2020年09月27日(日)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  28℃   最低  20℃  /  日の出  05:42   日の入  17:40
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2020年09月27日(日)  /  本日の予報  晴時々曇  /  最高  28℃   最低  20℃  /  日の出  05:42   日の入  17:40

豊橋美博で原田さん「喜寿記念能面展」

多数の公募展受賞作を含む能面を披露する原田さん=いずれも豊橋市美術博物館で
多数の公募展受賞作を含む能面を披露する原田さん=いずれも豊橋市美術博物館で
張り子面を並べた豊橋竹とんぼ会の皆さん
張り子面を並べた豊橋竹とんぼ会の皆さん

 豊橋市草間町の能面作家、原田ちよ子さんの「喜寿記念能面展」が8日、同市美術博物館講義室で始まった。数々の公募展で受賞を重ねた原田さんが、活動の節目として集大成を披露するとともに、新作「利州」をお披露目する展示会。東愛知新聞社など後援。13日まで。
 原田さんは40歳を過ぎた頃、子どもに対する親らしさ、自分らしさを求めて能面制作の道に進んだ。それまで能は2度ほどしか鑑賞したことがなかったが、面づくりへの思いは強かったという「面は自分の内面を映す。制作は精神面の勉強になり、本当に修行だった」と原田さんは振り返る。
 年数を重ねるに連れ、極めてみたいとの思いが強まり、積極的に公募展に出品するように。2003年に「若女」が横浜能楽堂でベスト50賞に入ったのを皮切りに、11年の豊中島熊山能面祭で「増女」が大賞 大槻文蔵賞、「中將」が優秀賞を受賞、15年の同祭では「若女」が大賞 梅若玄祥賞に輝くなど、数々の賞を積み重ねてきた。約2年前から視力や体力、知力に年齢を感じるようになり、作家としての活動に区切りをつけることにしたという。
 会場には、13年12月から20年6月までに制作した面から17点(写真2点を含む)を展示。「増女」「若女」「節木増」など、大半が公募展受賞作で、面の横には、人間国宝らが実際に着けて舞う様子を収めた写真も並べている。
 また、NPO法人三河三座などが、新城市で再来年の上演を進めている復曲能「鳳来寺」に使うために制作した創作面「利修」「利修仙人」も披露している。
 「プロの勧めも断り活動してきた。素晴らしい人たちに面を使ってもらえたことがうれしい。豊橋にこんな人がいたと知ってもらえたら」と原田さん。今後は趣味として作りたい時に作りたい面を手掛けたいとしている。

豊橋竹とんぼ会「張り子面」コーナーも

 会場内では、豊橋竹とんぼ会による張り子面のコーナーも設置。会長の兵藤寛司さんが原田さんと近所で付き合いの長いことから、コラボ展を企画した。新型コロナウイルス感染拡大を防ごうと「悪疫退散」の意味を込めて大小の鍾馗(しょうき)面を並べたほか、豊橋鬼祭の赤鬼や天狗(てんぐ)面、原田さんの「利修」にあわせて作った利修仙人の張り子面も展示した。「木を彫った能面と、紙張り子の面を見比べて」と兵藤会長は話す。
【田中博子】

 豊橋市草間町の能面作家、原田ちよ子さんの「喜寿記念能面展」が8日、同市美術博物館講義室で始まった。数々の公募展で受賞を重ねた原田さんが、活動の節目として集大成を披露するとともに、新作「利州」をお披露目する展示会。東愛知新聞社など後援。13日まで。
 原田さんは40歳を過ぎた頃、子どもに対する親らしさ、自分らしさを求めて能面制作の道に進んだ。それまで能は2度ほどしか鑑賞したことがなかったが、面づくりへの思いは強かったという「面は自分の内面を映す。制作は精神面の勉強になり、本当に修行だった」と原田さんは振り返る。
 年数を重ねるに連れ、極めてみたいとの思いが強まり、積極的に公募展に出品するように。2003年に「若女」が横浜能楽堂でベスト50賞に入ったのを皮切りに、11年の豊中島熊山能面祭で「増女」が大賞 大槻文蔵賞、「中將」が優秀賞を受賞、15年の同祭では「若女」が大賞 梅若玄祥賞に輝くなど、数々の賞を積み重ねてきた。約2年前から視力や体力、知力に年齢を感じるようになり、作家としての活動に区切りをつけることにしたという。
 会場には、13年12月から20年6月までに制作した面から17点(写真2点を含む)を展示。「増女」「若女」「節木増」など、大半が公募展受賞作で、面の横には、人間国宝らが実際に着けて舞う様子を収めた写真も並べている。
 また、NPO法人三河三座などが、新城市で再来年の上演を進めている復曲能「鳳来寺」に使うために制作した創作面「利修」「利修仙人」も披露している。
 「プロの勧めも断り活動してきた。素晴らしい人たちに面を使ってもらえたことがうれしい。豊橋にこんな人がいたと知ってもらえたら」と原田さん。今後は趣味として作りたい時に作りたい面を手掛けたいとしている。

豊橋竹とんぼ会「張り子面」コーナーも

 会場内では、豊橋竹とんぼ会による張り子面のコーナーも設置。会長の兵藤寛司さんが原田さんと近所で付き合いの長いことから、コラボ展を企画した。新型コロナウイルス感染拡大を防ごうと「悪疫退散」の意味を込めて大小の鍾馗(しょうき)面を並べたほか、豊橋鬼祭の赤鬼や天狗(てんぐ)面、原田さんの「利修」にあわせて作った利修仙人の張り子面も展示した。「木を彫った能面と、紙張り子の面を見比べて」と兵藤会長は話す。
【田中博子】

多数の公募展受賞作を含む能面を披露する原田さん=いずれも豊橋市美術博物館で
多数の公募展受賞作を含む能面を披露する原田さん=いずれも豊橋市美術博物館で
張り子面を並べた豊橋竹とんぼ会の皆さん
張り子面を並べた豊橋竹とんぼ会の皆さん

カテゴリー:社会・経済 / イベント

 PR

PR