2019年12月14日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  15℃   最低  3℃  /  日の出  06:49   日の入  16:40
文字の大きさ
バナー広告募集中
2019年12月14日(土)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  15℃   最低  3℃  /  日の出  06:49   日の入  16:40

来年1~2月「とよはしまちなかスロータウン映画祭

 「とよはしまちなかスロータウン映画祭」(実行委員会主催)が来年1~2月、豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場プラットを会場に開かれる。18回目を迎え、1月19日のオープニングイベントには俳優など多彩な分野で活躍するリリー・フランキーさんのトーク・映画上映を行う。映画は、1月25日から2月23日の週末にかけて今回も16作品を上映。チケットは30日から発売される。
 オープニングでは、リリーさんが主演を務め、同映画祭でトークショーをした故・樹木希林さんも出演している「万引き家族」(午前10時)、リリーさんの自薦作品「美しい星」(午後1時20分)を上映する。同4時から約1時間半のトークショーとなる。料金は2作品とトークで3000円。
 前回、初めて実施された絶叫上映が今回も行われる。2016(平成28)年アカデミー賞で最多6部門を受賞した「マッドマックス-怒りのデス・ロード」が2月1日午後6時20分から、世界中を魅了した「ボヘミアン ラプソディ」が2月15日午後6時50分から。観客が掛け声、手拍子、鳴り物(鈴やタンバリン)などで盛り上げる。各1500円。全席指定。
 「ライブ&バー」として、1月25日夜に今回もDJなどで知られるピーター・バラカンさんのトーク(3000円、会場・ボレロ吾妻家)、2月8日夜にはジャズシンガーなかの綾さんの昭和歌謡ライブ(同、プラット)がある。
 16作品の映画上映は邦画6本と洋画10本で、ドキュメンタリーやアジア映画も盛り込んでいる。東京五輪開催年にちなみ「東京五輪音頭」(1月25・26日)や、19年アカデミー作品賞受賞の「グリーンブック」(同)、ミュージカル映画「パリの恋人」(1月25日)などが上映される。
 1作品600円で鑑賞でき、16作品通し券は3000円。当日券はない。入場には整理券が必要で、実行委員会は早めの来場を呼び掛けている。
 他に、作家などのしまおまほさん、漫画家の杉作J太郎さんのトークライブ(1月13日、会場・豊川堂、2000円)なども行われる。
 いずれも詳細はホームページで分かり、「まちなかスロータウン」で検索する。
 上映作品は次の通り。
 1月25・26日=グリーンブック、東京五輪音頭
 25日=パリの恋人
 26日=ヒッチコックめまい
 2月1・2日=日日是好日、僕たちは希望という名の列車に乗った
 1日=家へ帰ろう
 2日=鉄道員(ぽっぽや)
 15・16日=居眠り磐音、マイ・ブックショップ
 15日=恋におちて
 16日=あの日のオルガン
 22・23日=バジュランギおじさんと小さな迷子、長いお別れ
 22日=RBG最強の85歳
 23日=女王陛下のお気に入り
(中村晋也)

 「とよはしまちなかスロータウン映画祭」(実行委員会主催)が来年1~2月、豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場プラットを会場に開かれる。18回目を迎え、1月19日のオープニングイベントには俳優など多彩な分野で活躍するリリー・フランキーさんのトーク・映画上映を行う。映画は、1月25日から2月23日の週末にかけて今回も16作品を上映。チケットは30日から発売される。
 オープニングでは、リリーさんが主演を務め、同映画祭でトークショーをした故・樹木希林さんも出演している「万引き家族」(午前10時)、リリーさんの自薦作品「美しい星」(午後1時20分)を上映する。同4時から約1時間半のトークショーとなる。料金は2作品とトークで3000円。
 前回、初めて実施された絶叫上映が今回も行われる。2016(平成28)年アカデミー賞で最多6部門を受賞した「マッドマックス-怒りのデス・ロード」が2月1日午後6時20分から、世界中を魅了した「ボヘミアン ラプソディ」が2月15日午後6時50分から。観客が掛け声、手拍子、鳴り物(鈴やタンバリン)などで盛り上げる。各1500円。全席指定。
 「ライブ&バー」として、1月25日夜に今回もDJなどで知られるピーター・バラカンさんのトーク(3000円、会場・ボレロ吾妻家)、2月8日夜にはジャズシンガーなかの綾さんの昭和歌謡ライブ(同、プラット)がある。
 16作品の映画上映は邦画6本と洋画10本で、ドキュメンタリーやアジア映画も盛り込んでいる。東京五輪開催年にちなみ「東京五輪音頭」(1月25・26日)や、19年アカデミー作品賞受賞の「グリーンブック」(同)、ミュージカル映画「パリの恋人」(1月25日)などが上映される。
 1作品600円で鑑賞でき、16作品通し券は3000円。当日券はない。入場には整理券が必要で、実行委員会は早めの来場を呼び掛けている。
 他に、作家などのしまおまほさん、漫画家の杉作J太郎さんのトークライブ(1月13日、会場・豊川堂、2000円)なども行われる。
 いずれも詳細はホームページで分かり、「まちなかスロータウン」で検索する。
 上映作品は次の通り。
 1月25・26日=グリーンブック、東京五輪音頭
 25日=パリの恋人
 26日=ヒッチコックめまい
 2月1・2日=日日是好日、僕たちは希望という名の列車に乗った
 1日=家へ帰ろう
 2日=鉄道員(ぽっぽや)
 15・16日=居眠り磐音、マイ・ブックショップ
 15日=恋におちて
 16日=あの日のオルガン
 22・23日=バジュランギおじさんと小さな迷子、長いお別れ
 22日=RBG最強の85歳
 23日=女王陛下のお気に入り
(中村晋也)

カテゴリー:社会・経済 / イベント

 PR

PR