2019年05月20日(月)  /  本日の予報   /  最高  23℃   最低  19℃  /  日の出  04:44   日の入  18:49
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年05月20日(月)  /  本日の予報   /  最高  23℃   最低  19℃  /  日の出  04:44   日の入  18:49

「ええじゃないか とよはし映画祭」開幕

「とよはし映画祭」が開幕。オープニングセレモニーに登場した俳優や実行委員会関係者=プラットで
「とよはし映画祭」が開幕。オープニングセレモニーに登場した俳優や実行委員会関係者=プラットで
映像であいさつする園さん=プラットで
映像であいさつする園さん=プラットで

 3回目を迎えた「ええじゃないか とよはし映画祭2019」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が8日、豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場プラットなどを会場に開幕した。10日までの期間中、豊橋や愛知県にゆかりのある24作品が上映されるほか、今回は自主制作作品を募り、審査するコンペティションを新たに開催する。
 オープニングセレモニーがプラットであり、実行委員会の佐藤元英会長は、コンペティションに触れ「豊橋から映画の世界にはばたく作品が生まれるのを期待」とあいさつ。佐原光一市長は「成長している映画祭。もっともっと盛り上げたいので、皆さんからもたくさんの発信を」と会場を埋めた観客に呼び掛けた。
 映画祭プロデュサーを務めている豊橋出身の森谷雄さんも「とよはし映画祭から新しい才能を送り出したい」とコンペティションに期待を込めた。
 過去2回同様に映画祭ディレクターを務める豊橋ふるさと大使・園子温さん(豊川出身)も登壇する予定だったが、2月に心筋梗塞で入院、現在は退院したものの、体調面を考慮して来場を見合わせた。
 映像で「映画祭の成功を熱く熱く祈っています」とコメントを寄せ、「来年こそ、ニコラス・ケイジを連れ、ハリウッド映画のデビュー作をこの映画祭で上映できたら。とよはし映画祭、万歳」といつもと変わらぬ“園節”で会場を沸かせた。
 映画祭アンバサダーの女優・松井玲奈さんと俳優・平田満さんの豊橋出身の2人もあいさつ。平田さんは「お芝居で何度もプラットの舞台に立っているが、まさか映画で立つとは。映画、映像が豊橋に根付いてほしい」と話し、オープニング作品の出演者らも加わり、佐藤会長が開会を宣言した。
 コンペティションは、昨年1月以降に完成した自主制作作品を募集し、161作品の応募の中から選ばれた9作品が9、10両日に上映される。
 テレビドラマ「北の国」の演出などで知られる豊橋出身の杉田成道さんが審査委員長を務め、グランプリと「とよはし未来賞」(審査員特別賞)を決定する。
 上映時の観客投票による「観客賞」も決め、10日のクロージングセレモニーで表彰する。
 映画祭は、プラットのほか、開発ビル10階ホールも会場。全ての上映作品にゲストが登場する。オープニング作品は、映画「クソ野郎と美しき世界」で、上映前に満島真之介さん、馬場ふみかさん、冨手麻妙さんが豊橋ロケなどのエピソードを披露した。
 豊橋市はドラマや映画のロケ地になっており、豊橋への来訪者増加やイメージアップを目的に映画祭を企画している。
(中村晋也)

 3回目を迎えた「ええじゃないか とよはし映画祭2019」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が8日、豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場プラットなどを会場に開幕した。10日までの期間中、豊橋や愛知県にゆかりのある24作品が上映されるほか、今回は自主制作作品を募り、審査するコンペティションを新たに開催する。
 オープニングセレモニーがプラットであり、実行委員会の佐藤元英会長は、コンペティションに触れ「豊橋から映画の世界にはばたく作品が生まれるのを期待」とあいさつ。佐原光一市長は「成長している映画祭。もっともっと盛り上げたいので、皆さんからもたくさんの発信を」と会場を埋めた観客に呼び掛けた。
 映画祭プロデュサーを務めている豊橋出身の森谷雄さんも「とよはし映画祭から新しい才能を送り出したい」とコンペティションに期待を込めた。
 過去2回同様に映画祭ディレクターを務める豊橋ふるさと大使・園子温さん(豊川出身)も登壇する予定だったが、2月に心筋梗塞で入院、現在は退院したものの、体調面を考慮して来場を見合わせた。
 映像で「映画祭の成功を熱く熱く祈っています」とコメントを寄せ、「来年こそ、ニコラス・ケイジを連れ、ハリウッド映画のデビュー作をこの映画祭で上映できたら。とよはし映画祭、万歳」といつもと変わらぬ“園節”で会場を沸かせた。
 映画祭アンバサダーの女優・松井玲奈さんと俳優・平田満さんの豊橋出身の2人もあいさつ。平田さんは「お芝居で何度もプラットの舞台に立っているが、まさか映画で立つとは。映画、映像が豊橋に根付いてほしい」と話し、オープニング作品の出演者らも加わり、佐藤会長が開会を宣言した。
 コンペティションは、昨年1月以降に完成した自主制作作品を募集し、161作品の応募の中から選ばれた9作品が9、10両日に上映される。
 テレビドラマ「北の国」の演出などで知られる豊橋出身の杉田成道さんが審査委員長を務め、グランプリと「とよはし未来賞」(審査員特別賞)を決定する。
 上映時の観客投票による「観客賞」も決め、10日のクロージングセレモニーで表彰する。
 映画祭は、プラットのほか、開発ビル10階ホールも会場。全ての上映作品にゲストが登場する。オープニング作品は、映画「クソ野郎と美しき世界」で、上映前に満島真之介さん、馬場ふみかさん、冨手麻妙さんが豊橋ロケなどのエピソードを披露した。
 豊橋市はドラマや映画のロケ地になっており、豊橋への来訪者増加やイメージアップを目的に映画祭を企画している。
(中村晋也)

「とよはし映画祭」が開幕。オープニングセレモニーに登場した俳優や実行委員会関係者=プラットで
「とよはし映画祭」が開幕。オープニングセレモニーに登場した俳優や実行委員会関係者=プラットで
映像であいさつする園さん=プラットで
映像であいさつする園さん=プラットで

 PR

PR