2018年11月16日(金)  /  本日の予報  晴のち曇  /  最高  19℃   最低  10℃  /  日の出  06:25   日の入  16:45
文字の大きさ
バナー広告募集中
2018年11月16日(金)  /  本日の予報  晴のち曇  /  最高  19℃   最低  10℃  /  日の出  06:25   日の入  16:45

豊川商議所「食と文化を育てる会」発足

豊川いなり心願「叶」をPRする中杉氏㊥と小野氏㊧ら=豊川商議所で
豊川いなり心願「叶」をPRする中杉氏㊥と小野氏㊧ら=豊川商議所で

 豊川商工会議所(小野喜明会頭)は6日夜、豊川町の同所で「豊川の食と文化を育てる会」の発足式を行った。市内にある豊富な食材と文化をまちづくりに活用しようと立ち上げ、役員改選では豊川商議所常議員でプロシード会長の中杉和雄氏が代表幹事に選任された。
 育てる会は、主に豊川商議所が企画し、関谷醸造(設楽町)が製造する純米吟醸酒豊川いなり心願「叶」(かなう)の普及を中心に、新たな商品開発や品質向上を目指し、意見交換を図る。メンバーは「叶」の開発や販売に関わる企業関係者を中心に構成。「食材と文化を活用したまちづくりプランの研究」「『叶』の普及拡大と品質向上に向けた方策の研究」「関係諸団体との連携と資料収集」「その他本会の目的を達成するために必要な事業」が事業計画として承認された。
 中杉会長は「まずは『叶』を周知することから。特に若い女性に親しんでほしい。私たちがお店に行った時、『叶はないのか』と聞けば多くの店が置いてもらえるようになる」と話した。役員は次の皆さん。
 代表幹事=中杉和雄(プロシード)▽幹事=小野喜明(トヨテック)川合悦藏(新東工業豊川製作所)大村幸司(豊栄建設)粥川洋(三菱UFJ銀行豊川支店)河合和寛(中央輸送)中村光(中部電力豊川営業所)大石明宣(信愛会大石医院)権田晃範(JAひまわり)遠山久男(関谷醸造)天野勝文(寿酒販)生田米八(森田屋酒店)酒井健好(吟醸館たからや)山崎謙次(富岡屋酒店)▽顧問=竹本幸夫(副市長)齋藤和樹(豊川署長)伊藤久史(陸上自衛隊豊川駐屯地司令)

17日から純米吟醸酒「叶」発売

 豊川商工会議所は今年も17日から純米吟醸酒豊川いなり心願「叶」を発売する。4合瓶で、価格は税別1500円。
 アルコール分は16度で、原料米には豊川産の「稲荷の里」を80%使用。製造する関谷醸造の遠山久男専務取締役は「味わいは新酒らしい麹の香りとフレッシュな口当たり。控えめだが酵母由来の華やかな香りもあり、香味のバランスは良好。米が硬い分、若干綺麗な仕上がりになったが含みのある酒」と紹介する。
 この時期は生酒、5月には貯蔵酒を発売しており、今回で第15弾。豊川稲荷の定紋「宝珠」をラベルに記載する。約3400本を醸造し、豊川稲荷周辺の酒店やJAひまわり関連店、ヤマサちくわなど市内15店舗で販売。17、18両日の豊川稲荷秋季大祭でも境内で販売する。問い合わせは同商議所(0533・86・4101)へ。
(由本裕貴)

 豊川商工会議所(小野喜明会頭)は6日夜、豊川町の同所で「豊川の食と文化を育てる会」の発足式を行った。市内にある豊富な食材と文化をまちづくりに活用しようと立ち上げ、役員改選では豊川商議所常議員でプロシード会長の中杉和雄氏が代表幹事に選任された。
 育てる会は、主に豊川商議所が企画し、関谷醸造(設楽町)が製造する純米吟醸酒豊川いなり心願「叶」(かなう)の普及を中心に、新たな商品開発や品質向上を目指し、意見交換を図る。メンバーは「叶」の開発や販売に関わる企業関係者を中心に構成。「食材と文化を活用したまちづくりプランの研究」「『叶』の普及拡大と品質向上に向けた方策の研究」「関係諸団体との連携と資料収集」「その他本会の目的を達成するために必要な事業」が事業計画として承認された。
 中杉会長は「まずは『叶』を周知することから。特に若い女性に親しんでほしい。私たちがお店に行った時、『叶はないのか』と聞けば多くの店が置いてもらえるようになる」と話した。役員は次の皆さん。
 代表幹事=中杉和雄(プロシード)▽幹事=小野喜明(トヨテック)川合悦藏(新東工業豊川製作所)大村幸司(豊栄建設)粥川洋(三菱UFJ銀行豊川支店)河合和寛(中央輸送)中村光(中部電力豊川営業所)大石明宣(信愛会大石医院)権田晃範(JAひまわり)遠山久男(関谷醸造)天野勝文(寿酒販)生田米八(森田屋酒店)酒井健好(吟醸館たからや)山崎謙次(富岡屋酒店)▽顧問=竹本幸夫(副市長)齋藤和樹(豊川署長)伊藤久史(陸上自衛隊豊川駐屯地司令)

17日から純米吟醸酒「叶」発売

 豊川商工会議所は今年も17日から純米吟醸酒豊川いなり心願「叶」を発売する。4合瓶で、価格は税別1500円。
 アルコール分は16度で、原料米には豊川産の「稲荷の里」を80%使用。製造する関谷醸造の遠山久男専務取締役は「味わいは新酒らしい麹の香りとフレッシュな口当たり。控えめだが酵母由来の華やかな香りもあり、香味のバランスは良好。米が硬い分、若干綺麗な仕上がりになったが含みのある酒」と紹介する。
 この時期は生酒、5月には貯蔵酒を発売しており、今回で第15弾。豊川稲荷の定紋「宝珠」をラベルに記載する。約3400本を醸造し、豊川稲荷周辺の酒店やJAひまわり関連店、ヤマサちくわなど市内15店舗で販売。17、18両日の豊川稲荷秋季大祭でも境内で販売する。問い合わせは同商議所(0533・86・4101)へ。
(由本裕貴)

豊川いなり心願「叶」をPRする中杉氏㊥と小野氏㊧ら=豊川商議所で
豊川いなり心願「叶」をPRする中杉氏㊥と小野氏㊧ら=豊川商議所で

カテゴリー:社会・経済

 PR

PR