2021年12月02日(木)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  13℃   最低  6℃  /  日の出  06:40   日の入  16:39
文字の大きさ
人気のおすすめドッグフード比較
2021年12月02日(木)  /  本日の予報  晴れ  /  最高  13℃   最低  6℃  /  日の出  06:40   日の入  16:39

大二朗記者の空から訪問

カテゴリー:特集

勢いよく流れ落ちる鳴沢の滝=新城市作手守義小滝で
勢いよく流れ落ちる鳴沢の滝=新城市作手守義小滝で
滝の上空だけぽっかりと空間がある
滝の上空だけぽっかりと空間がある
紅葉が始まっている
紅葉が始まっている

新城作手「鳴沢の滝」

 新城市作手守義小滝にある「鳴沢の滝」を15日、空から訪問した。
 新城と設楽町の境を流れる当貝津川にあり奥三河随一の水量を誇る。奥三河の秘境の滝として知られる。落差は約15㍍。
 一帯は花こう岩地帯。長い時間をかけて浸食されされた地形に、周辺の原生林を思わせる緑が広がる。
 人が近づけないところまでドローンで接近して水が流れ落ちる迫力を伝えたいと計画した。周辺の森を管理している豊田市の会社の許可を得て飛行させた。
 午前6時に到着。静寂の森の中で、約30㍍先の滝から勢いよく水が落ちる音だけが聞こえた。
 上空に上がると、周囲の木々の中に開けた一角から滝が見えた。来る途中、車で渡った橋の真下に滝があることに驚いた。
 滝つぼ付近までドローンを降下させるとカメラのレンズが水しぶきを浴びて、見えにくくなるほどだった。大量の水が勢いよく落ちていることが分かった。
 一度、ドローンを戻して水をふき取り再挑戦した。今度は、陽光に照らされる滝と、岩についたツタやコケに気づいた。冒険中に秘境のオアシスを発見した気分だった。ドローンでないと味わえない体験だ。
 下流の方向を見ると、木々は緑から黄に替わりつつある。秋も深くなった。
【林大二朗】

新城作手「鳴沢の滝」

 新城市作手守義小滝にある「鳴沢の滝」を15日、空から訪問した。
 新城と設楽町の境を流れる当貝津川にあり奥三河随一の水量を誇る。奥三河の秘境の滝として知られる。落差は約15㍍。
 一帯は花こう岩地帯。長い時間をかけて浸食されされた地形に、周辺の原生林を思わせる緑が広がる。
 人が近づけないところまでドローンで接近して水が流れ落ちる迫力を伝えたいと計画した。周辺の森を管理している豊田市の会社の許可を得て飛行させた。
 午前6時に到着。静寂の森の中で、約30㍍先の滝から勢いよく水が落ちる音だけが聞こえた。
 上空に上がると、周囲の木々の中に開けた一角から滝が見えた。来る途中、車で渡った橋の真下に滝があることに驚いた。
 滝つぼ付近までドローンを降下させるとカメラのレンズが水しぶきを浴びて、見えにくくなるほどだった。大量の水が勢いよく落ちていることが分かった。
 一度、ドローンを戻して水をふき取り再挑戦した。今度は、陽光に照らされる滝と、岩についたツタやコケに気づいた。冒険中に秘境のオアシスを発見した気分だった。ドローンでないと味わえない体験だ。
 下流の方向を見ると、木々は緑から黄に替わりつつある。秋も深くなった。
【林大二朗】

勢いよく流れ落ちる鳴沢の滝=新城市作手守義小滝で
勢いよく流れ落ちる鳴沢の滝=新城市作手守義小滝で
滝の上空だけぽっかりと空間がある
滝の上空だけぽっかりと空間がある
紅葉が始まっている
紅葉が始まっている

カテゴリー:特集

 PR

PR