2019年08月19日(月)  /  本日の予報  曇のち晴  /  最高  32℃   最低  25℃  /  日の出  05:13   日の入  18:34
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年08月19日(月)  /  本日の予報  曇のち晴  /  最高  32℃   最低  25℃  /  日の出  05:13   日の入  18:34

大村知事「安全・安心を第一に考え中止に」

展示中止について「安全・安心を第一に考えた」と述べる大村知事=県庁で
展示中止について「安全・安心を第一に考えた」と述べる大村知事=県庁で

 大村秀章知事は、「あいちトリエンナーレ2019」の国際現代美術展に出展された「表現の不自由展・その後」の展示を中止したことについて、5日の定例記者会見で「犯罪・テロ予告があり、安全・安心を第一に考えた」と弁明した。
 「表現の不自由展・その後」は、旧日本軍の慰安婦を象徴した「平和の少女像」など17作品を展示。政治的色彩が強いことから、同企画を発表した先月31日から1日約200件の苦情電話、約500件の抗議メールが殺到。県は3日、同展示の中止を決めた。
 大村知事は「円滑に多くの人に楽しんでもらうという観点から展示を中止した。行政には限界がある。ご理解いただきたい」と述べた上で、「○月○日にガソリンを散布する」などと書かれた新たな脅迫メールが中止後の同日午前5時頃にも県に届き、県警へ通報したことも明かした。
 また大村知事は、河村たかし名古屋市長が「多額の税金が使われている展示会にもかかわらず、行政の立場を超えた展示が行われている」と展示中止を求めた知事への抗議文について言及し「この発言は憲法21条・表現の自由に反する。権力者が『この内容は良くて、これはダメ』と言うのは検閲。税金でやるからこそ表現の自由を保障しなければならない」と真っ向から反論した。
 さらに大村知事は「自分の気に入らない表現であっても、表現は表現として受け止めるべき。それが戦後民主主義の原則。皆さんには、表現の自由と民主主義についてどうあるべきかを考えてほしい」と警笛を鳴らした。
 「表現の不自由展・その後」実行委員会は3日、「戦後日本最大の検閲事件。法的対抗手段も検討している」と展示中止に対する抗議声明を出している。
(木村裕貴)

 大村秀章知事は、「あいちトリエンナーレ2019」の国際現代美術展に出展された「表現の不自由展・その後」の展示を中止したことについて、5日の定例記者会見で「犯罪・テロ予告があり、安全・安心を第一に考えた」と弁明した。
 「表現の不自由展・その後」は、旧日本軍の慰安婦を象徴した「平和の少女像」など17作品を展示。政治的色彩が強いことから、同企画を発表した先月31日から1日約200件の苦情電話、約500件の抗議メールが殺到。県は3日、同展示の中止を決めた。
 大村知事は「円滑に多くの人に楽しんでもらうという観点から展示を中止した。行政には限界がある。ご理解いただきたい」と述べた上で、「○月○日にガソリンを散布する」などと書かれた新たな脅迫メールが中止後の同日午前5時頃にも県に届き、県警へ通報したことも明かした。
 また大村知事は、河村たかし名古屋市長が「多額の税金が使われている展示会にもかかわらず、行政の立場を超えた展示が行われている」と展示中止を求めた知事への抗議文について言及し「この発言は憲法21条・表現の自由に反する。権力者が『この内容は良くて、これはダメ』と言うのは検閲。税金でやるからこそ表現の自由を保障しなければならない」と真っ向から反論した。
 さらに大村知事は「自分の気に入らない表現であっても、表現は表現として受け止めるべき。それが戦後民主主義の原則。皆さんには、表現の自由と民主主義についてどうあるべきかを考えてほしい」と警笛を鳴らした。
 「表現の不自由展・その後」実行委員会は3日、「戦後日本最大の検閲事件。法的対抗手段も検討している」と展示中止に対する抗議声明を出している。
(木村裕貴)

展示中止について「安全・安心を第一に考えた」と述べる大村知事=県庁で
展示中止について「安全・安心を第一に考えた」と述べる大村知事=県庁で

 PR

PR