモアリガトウ、タハラ」と日本語で話した。
 大会はトーナメント戦で、1フィート4人の上位2人が次のラウンド(回戦)に勝ち上がる。下位2人はリパチャージ(敗者復活)で挑む。男女別、国別など4クラスで競う。
 日本代表選手は男女3人ずつの6人。大会長を務める日本サーフィン連盟の酒井厚志理事長は「日本はドリームチーム。全てのクラスでトップ、四つのゴールドメダルを目指す」と日本チームの目標を紹介。男子注目の全米オープン2連覇の五十嵐カノア選手も「たくさん準備をしてきた。練習を見ていても、みんなの調子はいい。金メダル四つを取る」と宣言した。
 この日朝、田原で初練習したという五十嵐選手は「波の良さにびっくりした。パワーある波で、日本でこういう波は初めて。2時間半楽しんだ。大会もいい波がきそうなので楽しみにしている」と田原の感想も話した。
 オーストラリア女子の代表、サリー・フィッツギボンズ選手は「いい波で楽しみ。オリンピックに向け、この大会で一生懸命やる」、前回のフランス大会で優勝したフランス女子のポーリン・アドゥ選手は「2020年に向け、各国が頑張っている。チャンピオンを守ることは難しいが、死守したい」と闘志を見せた。
 国内では1990(平成2)年以来、28年ぶり2回目のISAワールドサーフィンゲームスの開催地となった田原市。山下政良市長は「世界中のサーファーに田原の波や文化を見てもらう絶好の機会」と述べた。
(中村晋也)

 国内屈指のサーフポイント、太平洋に面した田原市赤羽根町のロングビーチで15日に開幕する世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」を控えた14日、同市入りした選手らが市役所で記者会見し、大会への抱負を述べた。日本の選手やサーフィン関係者は「全てのクラス、四つの金メダルを目指す」を意気込みを示した。
 「サーフィンの五輪」と称され、各国を代表するサーファーが22日まで8日間、技を競い合う。42カ国から202人が出場する。
 サーフィンは2020年の東京五輪から正式種目。主催する国際サーフィン連盟(ISA)のフェルナンド・アギーレ会長は「田原での開催が実現し、感激した。サーフィンがオリンピックの種目になったことは歴史的に大きなこと。20年ほど前から夢見ていたのですごくうれしい」と言い、最後に「田原の波をみんなで楽しみたい」「ドウモアリガトウ、タハラ」と日本語で話した。
 大会はトーナメント戦で、1フィート4人の上位2人が次のラウンド(回戦)に勝ち上がる。下位2人はリパチャージ(敗者復活)で挑む。男女別、国別など4クラスで競う。
 日本代表選手は男女3人ずつの6人。大会長を務める日本サーフィン連盟の酒井厚志理事長は「日本はドリームチーム。全てのクラスでトップ、四つのゴールドメダルを目指す」と日本チームの目標を紹介。男子注目の全米オープン2連覇の五十嵐カノア選手も「たくさん準備をしてきた。練習を見ていても、みんなの調子はいい。金メダル四つを取る」と宣言した。
 この日朝、田原で初練習したという五十嵐選手は「波の良さにびっくりした。パワーある波で、日本でこういう波は初めて。2時間半楽しんだ。大会もいい波がきそうなので楽しみにしている」と田原の感想も話した。
 オーストラリア女子の代表、サリー・フィッツギボンズ選手は「いい波で楽しみ。オリンピックに向け、この大会で一生懸命やる」、前回のフランス大会で優勝したフランス女子のポーリン・アドゥ選手は「2020年に向け、各国が頑張っている。チャンピオンを守ることは難しいが、死守したい」と闘志を見せた。
 国内では1990(平成2)年以来、28年ぶり2回目のISAワールドサーフィンゲームスの開催地となった田原市。山下政良市長は「世界中のサーファーに田原の波や文化を見てもらう絶好の機会」と述べた。
(中村晋也)

大会を控え、記者会見した後、写真撮影に応じる選手や大会関係者=田原市役所で
大会を控え、記者会見した後、写真撮影に応じる選手や大会関係者=田原市役所で

カテゴリー:社会・経済 / スポーツ

 PR

PR